オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


マダム気分でお買い物 ウラーラ編

26/11/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

第36弾 マダム気分でお買い物 ウラーラ編

map

Simon Johnson

オシャレなパッケージに包まれたオリジナルの食材、また世界中から集められた高級食材やキッチンウエアがずらりと並ぶ、オーストラリアでも名高いグルメストア。見た目、味ともにかなりクオリティの高い商品たちは、料理用にはもちろん、日本にいる食通へのおみやげにも最適!

1 : Chocolate Discs (左$14.85) Chocolate Fruits (右$16.50)  カラフルな色合いとパッケージがカワイイ! オリジナルのチョコレート菓子たち。

2 : Pasta Sauce with Wild Rocket ($12.95) Benedetto Cavalieri ($14.95) パスタやパスタソースの種類も豊富。今夜のメニューはパスタで決まり!

3 : Mustard Dressing ($20.95) Navarrico Whole Peaches ($16.95) Sardines ($8.95each) 果物の瓶詰め、魚の缶詰、ドレッシング、ジャム、ソースなど一流の食材が幅広く揃います。

Bills Woollahra

ベストセラーになったレシピ本やTV出演でも知られるスターシェフ、ビル・グレンジャーによる朝食メニューは超有名。映画撮影でシドニーに滞在した数々のハリウッドスターに絶賛を受け、ニューヨークタイムズ紙にも「世界一の朝食」と言わしめたほどです。

1 : Scrambled Organic Eggs with Sourdough Toast + Bacon ($12.80) ($4.90) "エッグマスター"とも呼ばれるビルの、ふんわりとしていて弾力のある魔法のような食感のスクランブルエッグ。

2 : Ricotta Hotcakes with Fresh Banana and Honey Comb Butter ($16.60) 外は軽やか、中はもっちりの生地にあま~い蜂の巣が溶け込んだバターの組み合わせがたまりません!

 

Buzy Bakehouse

ローマにあるベーカリーの形式をそのまま再現したという評判のイタリア系パン屋さん。パン、ピザ、ケーキなど約300種類にも上る焼きたてほかほかのメニューを、テーブル席で楽しめちゃいます。近所からやってきたセレブと鉢合わせすることもしばしば!

1 : House Special -Mozzarella, Prosciutto, Shaved Parmesan Rocket (take away $11、eat in $12) 全長約2メートルの本格イタリアンピザ。薄いパリパリの生地に、パルメザンチーズとルッコラの風味が後をひく!

2 : Feta, Ricotta & Spanish Quiche ($17) Small Quiche (take away $3.80、eat in $4.50) 卵と生クリームがたっぷりのキッシュ。

3 : Magic Slice (take away $3.90、eat in $4.40) アーモンドやココナッツがふんだんに詰まって全体はしっとり、中はサクサク。

Pigott's Store

女性なら誰もが一度は憧れるインテリア作りが実現できそうな、センスが光るオリジナル雑貨や、国内外から取り寄せた上品なホームウェアが並びます。食器、寝具、装飾品からミラーやテーブル、ベッドに至るまで、どこか素材に温かみを感じさせる品揃えが印象的。

1 : Tea Pot($65) Creamer($35) Plate"7"($30) Cup & Saucer($45) 優しい色使いが特徴のハンドメイドのティーセットは、店のオリジナル。ティータイムが待ち遠しくなりそう!

2 : Botanical Bug Buster Herbal Moth Ball ($8) 吊るしておくだけで害虫を寄せ付けないカワイイ優れもの。ミント、ラベンダーなどのブレンドされた香りによるリラックス効果も!

3 : Fragonard Parfumeur/Four Perfumed Soaps ($41.20) Perfume ($89 each) 天然素材を使用した、フランス産の香水&スキンケアメーカー。エレガントな香りにうっとり

 

Jones the Grocer

添加物、保存料が一切入っていない選び抜かれた食材をそろえるデリ、またそれらの高級原料を使った軽食が楽しめるカフェが一体になった、地元マダム御用達のショップ。中でも国内外からやってきた約50種類のチーズの品揃え、その品質の高さは折り紙つき!

1 : Proscuitto, Gruyere, Jones Roast Capsicum Pesto & Radicchio Baguette ($9.50) メルボルンの著名シェフ、シャノン・ベネットによりアレンジされたサンドイッチメニューはヘルシーで大人気。

2 : International Cheese Plate ($19.90) とろ~り濃厚なBuche D'affinois、ブルーチーズの中でもかなりマイルドで食べやすいSaint Agur、癖がなくておつまみ感覚でイケるMimolette Jeuneをチョイス。至福の時間です。

3 : 幅広い食の知識を持つ店員の皆さん。毎週火曜から土曜までは日本人スタッフのマキさんが勤務しているというから心強い。

 

Buzo Restaurant

意外とレストランが少ないこの界隈で、150種類ものワインを取り揃え、旬の食材を使った本格イタリアンが楽しめるカジュアルダイニングがこちら。イタリア各地の料理を網羅したメニューは日替わりで、訪れるたびに新しい味を発見できるくつろぎの空間です。

1 : Maiale Con Melanzana Slow Braised Pork, Tomato, Eggplant & Parmigiano ($31) 3時間かけて蒸し煮されたというポークはトロトロの食感。本場のパルミジャーノ・レッジャーノチーズがさらにコクのある味に仕上げています。

2 : Torta Di Verona Mascarpone, Pandoro, Blueberry & Almond Trifle ($16) イタリアの伝統焼菓子パンドーロをベースに、口溶けよいマスカルaポーネチーズを使った満足度大のデザート。

3 : Coppa, Salami, Goats' Cheese & Parmigiano Gnocco Fritto ($19) エミリア・ロマーニャ州の伝統的な前菜ニョッコフリットは、サラミやチーズと相性ぴったり!

 

Gary Castles

ローカルデザイナー、ガリー・キャッスルによるエレガントで美しいシルエットの靴には有名人のファンも多く、ニコール・キッドマンやキャメロン・ディアスも店に顔を出したことがあるとか。そのデザイン性の高さはさることながら、履き心地の良さも抜群!

1 : Gary Castles/Day ($499.99)

2 : Gary Castles / Night (左: $299.99) (中: $899.99) (右: $499.99) シドニーの夜の街を歩くのにふさわしい、美しい輝きを放つ靴たち。

 

Parterre

オーナーが世界中を旅して集めてきたというアンティーク、そしてコレクター好みの家具や雑貨が勢ぞろい。店内、そして中庭には年代物のシャンデリア、彫刻石、噴水など、とにかく見ごたえ満点の品々が並び、ショッピングというよりはギャラリー感覚で訪れたいショップ。

1 : 16世紀にイタリアの王室で実際に使われていたものを始め、超貴重なシャンデリアばかり。当然お値段も超ド級!

2 : Bauleles ($5 each) Glass ($7 each) コケの蒸した石をイメージした装飾雑貨。透明ガラスと組み合わせるといい雰囲気。

3 : Keys ($45 each) 年代物の古びた鍵の数々。どんな風にインテリアに生かすかはあなた次第!

 

 

 

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase