オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


インターンちゃんと行ってきました!

NEWTOWN 古着の旅

29/10/2015

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

 

クリーム・オン・キング

 

317 King St.  (02) 9565 2955  creamonvintage

営業時間:金~水 10am~6pm、木10am~8pm

 

ニュータウンの駅を降りてすぐに立ち寄ることができる『クリーム』。アメリカ村にありそうなザ・古着屋!と言える名店。男女両方のアイテムが置いてあり、服からキャップ、靴、バック、アクセサリーと品揃え豊富。チェッック柄のシャツが大量。古着初心者から上級者まで幅広くカバーしている人気ショップ。

 

 

シーズ・フラッシュ・バック

 

180 King St.  (02) 9565 4343  csflashback.com.au

営業時間:月~日10am~6pm

 

デニム、ミニタリージャケット、レザージャケット、スカート、ドレスなどが豊富。リーバイスのジーンズは501モデル、66モデルが多数あって必見。パディントンとオックスフォードにも店舗を構えるため、メンズ、レディースともに大量の在庫を抱え、掘り出す楽しみが味わえる。

 

 

 

エリス・デザイン

 

209 King St.  (02) 8097 8342  elisedesign.com.au

営業時間:月~水10am~6pm、木10am~9pm、金10am~6:30pm、土10:30am~7pm、日11am~6:30pm

 

ボンダイマーケットから誕生して一気に火がついた当店。ベトナム人デザイナーが、最新のファブリックを使用してレトロなカットに仕上げている。トータルコーデで購入可能!

 

 

 

ザ・コレクティブ・アンサンブル・ヴィンテージ・クロージング

 

500 King St.  thecollectiveensemble  TheCollectiveEnsemble

営業時間:火~日 11am~5pm

 

ストリート系やアメカジのヴィンテージが多いのは、スケーターのショップオーナーならでは。アメリカやタイ、ブルーマウンテンの田舎まで古着を探しに行くほどのコレクター。店頭に出ているのはごく一部で、要望を伝えれば奥の倉庫から色々なテイストのヴィンテージアイテムを出してくれる。日本人の感覚にもっとも近いお店。

 

 

 

ヴィンテージ・ヴォーグ・ブティック 

 

482 King St.  VintageVogueBoutiqueNewtown

営業時間:月~日10am~6pm

 

男女両方のスタイリッシュな服や靴、バッグ、ベルト、時計、宝石にいたるまで幅広く網羅。1920年代のヴィンテージから近年のハイブランドのセカンドハンドも楽しめる。

 

 

 

ザ・ヴィンテージ・ドゥロワー

 

488 King St.  thevintagedrawer.com.au  0417 140 364

営業時間:水~土 11am~6pm、日 11am~5pm

 

1930年代~1960年代のアイテムを中心に2011年までのヴィンテージドレスやハット、ファーなどを豊富に扱う本格派ショップ。ヴィンテージとは、「アート、ヒストリー、ビューティ、ユニークを楽しむもの」とショップオーナーのデボラさん。ヴィンテージに情熱を注ぐ彼女の信者は多く、ヴォーグなどのファッション雑誌の撮影で、衣装に使用されることもしばしば、著名人の姿もチラホラ。ターゲットの年齢層は高めの設定でお値段もそれなり。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase