オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
グルメ情報

Cheers Tasting Notes


カブラマッタで最も行列を作るヌードルハウス

Tan Viet Noodle House

28/06/2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

カブラマッタで最も行列を作るヌードルハウス

 

Tan Viet Noodle House

 

朝食からディナーまで終始行列のできるお店があるという噂を、弊紙クライアントのP氏から聞きつけ、早速ベトナム人の町カブラマッタへ取材に向かった。コンスタントに1日2000人の来客を誇る『Tan Viet Noodle House』には、夕方の時間帯にもなぜか客が舞い込んでくるから不思議でならない。1975年に同店名でベトナムにレストランをオープンしたオーナーのサンディーさん。その後、1990年にオーストラリアへ移住するとカブラマッタの名物であるアーケード内に小さなお店を構えた。13年切り盛りすると、いよいよお客が入りきらなくなり、2003年に現在の場所へと移動。2013年にリノベーション済みの清潔感溢れる同店は、カブラマッタの雑踏の中でひときわ異彩を放っている。現在はイーストウッドにも支店を増やし、セントラルキッチンを設けて、クオリティの安定を重視しているという。余談となるが、当店では「専門店ではないから」を理由にフォーを扱っておらず、フォーに特化したシェフが常駐するイーストウッド店のみフォーを出している。もしフォーも楽しみたい方は、イーストウッド店にも足を運んでみてほしい。漢字の店名「新越餐室」とは、新しいベトナミーズ・レストランの意。中華系ベトナム人の血を引くサンディーさんが、当店で提供するのは、チャイニーズとベトナミーズの融合的料理だ。今回はシグニチャー・ディッシュであるクリスピーチキン・ウィズ・エッグヌードルを含め、あえて日本人向きのものではなく、カブラマッタのベトナム人に人気のメニューを紹介することで、読者の味の幅を広げてみたいと思う。

 

 

Crispy Chicken with Egg Noodles $14
油とソースで絡めたタマゴ麺を、フライドガーリック、ニラ、レタス、コリアンダーと混ぜ、クリスピーチキンとともに食す。ねっとりと絡みつく油麺と、シャキシャキのレタス、クリスピーチキンのカリカリとした食感とのハーモニーが実に楽しい。自慢の鶏肉はとってもジューシーで甘味を感じる。エッグヌ―ドルのほかにもレッドライス、ライスヌードルなどが選べる。お好みでスイートチリソースをつけて食べてもよい。

 

 

 

左:Deluxe Pork Chop with Broken Rice $13
タマゴとポーク、ネギなどを混ぜてスチームしたケーキは日本の練り物に似た食感。ほんのりジンジャーが香る甘い味付けのポークは、油が落ちているのであっさりと仕上がっている。シラタキのようなヌードルは、実はポークスキンの細切りで、しっかりとした歯ごたえ。ローカルに習ってビビンバのようにすべてを混ぜてソースと絡めて食べるべし。

 

右:Hainan Chicken with White Rice $14
鶏肉を一度茹でてから冷ますことで、脂分がプリプリとゼラチン状になった食感を楽しめるヘルシーなハイナンチキン。鶏肉のほんのりとした甘みが優しい味わいで、ジンジャーソースとの相性は抜群だ。フライドガーリックとコリアンダーはお好みで。チキンストックで炊いたご飯と体が温まる鶏ガラスープが食欲をそそる。

 

 

 

 

左:Spicy Beef with White Rice $13
トマトとともに2時間煮込んだコラーゲンたっぷりの牛筋はトロトロで臭みがなく、余計な油分も取り除いてとてもヘルシー。大ぶりのニンジンもホクホク。ピリ辛が苦手なひとはライスとともに食べると◎。

 

右:Curry Goat with Bread Roll $12
珍しい骨付きのゴートのぶつ切りがふんだんに入ったスープカレー。辛みの中にゴートの骨から溶け込んだ風味をほのかに感じることができる。ご飯よりもパンと一緒に食べた方が相性がよい。

 

 

 

 

左:Black Herbal Duck with Egg Noodle $15
やわらかくてホロホロと溶けてしまいそうなスロークックしたダックと、大ぶりのシイタケが豪快に入ったヌードルスープ。チャイニーズ・ハーブとシイタケの風味がスープにしっかりと染みて、細麺のタマゴ麺と絡み合う。漢方のような風味で体によさそうだが癖はなく、とても体が温まる。

 

右:Cubed Rump Steak with Tomato Rice $14
脂の乗ったやわらかいランプ肉はミディアムレアでサーブ。ガーリックと胡椒のみの味付けで素材の旨みをしっかりと引き出している。ブロークンライスをトマトペーストなどで炒めたレッドライスの味わいがどこか懐かしい。

 

100 John St., Cabramatta
Tel: (02) 9727 6853
営業時間: 9:00~21:00
Open 7 Days

アクセス:T2 Airport Inner West & South Lineの電車でCampbelltown方面へ向かい、Cabramatta駅で下車。Railway Parade側の出口から出て左折。John Streetに曲がり、直進すると左手にお店がある。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

サクッと軽く風味豊かなピザ生地を提供することで、シドニー界隈のイタリアン・レストランのシェフなどが集まるピッツァリアがある。サリーヒルズのアルビオン・ストリート沿いにこじんまりと佇む『Al Taglio』を覗けば、フード系の雑誌やウェブサイトなどで露出が多いセレブシェフの姿もチラホラ。親子連れや若いカップルからはイタリア語が飛び交い、店内はイタリアン・レストランらしい賑わいをみせている。

この記事を詳しく見る

ロフト風の独創的なインテリアのなか、ジャズを聴きながら焼肉を楽しむことができる焼肉専門店「すみの家」。70種類のメニューから選べる食べ放題が費用対効果抜群と、2000年の創業から現在に至るまで揺るがぬ人気を誇るマーティンプレイスの老舗店だ。焼肉といえばディナーのイメージが強いが、今回は当店の人気ランチに迫ってみたい。

この記事を詳しく見る

ピットウォーター・ロードを挟んでワリンガーモールの向い側に広がるブルックベールのインダストリアルエリアには、Original Burgerや4 Pines Truckbar、Nomad Brewingなど、近年エッジの効いたお店が流行している。そんな中、2年半前にオープンしたのが今回紹介するイタリアン・ピッツァリア&カフェ『サルペペ』。

この記事を詳しく見る

シドニー郊外のデートスポットで知られるバルメインのメイン通り、ダーリング・ストリートに7月14日、韓国BBQのお店「Purumiru」がオープンして話題を集めている。韓国料理をベースに、炭火で和牛を楽しむコリアン&ジャパニーズテイストのレストランと言えば理解しやすいだろう。30席の店内には桜の枝の隙間から提灯のような灯りが垂れ下がり、壁の一片を占める金弘道の作品が圧巻。

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase