オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


グルメパラダイス ランドウィック編

15/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

第38弾 グルメパラダイス ランドウィック編

RANDWICK MAP
The Sweet Spot Patisserie 18 Perouse Rd 9399 3344
約1年半前より店を構えるギリシャ人オーナー経営のスイーツショップ&カフェ。オーストラリアの数々のスイーツ店勤務の経験を持ち、ギリシャとレバノンスタイルがミックスされているというこの店のケーキやタルトは、スイーツ店の多いこの界隈でもピカイチの評判。
Sushi Fusion 7 Belmore Rd 9399 5388 www.sushifusion.com.au
一見して洋風の白い建物の中は、毎年レストラン&ケイタリング賞にノミネート、受賞歴も何度かある大好評の回転寿司屋さん。トラディショナルな寿司からアレンジ寿司までそのひとつ一つが時間をかけて作られていて、日本にある本格的な回転寿司を思わせる美味しさです!
Tum Thai 167 Alison Rd 9326 3261
タイレストランが軒を連ねるランドウィックにおいて、フードクオリティとその安さで常に客足の耐えない大人気店。少なくとも4~5年はタイ料理に携わった経験あるシェフのみが調理に携わり、新鮮な食材と合成調味料を使わないこだわりの調理法、そしてあっという間に出来上がる手早いサービスが人気の秘訣のよう。
Sugarplum Cafe& Ice Cream Bar 25 Perouse Rd 9310 0154 www.sugarplum.com.au
シドニーのトップ10アイスクリーム店にも選ばれたことがあるこのショップは、アイスクリーム工場の直営店。オーストラリア産のフレッシュなミルクを使用し、ナチュラルフレーバーにこだわった舌触りの良いアイスクリームが店の自慢です。アイスケーキのオーダーも可能☆
LIVE THIS 33 St.Pauls St 9398 8664
店オリジナルの装飾雑貨を始め、アジアンテイストのホームウエアをメインに揃える雑貨屋さん。一味違ったユニークな贈り物や、一癖あるインテリアを目指す人にピッタリの個性的な雰囲気の商品がずらり。探せば探すほど掘り出し物があるので、つい長居しちゃいます!
Humble Beginnings 209 Avoca St 9326 4383
国内を始め、ニュージーランド、フランス、イタリアなど世界各国の雑貨やホームウエアを集めたこのギフトショップでは、キャンドルや石鹸の良い香りが漂う店内に、ナチュラルテイストのグッズが勢ぞろい! 子供から大人まで、幅広い年齢層へのプレゼントが見つかりそう。
Teascapes Cafe 69-71 Perouse Rd 9398 7994
メインストリートの外れに建つこのカフェは、そのレトロな風合いがこの街で一際異彩を放つ存在。壁には昔の映画のポスターがたくさん貼られ、ちょっとしたタイムスリップ気分を味わえます。フルライセンスのこのカフェでは、種類豊富なワインやビールが飲めちゃうところも魅力♪
Restaurant Balzac 141 Belmore Rd 9399 9660 www.restaurantbalzac.com.au
「フレンチとは、創作性とアレンジ知識の総合アートであり、食によるひとつのコミュニケーションだと思う」と熱く語るシェフ兼オーナーのマシュー・ケンプ氏は、"クオリティが高く、それでいてお手頃な料理をサバーブの美食家たちに気軽に食してもらいたい"というコンセプトの下、9年前にランドウィックにてフレンチレストランBalzacをオープン。4年半後に店がメインストリートへ移動してからも変わらぬ姿勢をつらぬき、2009年のシドニーモーニングヘラルド・グッドフードガイドでは2ハットを取得したほか、その行き届いたホスピタリティでも数々の賞を受賞しています。石造りの重厚な建物に一歩入れば丁寧かつ親しみやすいウエイターが出迎えてくれ、一流の料理の数々を一流のサービスを受けながらお手頃価格で楽しめるという、グルメが足しげく通うのも納得できる良質レストラン。フランス、オーストラリア、ニュージーランドを始めとした世界各国のワインも豊富に取り揃えられ、旬の素材を使った新しい手法の料理がコース形式で少しずつ楽しめるデガステーションメニューでは、ひとつ一つの料理に合ったワインが添えられ、ワイン通にも人気です。

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase