オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

Cheap Eats Great Taste


熱々サクサクの海鮮ちぢみが美味しい O Bal Tan

22/08/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 




レベルが高いといわれている、シドニーの韓国料理。コリアンが多く暮らすこの街で、常に安定した人気を誇るレストラン「オバルタン」が今回の舞台だ。数あるメニューの中で注目したいのは、何といっても「ちぢみ」。ヤマグチ隊長をはじめ食べ歩き隊一行を虜にした、ちぢみとは? さあ、今宵も存分に味わいつくそう!

 

タウンホール駅からほど近い、コリアンレストランがひしめき合う一角。ピットストリートから小道を入ったところに広がる小さなエアポケットは、まさに隠れた韓国の路地裏・シドニーの新大久保だ。コリアンレストラン「オバルタン」は、韓国人の客も多く、本場の味に近いと定評の店。お隣のレストラン「マダン」と並んでご存知の方も多いかもしれないが、オバルタンは予約がとれる個室もあり、歓送迎会やパーティなど、ちょっとした集まりにも便利な一軒だ。

 

まず席に着くと出されるのが、韓国料理ではお馴染みのさまざまな種類の突き出し。ポテトサラダ、もやしの酢の物、プチちぢみ、白菜キムチ、きゅうりとニラのキムチ、玉ねぎの酢漬け、こんにゃくと玉子の炒め物など、小皿が一気にテーブルに並ぶ。「ここの突き出しは種類が多くて美味しい」とA隊員。特に白菜キムチは好評で、注文の品が出てくる前におかわりを頼んだほど。すべて自家製というオバルタンのキムチは、唐辛子をはじめとした香辛料と白菜を34日漬けて完成する。辛さと酸味のバランスがよく、食についてたくさんの知識を持つグルメ仙人Dr.Mは「キムチの美味しい店は、料理もみな美味しい!」と何度も繰り返し、その味を噛み締めていた。

 



Pa Jeon $13.00
Mul Naeng Myun $13.00


一皿目に運ばれてきたのは、
Jab Chae($12)。オバルタンのチャプチェはぷりぷりした麺が特徴的。「ここのチャプチェいいね! ツルツルした食感が好み」と女性陣にうけがよく、自称"麺食い"の隊長も「麺が美味しい! これは早速オススメに入るね」と、好調の滑り出しだ。ごま油と醤油が香るシンプルな味付けで、ネギ、にんじん、キクラゲ、マッシュルームとたくさんの野菜が入っているのもうれしいポイント。

ところで、チャプチェの麺は何からできているかご存知だろうか? 正解は「芋」。店のスタッフいわく、さつまいもに近い種類の芋のでんぷんから作られているとのこと。さらに、本来チャプチェは特別な日や祝い事に食べる伝統的料理で、日本と同じく長いものを祝い事に食べるのがよいとされているそうだ。

 

さて2品目は、今や日本では姿を消してしまったYuk Hwae($28)。生玉子と甘辛いタレをからめていただくお馴染みの一皿。さて、ここでまたクイズ。生肉を食べる習慣があるヨーロッパの国とは? 正解は「フランス」。ヤマグチ隊長いわく「ステーキタルタル」がそれ。なんでもフランスの高級レストランでは、生の馬肉を出すのだという。さらに、食の仙人Dr.Mのうんちくによれば、タルタルのルーツはモンゴル北方民族タタール人。彼らは馬肉を馬と鞍の間にはさんで移動し、だんだんと肉がすりつぶされて美味しくなったところを食したそう。これがタルタルのはじまり。「つまりタルタルはタタール人が語源なんです」とDr.M。その博学っぷりに、ただのユッケも妙に味わい深くなるのだった。

 

さあ、いよいよ今回のターゲットであるPa Jeon($13)が登場だ。「ここのちぢみは本当に絶品だから! とにかく熱いうちに、運ばれてきたらすぐに食べて!」と鼻息を荒くする隊長。そこへ登場したアツアツの焼き立てを、ごま油が効いた醤油ダレにつけてパクリ。「サクサクして美味しい!」「この厚みがいい」「トッピングの海老とよく合う」と、隊長推薦の一品だけにメンバーにも大好評だ。「そうでしょ~。料理には食べ頃があってね、ちぢみはできたてをばばっと食べてパリパリ感を楽しんでほしいんだよね」と隊長。確かに、厚みのあるサクサクした生地は、日本でよく目にする薄いタイプのものとはまったく違う。さすが隊長のオススメ! 今回のイチオシは、文句なしで海鮮ちぢみに決定だ!

 




Yaetnal Bulgogi $42.00
Yuk Hwae $28.00



お次に登場したのは、
Gae Lan Tang($8)。ずばり"韓国風茶碗蒸し"。ふわふわの玉子と薄口のよい出汁が効いた、日本人好みの味わい。関西出身の隊員Aは「上品。京風の茶碗蒸しみたい」と太鼓判。しっかりした味付けのコリアンフードのなかで、ほっと一息つける繊細な味に、Dr.M夫人も「優しい感じのスープね」とにっこり。

 

Hae Mul Ddeok Bok Ki(S$25, L$35)は、ぷりぷりしたイカ、エビ、貝とトッポキ(韓国風の餅)が入った韓国の定番料理。決してマイルドとはいえない赤く染まったスパイシーな一皿に「これ結構辛いね」と舌をひりひりさせながらも、隊員たちの箸はとまらない。「辛いけど、ついもう一口食べちゃう」「カラウマ!」「後引く辛さ」と、"辛いけど美味しい"韓国料理の魅力に取り付かれた様子。辛いもの好きのN隊員だけは「辛いですか? これくらいなら大丈夫」と、ひとり涼しげな顔で食べていたが…。

さてここで、またクイズ。韓国では昔から唐辛子をよく食べていたか?Yes or No? 正解は「No」。食の仙人Dr.Mによると、韓国で唐辛子が食べられるようになったのは太閤秀吉以降。日本から韓国へ食品を送るさい、防腐剤として入れた唐辛子を韓国人が勘違いして食べたのがきっかけ。寒い韓国では身体を温めてくれるスパイスとして重宝されたという。

Dr.Mの博学さに感心しているうちに、テーブルの奥ではYaetnal Bulgogi($42)がグツグツと煮えてきた。特製のタレに漬け込んだ牛肉と、白菜、ネギ、青菜、にんじんなどの野菜が入った体が温まる栄養満点の鍋料理だ。隊員たちは待ってました!と言わんばかりに、湯気が立ち上るブルコギに箸を伸ばす。「肉がおもいっきり柔らかい!」「本当、すごく柔らかくて美味しい」と次々に肉への喝采が。この柔らかさの秘密は何だろうと店員に尋ねたところ、スジ切りした肉を醤油ベースのタレに漬けているとのこと。ちょっとした工夫とコツで、格段にその美味しさは増すのだという。肉と野菜の旨みがつまった、少し甘めのスープも美味だ。

ここでライスを注文し、「ご飯にスープをちょっとかけて、キムチと一緒に食べると絶品!」と、新たな食べ方を発見したヤマグチ隊長。「うどんすきにしても美味しそう」「すき焼きみたいに次の日もいけるかな」と、最後まで美味しく食べる術を研究しはじめる隊員。プルコギを"韓国風すき焼き"とし、日本人の鍋魂をここオバルタンでも全開にしたのであった。

 




Gae Lan Tang $8.00
Jeb Chae $12.00
Hae Mul Ddeok Bok Ki (s)$25.00  (L)35.00



シメのもう一品は、お決まりの
Mul Naeng Myun($13)。コシのある細い麺とさっぱりした味付けで、お腹が一杯と言っていた隊員でも不思議とツルツル入っていく。「シメにぴったり! 最後にすべてを流してくれる感じ」「麺好きには、冷麺ははずせない」と隊員たち。「チャーシューが一枚しかのってない」「もう少し酸味があるほうが好き」という指摘もちらほらあった。

はい、ではここでクイズ最終問題。冷麺の麺は何からできているか?隊員からは「そば粉」「海草」「こんにゃく」とさまざまな意見が飛び出すなか、店のスタッフが教えてくれた答えは「アロールート(arrow root)」。一同「何それ?」とアロールートが何なのかよく分からず、その場でスマホ検索した隊員が「ガマズミゾクノテイボクノソウショウ」と報告。

隊長「は? 日本語で!」 隊員「いや、日本語です。ガマズミ属の低木の総称、です」 隊長「日本語で聞いても分からない(笑)!」

後日、改めて検索したところ、和名はクズウコン。そこから取れる澱粉もアロールートといわれ、食品に用いられるようだ。そして我々を混乱させた、ガマズミ属の低木の総称だが、正しくは「アローウッド(arrow wood)」ということが判明。隊員の「root」と「wood」の検索ミスにより導かれた別物であった…。

