オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

グルメ情報

342見つかりました

カツサンドや抹茶ラミントンで人気を博す『カフェ・オラトネック』のオーナーシェフであるケニーさんが月末、新店舗をサリーヒルズのバーク・ストリートにオープンした。店名は『カフェ・ケンタロウ』。オラトネック同様にメニュー以外に屋号はどこにも見当たらず、看板にはフォークのサインのみというスタイル。温かみのあるレトログリーンを基調とした食器やエスプレッソマシン、ライトの傘がオラトネックとの共通点とわかる人にはわかるはずだ。

この記事を詳しく見る

大手スポーツウェアのアウトレットや北欧の家具屋、評判のいいカフェが点在し、ますます注目を集めるシティ南部のグリーンスクエア。セントラルステーションからひと駅のインダストリアルエリアで一際人気を集めているのが、ジブリ好きならピンとくる店名のイタリアンカフェ「ポルコロッソ」。地元民だけでなく遠方の日本人もわざわざ訪れるという名店だ。

この記事を詳しく見る

わずか52件の家が点在するシドニー最小のサバーブ、コテージポイントは、約10キロメートルにも渡る美しいナショナルパークランドが都会の喧騒を遮断する、隠れ家のようなウォーターフロント•ブッシュランド。シドニーシティから約分、コテージポイント•ロードの行き止まりまで車を走らせると現れる『コテージポイント•キオスク』は、年以来営業する老舗ショップ。キオスクというと、出来合いのものが並んだイメージがあるが、ここはマフィンからケーキ、スコーン、そのすべてを手作りしている本格派カフェ。

この記事を詳しく見る

サブカルチャーの発信地ニュータウンのキングス・ストリートから一本入った裏路地に、モーターバイクを眺めながらこだわりのラーメンとコーヒーが楽しめる異色カフェ『Rising Sun Workshop』がある。以前ニュータウンのキャンパーダウン・メモリアル・レスト・パーク前に同店の前身となるカフェがポップアップで登場し、インパクトを与えたことを覚えている人は少なくないはずだ。その後、『Mitre10』の跡地をリノベートして、ついに3ヵ月前にグランドオープンを果たした。

この記事を詳しく見る

シドニーで手に入れることのできる高品質食材を使用した料理を自らの目が届くお客の前で創り、もてなしたいという思いから、カウンター8席のみの贅沢空間を提供する『Raita Noda』。オーストラリアにおいてエグゼクティブ・シェフとしてメディアなどに露出する野田雷太氏がサリーヒルズで始めたレストランは、オープンから早1年半が経過した。

この記事を詳しく見る

インナーウェスト界隈でクリッパーカフェやクローバーカフェなど人気カフェを作ってきた仕掛け人エイドリアーノ・マッテオーニ氏がスコットランドへ旅立つ前に、思いを詰め込んで作った最後の作品と言われている『ペーパーカップ』。スタンモア駅目の前で向いが小学校という好立地が後押しして、フレッシュなコーヒーを店内で楽しむお客やテイクアウェイしていく姿が後を絶たない。

この記事を詳しく見る

シドニーの冬を初体験して、あまりの寒さにビックリしている方も多いのではないだろうか。『寒いときは寒さを楽しもう』ということで、今回は冬のシドニーで心も体も温めてくれるオススメカフェをおさらいしたい。せっかくシドニーにいるのだから、美味しいコーヒーとカフェご飯を堪能してほしい。

この記事を詳しく見る

ワーキングホリデー経験者のオーナーシェフが7月初頭、チャイナタウンのフードコート『ディクソンハウス』にテイクアウェイショップをオープンした。以前シドニーに滞在していたトモさんは、日本で飲食の修行を積んで戻ってくるという決意のもと帰国。西麻布の『鮨楽・こむろ家』で腕を磨き、宣言通りにオーストラリアへと舞い戻ったあとも、ゴールドコーストの日本食店で腕を磨いた。苦労の末にチャイナタウンに暖簾を出したというわけだ。

この記事を詳しく見る

1893年創業当時のビクトリア朝の内装をそのまま残したクラシカルなバー。シドニー市内の中心に位置するヒルトンホテルの地下にあり、最高級の大理石で型取られたアーチやステンドグラス、重厚感のあるマホガニーのカウンターが優雅な空間を演出している。

この記事を詳しく見る

キングスクロスのビクトリア・ストリートに店を構えるカフェ『Glider』が、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)やダイソーなどが入った『セントラルパーク』の横の屋台通り、ケンジントン・ストリートに昨年9月、2号店目となる『Glider KS』をオープンした。UTS学生などの間でホットスポットとなっているケンジントン・ストリートは、オーストラリアの縮図とも言えるほど、アジアン料理の屋台やこじゃれたヨーロピアン・ファインダイニング、スイーツバーまで、ボーダーレスにお店が並ぶ活気あるグルメ通り。混雑をかき

この記事を詳しく見る

デイライトセービングも終わり、暖秋を迎えるシドニーで、ウッドファイヤーの香りと温もりを感じながら、洗練された料理とコーヒーが楽しめるカフェがウィロビーにある。アメリカ出身で首都キャンベラの設計に携わった建築家Walter Burley Griffin氏によって、1932年に建設された焼却炉をリユースし、情熱とともに2014年1月にオープンした『The Incinerator』には、今日も多くのお客が訪れている。

この記事を詳しく見る

シドニーのラーメン店の数は50店舗を数えるなか、今月号が発行される3月15日頃にはまた新しいラーメン屋がセントラルステーション付近に登場するほど、いまだ勢いが止まらないラーメン産業。そんなオーストラリアのラーメンブームの火付け役となったのが、ラーメンの麺や餃子、シュウマイの製造でおなじみのWPM JAPAN(以下、WPM)だ。ノースエリアのレインコーブに工場を構える当社では、1日に80001万食の麺が製麺され、シドニーはもちろん、ブリスベンやキャンベラ、メルボルン、アデレード、パースといった国内の主要都

この記事を詳しく見る

チャッツウッドの大型ショッピングセンター『ウェストフィールド』内に2月1日、植物園のようなカフェがオープンして話題を呼んでいる。

この記事を詳しく見る

タウンホールのウールワース裏手にあるピット・ストリート地下フードコートに店を構える老舗テイクアウェイショップ『モミジ』には、今日も12時を過ぎたあたりからリーズナブルで美味しいランチを求めて訪れる常連客でごった返す。CBDど真ん中で交通の便がよく、オフィスビルに囲まれた立地のため、ピーク時にはフードコートすべての席が埋まってしまうほどの集客を誇るこの場所で、25年間生き残った当店にはそれなりの理由がある。

この記事を詳しく見る

ノースエリアからシティへ通勤するビジネスマンは多く、毎朝ハーバーブリッジから望むシドニー湾の絶景を眺めながら会社へ向かう人々も多い。彼らの通勤経路の一路である、ミルソンズポイントとノースシドニーとを繋ぐ抜け道、ミドルミス・ストリートに、サイクリストのための隠れ家カフェ『ベイ・テン・エスプレッソ』が存在してから早年を迎えた。

この記事を詳しく見る

オーストラリアのバレンタインデーは日本と異なり、女性から男性へチョコレートを渡す文化は存在しない。男性は花束を片手にオシャレな服に身を包み、思いを込めて女性を素敵なレストランへエスコートしよう。今回は、思わずうっとりしてしまうようなオーストラリアで人気のファインダイニングをご紹介。

この記事を詳しく見る

クラウン・ストリートとリバプール・ストリートのコーナーに2014年月オープンした『エディション・コーヒー・ロースターズ』。メッカやトビーズ・エステートなどオーストラリアを代表する老舗カフェで腕を磨いたコリー・サザーランド氏と、ポッツポイントの『ルーム』やアナンデールの『クローバー』などの人気カフェを立ち上げたダニエル・ジャクソン氏の兄弟が手掛けたスモールカフェ。オープン当初からクリエイターや飲食業界人たちの注目を集め、現在では一般客に混じって人気ブロガーやメディア取材陣などが押し寄せている。

この記事を詳しく見る

チャイナタウンのディクソン・ハウス・フードコートにて暖簾を掲げる翁さんらーめん。とんこつを代表に、鶏醤油、和風ダシ、濃厚ソースベースのスープで、次郎系の相撲らーめん、クリーミー豚骨らーめん、背油らーめんなど、バラエティに富んだらーめんの品揃えが評判を得ている。

この記事を詳しく見る

賑やかなオクスフォード・ストリートから入ったサウス・ダウリング・ストリートには、街路樹の合間に落ち着いたカフェやベーカリーなどが点在している。その一角にこじんまりとお店を構える『サウス・ダウリング・サンドイッチズ』。15年以上前からこの場所で、シンプルでフレッシュ、ヘルシーなホームメイドのサンドイッチとサラダのみで勝負している名店だ。

この記事を詳しく見る

今年9月にオープンしたばかりのケイズ・レストランは、日本のファミレスと居酒屋の両方のいいとこどりをした、サービス精神満載の大衆向けレストランだ。レンガ調のシックな店内に入ると、広々としたスペースに落ち着いた赤のテーブルクロスが掛けられたテーブルが、40席ほど設けられている。壁に飾られた数々の日本酒もさることながら、中央にある大型スクリーンには、当店のイチオシ料理の写真と合わせて、遊び心満点の当店のホスピタリティのモットーが映し出されている。ジャズの流れる空間は居心地がよく、フレンドリーなスタッフが料理とと

この記事を詳しく見る

7月にレッドファンに登場して以来、ローカルのグルメ系メディアやSNSで露出の絶えないカフェがある。〝世界一おいしい朝食〟として日本でも名高い『ビルズ』本店の、元ヘッドシェフであるケニーさんが、隠れた和のテイストをアクセントに料理を提供している『オラトネック』。自身が中学生の頃から、将来『オラトネック』という名でレストランを開きたいという思いが、ヵ月前ここシドニーで花開いた。

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase