オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

美食・酒・ひと


Icebergs DINING ROOM AND BAR

05/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧めのシャルドネ、南太平洋、ブルー・スカイ

はるか南氷洋から巨大なうねりが押し寄せる、シドニー東部ボンダイ・ビーチ。その南端にあるアイスバーグス・ダイニングルーム・アンド・バーは、その絶景もさることながら、本格的な地中海&イタリア料理が味わえる高級レストランとしてシドニーの美食家の間で人気が高い。ある晴れた冬の午後、荒波が砕け散る断崖の上に建つ、白い優雅な建物を訪ねた。

アイスバーグスは、世界で最も美しいロケーションにあるレストランだと言っても、決して過言ではない。そこは、南太平洋の蒼い水平線と、黄金色の砂浜からノース・ボンダイの断崖、ボークルーズ灯台にかけての素晴らしい海岸線を見下ろす岩場。降り続いた雨でまだ濡れていて、嵐の名残りの大波が断崖に砕け散っては白い飛翔を散らしているが、久しぶりに晴れ渡った空はどこまでも青く、午後の陽光が明るい店内に降り注ぐ。
店内はどの席からもその絶景を楽しむことができるように設計されていて、洗練されたシンプルなグリーン系のインテリアと、清潔で真っ白なテーブルクロスも、絵画のような海の景色を演出するのに一役買っている。ゴージャスな眺めに感激しながら、「シドニーに住んでいてよかった」と改めて思っていると、イタリア系の料理長、ロバート・マルケッティ氏が姿を見せた。
「白いテーブルクロス、美味しい料理とワイン、そしてこの絶景は、地中海でのバカンスを彷彿させるでしょう?だから、料理もシーフードを中心とした本場の地中海・イタリア料理を提供している。お客様が心から満足して頂けることを常に考えているし、実際にそれを証明しているように、毎日目の回るような忙しさなんだ」
にこやかにそう話すマルケッティ氏のお勧めは、「ガンバレッティ(Gambaretti) 小エビのから揚げ、レモンとアイオリ・ソース添え($28)」。硬い頭部を取り除いた新鮮な小エビを高温でサッと揚げていて、外はサクサク、中はプリッと柔らかく、エビの甘みが染み出てくる。レモンを全体に絞りかけ、マヨネーズにも似た地中海特有のアイオリ・ソース(オリーブ・オイル、卵黄、レモンで作る)を付けて口に運べば、手が止まらなくなってくる。実はこれ、「隠れメニュー」なのだが、親切で丁寧な店員が注文を取る際に必ず伝えてくれるという。
「1日に90皿以上は出る、超人気メニューなんだ。イタリアの伝統料理でもあり、これを食べながら、ボンダイの海を眺めていると、本当に地中海へ休暇に来た気分になってしまうだろう?」
それでは、この逸品の味を引き立てるワイン選び。揚げた魚介類に合うというお勧めは「スコッチマンズ・ヒル・アイスバーグス・セレクション・ベラライン半島シャルドネ2005年もの(ボトル$75、グラス$15)」。甘く、フルーティーな香りが特徴的な黄金色の白ワインは、爽快な飲み口で、一気に鼻まで香りが通り、熱くなった口の内を優しくなだめてくれる。小エビのほのかな磯の香りと、ワインのフルーティーな香りが織り成す絶妙な味わいが、いつまでも記憶の中から離れない‥‥。
セレブの姿もしばしば見られる、格式の高いレストランである。大切な人との記念日や誕生日、または日頃の自分にご褒美をあげるつもりで、素晴らしい眺めと美食のコラボを楽しんでみてはどうだろう?


どの席からも海が見えるように工夫された明るい店内


最高のロケーション


必ず試してみたい隠れメニューの「ガンバレッティ」


Icebergs DINING ROOM AND BAR

1 Notts Avenue, Bondi Beach NSW 2026
Tel: 02 9365-9000
www.idrb.com
火~土 12pm~0am *要予約

参考価格:
オントレ:$21~$28/パスタ:$22~$38/メイン:$38~$46
デザート:$12~$21/グラス・ワイン:$9~$20


案内人
料理長 exective chef
ロバート・マルケッsティ氏

14歳の頃から兄とともに、メルボルンで有名な「カフェ・マキシムス(Cafe Maximus), 「マルケッティーズ・ラテン(Marchetti’s Latin)」、「マルケッティーズ・トスカン・グリル(Marchetti’s Tuscan Grill)」など家業のレストランで修行を積む。1980年代には、有名料理番組「ヒューイズ・クッキング・アドベンチャー(Huey's Cooking Adventures)」のイアン・ヒューストン氏(Iain Hewitson)のレストランで働いた経験もある。マレーシアと日本でオペレーション・マネージャーとして勤めた後、ファミリー・ビジネスに戻り、ケアンズの「マルケッティーズ(Marchetti’s)」でマネージャー兼料理長となる。その後、「マルケッティーズ・トスカン・グリル(Marchetti’s Tuscan Grill)」、「マーケッティーズ・ラテン(Marchetti’s Latin)」を経て、2002年12月のアイスバーグスのオープニングに参画。モットーは「素晴らしい料理は、家族から伝えられた伝統料理を守り続ける料理人によって作られる」


このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が誌面に掲載された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

洒落たバー・カウンターやオープン・キッチンを備えた、一見日本料理店には見えないスタイリッシュな店内で、純和風テイストの小皿料理、日本酒、焼酎を出す――というのが、世界のジャパニーズ・レストランの最新トレンド。レストラン・ビジネスの最先端を行くシドニー・サリーヒルズにオープンした「トコ(Toko)」も、そんな日本料理の新機軸をロンドンから直輸入したダイニング・バーである。

この記事を詳しく見る

青々と茂る樹木に囲まれた、小ぢんまりとした白い砂浜が隠れ家的な雰囲気を醸し出す、シドニーのブロンテ・ビーチ。海沿いに軒を連ねるカフェでは、ローカルたちがエスプレッソ・コーヒーをすすりながらスローな時の流れを楽しんでいる。ある晴れた夏の日の午後、その通りの一角にあるモダン・オーストラリア料理のレストラン・スウェルに、ティムさんを訪ねた。

この記事を詳しく見る

はるか南氷洋から巨大なうねりが押し寄せる、シドニー東部ボンダイ・ビーチ。その南端にあるアイスバーグス・ダイニングルーム・アンド・バーは、その絶景もさることながら、本格的な地中海&イタリア料理が味わえる高級レストランとしてシドニーの美食家の間で人気が高い。ある晴れた冬の午後、荒波が砕け散る断崖の上に建つ、白い優雅な建物を訪ねた。

この記事を詳しく見る

シドニーのゲイ・コミュニティーの中心地であるオックスフォードストリートと、歓楽街のキングスクロスを結ぶダーリングハーストロード。2つの街の賑やかさとは裏腹に、落ち着いた大人の雰囲気が漂うこの通りに、小ぢんまりとしたシーフード・レストランがある。魚を知り尽くしたシェフがいて、寿司・刺身も堪能できると聞き、行列を覚悟で店を訪れた。

この記事を詳しく見る
Side girl 201907
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示