 こうしてお隣の国、韓国の食文化に触れながら、豆知識を増やしていった今回のチープイート。最後はやっぱりデザート!とアイスクリームを頼もうとした隊長に、「あまり売れないから、もうメニューにはないです」と流暢な日本語で返す韓国人スタッフ(笑)。そんなまさかのエンディングもご愛嬌と思えるほど、店は気さくで明るい雰囲気。韓国料理の楽しさを改めて感じた夜だった。

最後に、ぜひ韓国語でトライしてほしい一言。

「ケイサンジュセヨ!(お会計お願いします)」。 





O Bal Tan

363A Pitt Street, Sydney NSW 2000

Open:           7DAYS 11:00ammidnight
Tel: (02) 9269 0299
Web:               www.obaltansydney.com.au

 Email:    Info@obaltansydney.com.au

酒類:            Licensed

 アクセス:タウンホール駅から徒歩5分。ピットストリートをセントラル駅方面へ。セントラルストリートの次の路地を右折し、突き当たり右側の店。左側はマダン。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

「カジュアルな店内で本格派のできたてイタリアンをゆっくり楽しめる」というコンセプトのもと、2002年にドイツで産声を上げた『バピアーノ』。

この記事を詳しく見る

まるで2本撮りをしたかのように、前回に続きまたまたチャッツウッドに終結した食べ歩き隊一向。今回は2005年にアッシュフィールドで産声を上げたオーストラリア初の餃子専門店シャンハイ・ダンプリングがチャツウッドに登場した情報をキャッチし、日本からのスペシャルゲスト、ミスターを向かえ潜入を試みる。餃子専門店のクオリティはいかに!?

この記事を詳しく見る

アジア系の飲食店が急増しているチャッツウッドに、マレーシア国内でファイン・ダイニングのレストランを店舗展開しているシェフ・ラサ・サヤン・グループが半年前に上陸した。日本から戻ったばかりでもヤマグチ隊長のアンテナは常に感度良好。早速食べ歩き隊を引き連れてチャッツウッドへと乗り込むことに!

この記事を詳しく見る

ヤマグチ隊長不在の中、記念すべき200回を迎えてしまったチープイート…。今回は200回記念特別企画として、いままで訪れたレストランの中から印象に強い、安くて旨いベスト3レストランご紹介しよう。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheap Eats Great Taste

