オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

美食・酒・ひと


Swell Restaurant

05/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

14

ブレンド・白ワイン「ツイン・アイランド」の「セミヨン・ソーヴィニヨン・ブラン」。
白い色調で統一された清潔な店内には、明るい自然光と午後の潮風が注ぎ込む

青々と茂る樹木に囲まれた、小ぢんまりとした白い砂浜が隠れ家的な雰囲気を醸し出す、シドニーのブロンテ・ビーチ。海沿いに軒を連ねるカフェでは、ローカルたちがエスプレッソ・コーヒーをすすりながらスローな時の流れを楽しんでいる。ある晴れた夏の日の午後、その通りの一角にあるモダン・オーストラリア料理のレストラン・スウェルに、ティムさんを訪ねた。

品揃えはそれほど多い方ではないが、ワインリストの内容は充実している。オリジナル・カクテルの種類も豊富だ。中でもティムさんのお勧めは、「ブロンテ・リフレッシュナー(バカルディー、クリム・デ・メンザ、ドライ・ジンジャーエール)(15ドル)」。その名の通り、ビーチを眺めながら楽しむには絶好の爽やかな食前酒だ。彼が新しいカクテルを創る時には、スウェルの料理、季節を考慮し、その上で流行を取り入れる。
  酒の流行は、ファッションと同じで、古いものが見直されて流行することがあるという。例えば、かつては「老婆のお酒」だった甘いシェリーも、現在ではスペイン産のさっぱりとして、切れのあるドライ・シェリーが人気だそう。流行は現代風に形を変えて繰り返す。懐かしい味に工夫を凝らし、現代の傾向を巧妙に混ぜ合わせて、新しいカクテルを生み出すのがティム流だ。
  そんなティムがキッチンから出してきてくれた一品が「トマトタルト、ヤギのチーズとブラック・オリーブ、タマネギのリヨン風(17ドル)」。今が旬のトマトと、フレッシュで濃くのあるヤギのチーズ。これは、その日に一番質の良いチーズを供給できるサプライヤーを厳選している。そして、タマネギから生まれる自然の甘みが見事なハーモニーを奏でている。
  これと相性が抜群なのが、ブレンド・白ワイン「ツイン・アイランド」の「セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン(グラス$10、ボトル$39)」。フルーティーなセミヨンと野菜の甘み、ソーヴィニヨン・ブランのハーブ風味でほのかに香るオークの深みが、ヤギのチーズ独特の味わいをより一層引き立てる。

旨いワインと美しい眺めに酔う

ワイン博士、ティムさんがワイン選びのコツを教えてくれた。一番考慮すべきはやはり予算。友人が集まるパーティーなら、一般的に好まれ、世界的に有名で比較的安価なシドニーの赤ワイン、シラーズ。特別な記念日ならフランス産のシャンパンがロマンティックを優雅に演出する。それから季節も重要な要素だ。彼の場合夏には冷えた白ワイン、冬には赤ワインを好むそうだ。
  ただし、「肉料理には赤ワイン」、「白身魚には白ワイン」などという定説にはこだわらない。肉料理にはオークの利いた白ワイン、「ソーヴィニヨン・ブラン」がよく合うという。ブランドなどにはこだわらず、とにかく色々なワインを試すことが、自分の一番納得できるワインの楽しみ方を開拓する秘訣だと説く。彼自身、時には高価なワインとテイク・アウェイのピザなんて奇抜な組み合わせをひとりで楽しんだりするそう。そんなとってもチャーミングで「自分流」を貫く彼と美味しいワイン、素晴らしい料理に出会えるスウェル・レストラン。海辺の公園の濃い緑とブロンテ・ビーチの蒼い海を一望できる穴場中の穴場である。


「トマトタルト、ヤギのチーズとブラック・オリーブ、
タマネギのリヨン風」。旬のトマトを使った逸品


Swell Restaurant

465 Bronte Rd., Bronte Beach NSW 2024
Tel: (02)9386-5001
Website: www.swellrestaurant.com.au
7am~10pm (Open 7 Days)

参考価格:
Entree $17~ Main $28~ Desert $13~
Beers $7~ Wines Glass $9~ Bottle $32~ Cocktail $12~


案内人
スウェル・レストラン
ティム・ピーターソンさん
Tim Petersen
Manager, Swell Restaurant @ Bronte Beach

ブロンテ・ビーチに面した「スウェル」と「ボンサイ」の2つの繁盛店を仕切るティムさん。ワインに関する知識はソムリエ並み

メルボルンの大学でアカウンティング、マーケティング、広告、経営学を学ぶ。在学中にイタリア人のフラット・メイトの影響もあり、ワインや食事に深く興味を持つ。卒業後に金融業に就くが、1993年、ワインと食事に対する情熱を開花するべく、カフェ、レストランで経験を積みソムリエとなる。その後、ワイン業界に入り「ぺタルナ」、「ウィザー・ヒルズ」といったブランドを扱う「オン・プロミス」でワインを学ぶ。2005年、スウェル・レストランと、併設するボンサイ・ジャパニーズ・レストランの2店舗のオーナー兼マネジャーに。自宅には、入手困難で貴重なワインから日常的に楽しむためのものまで、豊富な種類のワインを蓄える巨大なワインセラーを所有する


このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が誌面に掲載された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

洒落たバー・カウンターやオープン・キッチンを備えた、一見日本料理店には見えないスタイリッシュな店内で、純和風テイストの小皿料理、日本酒、焼酎を出す――というのが、世界のジャパニーズ・レストランの最新トレンド。レストラン・ビジネスの最先端を行くシドニー・サリーヒルズにオープンした「トコ(Toko)」も、そんな日本料理の新機軸をロンドンから直輸入したダイニング・バーである。

この記事を詳しく見る

青々と茂る樹木に囲まれた、小ぢんまりとした白い砂浜が隠れ家的な雰囲気を醸し出す、シドニーのブロンテ・ビーチ。海沿いに軒を連ねるカフェでは、ローカルたちがエスプレッソ・コーヒーをすすりながらスローな時の流れを楽しんでいる。ある晴れた夏の日の午後、その通りの一角にあるモダン・オーストラリア料理のレストラン・スウェルに、ティムさんを訪ねた。

この記事を詳しく見る

はるか南氷洋から巨大なうねりが押し寄せる、シドニー東部ボンダイ・ビーチ。その南端にあるアイスバーグス・ダイニングルーム・アンド・バーは、その絶景もさることながら、本格的な地中海&イタリア料理が味わえる高級レストランとしてシドニーの美食家の間で人気が高い。ある晴れた冬の午後、荒波が砕け散る断崖の上に建つ、白い優雅な建物を訪ねた。

この記事を詳しく見る

シドニーのゲイ・コミュニティーの中心地であるオックスフォードストリートと、歓楽街のキングスクロスを結ぶダーリングハーストロード。2つの街の賑やかさとは裏腹に、落ち着いた大人の雰囲気が漂うこの通りに、小ぢんまりとしたシーフード・レストランがある。魚を知り尽くしたシェフがいて、寿司・刺身も堪能できると聞き、行列を覚悟で店を訪れた。

この記事を詳しく見る
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示