オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

Cheers Tasting Notes


ノースエリアで楽しむ本格ダック

Peking Inn

30/05/2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

1191

 

ノースエリアで楽しむ本格ダック

 

Peking Inn

 

イースト・キラーラの住宅街に、ノースエリア在住の中国人から絶大な人気を誇るレストランがある。2016年の10月、キラーラハイスクール隣のショッピングセンター内に登場した本格北京料理店『Peking Inn』には、今日も広東語が飛び交う。香港で生まれ育ったオーナーシェフのYun Kong Lo(ユン・コン・ロー)氏は12歳で料理の世界に入り、北京料理店で皿洗いから飲食人生をスタートした。同店でヘッドシェフまで上り詰めるとその後、奥さんのテレッサさんとともに、1984年に来豪した。料理の経歴はすでに50年を超しているというから味に説得力がある。息子はキャンベラで最大級の中華レストランを経営。また娘もシティやノースエリアにてレストランの経営をする〝レストラン一家〟としても中国人コミュニティの間では名が通っている。

 

ユンさんが手掛けたレストランは当店で3店目を数える。1店目はリンドフィールド。10年間切り盛りすると繁盛店となった。3年休んだ後に再びピンブルで2店目を開業。7年運営した後に2年間世界旅行をしながらリタイア生活をしたが、常連客の強いリクエストに負けて、昨年に再びレストランビジネスに戻ったという。イースト・キラーラの同物件も、誰に頼んでもいないのに常連客が見つけてきたものだというから驚きだ。当店にはハーストビルやセントラルコーストからの常連も多く集い、ランチ、ディナーともに込み合わせている。店内には65席、外席と合わせれば80席を超えるキャパシティだが、それでもディナーは予約してから訪れることをオススメする。ショッピングセンター内で屋根がついているため外の席も悪くない。また、パーキングスペースも豊富だから嬉しい。

 

気になる料理だが、中華料理の本来の姿『医食同源』とも言うべきか、全体的に野菜を多く使用したヘルシーな料理が多いのが印象的。餃子の皮やチリソースなどのソース類に至るまで作れるものはすべて手作りというこだわりが嬉しい。今回スペースの関係で掲載できなかったが、酢豚やソルト&ペッパー・スクイッドなど日本人好みの料理も豊富。また、幻の一品『ベジタリアングース』があるときは迷わずオーダーしてみてほしい。

 

 

 

Peking Duck(ホール $65.80)
肉厚の北京ダックは専用のオーブンを使用しているため、パリパリの皮の内側にウマさを閉じ込めたやわらかいダックが楽しめる。ホールダックでこれだけの量を出してくれるお店はシドニーではなかなか少ない。巷に出回っているダックは濃く味付けされており、ダック本来の風味が損なわれているものが多いなか、本物はダックの風味を楽しむため、味付けが薄いという。セカンドコースはサンチョイボウもしくは焼きそばがオススメだ。

 

 

 

左:Boiled Fish Dumplings (10p) $19.80
新鮮なフィレをチャイニーズパセリとともにこねた餡を、もちもちした自家製の皮に包む。健康志向で非常にあっさりとした味わい。ビネガーチリソースに付けて食べるのもよい。小籠包などの皮もすべて自家製。

 

右:Dan Dan Pekingese White Noodle Soup $16.80
ザーサイの酸味と濃厚なエビの風味が十分にしみたゴマベースのピリ辛スープヌードルは〆にもってこい。太麺にしっかりスープの旨みが絡みつく。坦々とは、前後に桶を付けた天秤棒を担ぐという意味で、中国で屋台料理を売り歩いたことに由来する。

 

 

 

左:Stir Fried Four Season Beans with Mince Pork Dried Shrimp $20.80
エビの風味とポークミンスの甘味が交わった、風味豊かな人気料理。火の通し加減がちょうどよく、みずみずしいインゲンの噛みごたえが心地よい。

 

中:Kataifi King Prawn (Market Price) 
プリプリのキングプロウンが、フレンチやイタリアンでもたびたび登場するカタイフィに包まれた創作料理。カタイフィは、中東などでよく見られる食材で、小麦粉でできた細麺状の生地。

 

右:Dry fried Shredded Beef in Peking Style $26.80
じっくり煮込んだビーフの細切りを、甘辛ソースとともにカリッと香ばしくドライフライで仕上げた一品。チリの辛みがほのかに香り、サクサクの食感が病みつきになる。

 

 

 

左:Peking Deep Fried Egg Roll $19.80
もやし、にら、たけのこ、ポークスライスがサクサクのエッグロールに包まれたオントレー。高温で一瞬で揚げられているため脂っこくなく、野菜もシャキシャキ。

 

右:Shallot Pancakes $10.80
あっさりとしたネギの風味が口の中に広がるパンケーキはシンプルな味わい。

 

3/50 Koola Ave., East Killara,
East Killara Shopping Centre
TEL:(02) 7900 2638
営業時間: 12:00~14:00
16:30~21:30
月曜日定休
BYO (Wine Only), Licensed
アクセス:T1ノースショアラインの電車でホーンズビー方面へ向かい、キラーラ駅で下車。ウェローナ・アベニュー側の出口から出て左折。ひとつめの信号のある交差点を右折しパウエル・ストリートを進むと、ワットル・ストリート⇒コーラ・アベニューと道の名前がどんどん変わるが、ひたすら直進。最後にレディング・アベニューを左折すると右側にお店が見える。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

サクッと軽く風味豊かなピザ生地を提供することで、シドニー界隈のイタリアン・レストランのシェフなどが集まるピッツァリアがある。サリーヒルズのアルビオン・ストリート沿いにこじんまりと佇む『Al Taglio』を覗けば、フード系の雑誌やウェブサイトなどで露出が多いセレブシェフの姿もチラホラ。親子連れや若いカップルからはイタリア語が飛び交い、店内はイタリアン・レストランらしい賑わいをみせている。

この記事を詳しく見る

ロフト風の独創的なインテリアのなか、ジャズを聴きながら焼肉を楽しむことができる焼肉専門店「すみの家」。70種類のメニューから選べる食べ放題が費用対効果抜群と、2000年の創業から現在に至るまで揺るがぬ人気を誇るマーティンプレイスの老舗店だ。焼肉といえばディナーのイメージが強いが、今回は当店の人気ランチに迫ってみたい。

この記事を詳しく見る

ピットウォーター・ロードを挟んでワリンガーモールの向い側に広がるブルックベールのインダストリアルエリアには、Original Burgerや4 Pines Truckbar、Nomad Brewingなど、近年エッジの効いたお店が流行している。そんな中、2年半前にオープンしたのが今回紹介するイタリアン・ピッツァリア&カフェ『サルペペ』。

この記事を詳しく見る
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する