カジュアルに究極のできたてが楽しめる チャッツウッドに餃子専門店登場! マレーシアの繁盛店がシドニーに上陸! チープイート・グレートテイスト200回記念特別企画 編集部のリアル台所 ベトナム中部の母の味をマリックビルで楽しむ 成長を続けるチャッツウッドにフィリピン料理が登場 チープイートの原点回帰 本場セネガルの味をエンモアで タイ南方料理でヘルシーにお腹を満たそう! エキゾチックなスパイスの香りに包まれて 本場ナポリの情景をレーンコーブで インドネシア的おふくろの味がここに!PINANG BISTRO オリジナルメニューに誇りを持つ香港料理 OLD TOWN HONG KONG CUISINE 本家とはひと味違う新感覚をチャッツウッドで楽しめる Bassim 新感覚なエスニックの味を楽しめるアフガン料理 Bamiyan Afghan Cuisine 自家製パスタの旨みを堪能できる Porcorosso アーターモンで味わう家庭的台湾料理 Taipei Chef Restaurant 薪オーブンで焼き上げるピザに舌鼓 gigi pizzeria アジアンフード激戦区、チャッツウッドで注目! Golden Bo 15周年特別企画、初パブ飯!Glasgow Arms Hotel シティのとっておきの穴場で、東南アジアを感じる Holy Basil 一生通い続けたいイタリアントラットリア Made in Italy グラシャス! アミーゴ・セニョリータ!! Dos Senoritas International College of Management アッシュフィールドのニューカマーShanghai Memory トマトソースが絶品の地中海料理 MARSFIELD restauran 熱々サクサクの海鮮ちぢみが美味しい O Bal Tan "やみつきライス"が自慢のトルコ料理店! Erci さまざまな既成概念を覆す!Albee's Kitchen フラメンコギターの生演奏 El Bulli Spanish Tapas 韓国人街の最繁盛店はベトナム料理!? Saigon Bowl VIETNAMESE RESTAURANT 創造的な和モダン・タパスの世界 BIG STONE Modern Japanese Tapas 四川山椒を心行くまで楽しもう Red Chilli Sichuan Restaurant ボンダイビーチのマイリストランテ GELBISON PIZZERIA RISTORANTE ベリーダンスに誘われて The Cushion House 幻の麺“ミーカレット”に出会う Pinangsia Noodle House Indonesian Restaurant 幻のアンコウを求めて 名家 (ミュンガ) 食の交差点・クローズネストで楽しむヘルシー・ネパール料理  MUSTANG 肉食系はクージーに集まれ Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney ついに2号店がチャッツウッドに登場! Mamak 幻のホワイトベイトのピザ"NANNATO"に迫る wood fire pizza Fratellis チャイナタウンで発見!進化し続けるモダン台湾料理 TAIWAN 激戦区に佇む穴場レストラン CHILLI CHA CHA 情熱の国で見つけた故郷の味 CAPITAN TORRES モダン・オーストラリアの魅力とは? Piemonte Cafe Restaurant 北方拉麺館 ボンダイで堪能するグリルの魅力 Hurricane's Grill & Bar TAGINE(タジン) エジプト伝統料理 ARISUN-中華と韓流が巡り合った場所 tipico-新イタリア人街・ファイブドックで見つけた名店 Na Zdrowie-ポーランド料理に感じる欧州の旅情 Papaya -モダン・タイで大切なひとときを Chinense Fast Food -激安区域アッシュフェ-ルドで本格上海料理 Cafe Kasturi -やさしさが沁みるマレーシア料理 2007年度 シドニー食べ歩き賞発表 Prasit's -チープな値段とタイの本格的な味 La Locanda -海の帰りに気軽に寄れるおしゃれイタリアン Chu Bay -シティの穴場ベトナム料理 Verde Miho -本場のポルトガル料理を食べるなら Forbes & Burton -スタイリッシュなモダン・オーストラリアン Dong Xanh -カブラマッタのベトナム料理店に挑戦 Galileo Restaurant -5つ星ホテルで贅沢なひと時を Mirac -韓国人がイチオシするうわさの韓国料理店 Moretti -イタリア人の常連客で賑わうイタリアン My Thuan Restaurant -カブラマッタの穴場的レストラン Grape Garden Peking Restaurant -本格的北京料理を堪能できる Kuali Malaysian Restaurant -シドニーで本場マレーシアンを求めるなら Hunter Connection -学生・ワーホリ必見! 激安・激うまフードコート Newtowns Cocina Morern Mexicana Cuisine -若者の間で人気のメキシコ料理店 RIPPA'S -本格ピザ・パスタ専門店 Lebanon and Beyond -母親から受け継いだレバノンの家庭料理 Last Train to Bombay -世界初のインド料理コンセプト Satang Thai -シドニーで本場タイの屋台の体験! La Disfida -ピザの歴史が味わえる ピット・ストリート地下フードコート -激安・激うまフードコート 第2弾! Kingsford Chinese Restaurant -食べてビックリ!! 払ってビックリ!! Tran's -洗練されたモダン・ベトナミーズ Elysium -素材を知り尽くす男が創るモダン・オーストラリアン Rosso Pomodoro -本場イタリアンの味をバルメインで Mamak -マレーシア料理 庶民の味が良心価格で The ttokssam Age -“韓国街”にあるコリアンバーベキュー Red Chilli -ウマ辛! 四川料理が今熱い Bundu Khan -ミステリアスな街Auburnでパキスタン料理 daGianni -家庭的なイタリアンをAnnandale楽しもう! APERITIF -キングスクロスで味わった本格ヨーロッパ料理 CAFFE ROMA -ポッツポイントで見つけた安らぎイタリアン DOMA -ビールで味わうチェコ料理の伝統 Madang -はずれ知らずの王道韓国レストラン DIN TAI FUNG -洗練された場で極上の小龍包 NAPOLI IN BOCCA -イタリアン・ビレッジで見つけた究極のピザ Chat thai -モダンな空間で味わう本場のタイ BUZZZBAR CAFE -休日にカフェでブランチを JINGOGAE -ふるさとの味を伝える韓国家庭料理 Taste of Shanghai -行列のできる上海料理店 in イーストウッド Hunter Connection Food Court -シティの中心地で最安値に挑む PHAMISH -エレガントに味わうベトナム料理 NEW SHANGHAI(新上海) -革命的中華がノースに進出 Bahay Kubo -Lidcombeで知ったフィリピン料理の魅力 SULTAN'S TABLE - Enmoreで味わうトルコ料理の奥深さ KAMMADHENU - ノースでスリランカの味を探る

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase