オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート


孤城のThe Australian Capital Territory

首都Canberraを楽しむ

09/09/2014

このエントリーをはてなブックマークに追加

1908年、当時の2大都市であったシドニーとメルボルンによる首都争奪戦の末、シドニー南西280キロメートル、メルボルン北東660キロメートルに位置し、海からの攻撃を受けることのない、内陸の地、キャンベラがオーストラリアの首都に決定された。世界でも稀に見る、卓越された都市計画のもと誕生した故に、美しく整備された街並は、モダンなデザインと多くの自然が共存し、まるで異国の地、はたまた未来にタイムスリップしたように感じさせる。今月は、9月に開催されるキャンベラの花の祭典、フロリアードに先駆けて、キャンベラのお勧めスポットを取材してきました!

 

 

 

 

 

国内最大級の花の祭典
Floriade Flower Festival
フロリアード・フラワー・フェスティバル

 

 

キャンベラが世界に誇る、オーストラリアで最大規模のフラワーフェスティバル、『Floriade』が今年も9月13日から、4週間に渡り開催される。27回目を迎える今年は、チューリップやアイリス、スイセン、ヒヤシンスなど、何千何万という花が、テーマである‘パッション’に合わせクリエイティブに表現される。見渡す限りに咲き誇る花壇をバックに記念撮影はもちろん、会場ではライブエンターテイメントやガーデニングのデモンストレーション、クッキングショー、ワインやビールのテイスティング、キッズアクティビティなど、老若男女が楽しめる内容がライナップされる。エンターテイメントやアクティビティは、毎週のテーマに沿って変更されるので、ウェブを要チェックだ。

 



また9月24日から28日には、ライティングされた花壇やオブジェがきらびやかで幻想的な夜の空間を創り上げる『Night Festival』が開催される。有料となるイベントだが、道路標識や信号を演出した“オートモーティブ・ガーデン”やスタジアムの照明を利用した“スポーツボールガーデン”、サーカスやミュージカル、マイムなどのエンターテイメントは一見の価値あり。毎年国内外から40万人以上が訪れるフェスで、春の到来をお祝いしよう!

 

日時 : 9月13日(土)~10月12日(木) 平日9am~5pm、週末 9am~5:30pm
(Floriade Night Fest: 9月24日~9月28日 6:30pm〜10:30pm)
会場
: Commonwealth Park, Canberra
入場料
: 無料
※ Night Festは有料 大人(17歳+)$25、コンセッション$10、子供$10、ファミリー(大人2、子供2)$50
WEB
: www.floriadeaustralia.com

 

WEEK 1: Art & Culture
9 月14日(月)~9月21日(日)
スペシャルゲスト:雑誌『Yours』の専属ガーデナー、Charlie Albone

WEEK 2: Food & Culture
9月22日(月)~9月28日(日)
スペシャルゲスト:チャンネル10の『The Living Room』でお馴染みのセレブシェフ、Miguel Maestre


WEEK 3: Family Fun
9月29日(月)~10月5日(日)
スペシャルゲスト:クロコダイルハンター、故Steve Irwinの娘で、野生動物保護活動家、Bindi Irwin


WEEK 4: Outdoors and Adventure
10月6日(月)~10月12日(日)
スペシャルゲスト:チャンネル10の『The Living Room』でお馴染みのDIYスペシャリスト、Barry Du Bois

 

 

 

ミニチュアの街
Cockington Green
コッキントン・グリーン

 

ウクライナ 聖アンドリュー教会 / 3000時間という、最も長い制作時間を要した教会は、1/35のスケールで正確に再現。

 

今年で開園35周年を迎える、キャンベラの観光名所、『Cockington Green』。イギリス各地の風景を1/12のスケールで再現したイングリッシュ・ビレッジは、オーナーのダグさんとブレンダさんが、6年の月日をかけて作り上げた傑作だ。美しく整えられたガーデンをバックに展示されたミニチュアの建物やサッカー球場、電車などは、すべてが手作りされており、繊細なディテールのみならず、物語やユーモアをたっぷりと感じるそのディスプレイに感動することだろう。
1998年にオープンされたインターナショナルエリアでは、ウクライナの聖アンドリュー教会や、インドの赤い城ことデリー城、世界遺産に登録されているイスラエルのマサダ要塞など、34の国を象徴する建物や遺跡(スケールはそれぞれ異なる)がミニチュアワールドを作り上げている。
またこちらも驚きの手作りというミニチュア蒸気機関車は、1日10回運行しており(スクールホリデー中は1日を通して)ひとり3ドルで2周を楽しめる。園芸学校などもよく訪れるほど、手入れが行き届いたガーデンには、春に向けて2300個のチューリップの球根が植えられたといい、桜とともに、フロリアードの時期に満開となる。

 

ミニチュア蒸気機関車 / 機関車からしか見ることのできないディスプレイも要チェック。

 

 

場所:11 Gold Creek Road, Nicholls ACT
TEL
1800 627 273
OPEN
7 Days (12月25日、26日休)
※悪天候の場合閉園となる場合もございます。9:30am〜5pm (Last Entry 4:15pm)

入場料
大人$18.50、シニア(60歳+)$13.50、子供(4-16歳)$10.50
ファミリー(大人2人、子供3人まで、以降ひとりにつき+$5) $52
ミニチュア蒸気機関車乗車券 ひとり$3
ファミリーバリューパック(大人2人、子供3人まで) $63
大人バリューパック 2人分 $44
シニアバリューパック 2人分 $34
※バリューパックには、入場料およびミニチュア蒸気機関車乗車券、ガイドブック、カフェ&ギフトショップのディスカウントバウチャーが含まれます。
施設
無料駐車場、カフェ、ギフトショップ、BBQ&ピクニックエリア。
WEB
www.cockingtongreen.com.au
 

 

 

動物たちに癒される
National Zoo & Aquarium
ナショナル・ズー・アンド・アクアリウム

 


オーストラリアでは唯一となる、動物園とアクアリウムが併設した、人気アトラクション。7ヘクタールにも及ぶ敷地内では、コアラやカンガルーなど、オーストラリア固有の動物たちから、スマトラタイガーやユキヒョウ、マレーグマ、キリン、レッサーパンダなど、世界各国の動物たちが暮らしている。当園の人気は、世界でも数少なく、絶滅の危機にいるホワイトライオン6頭。野生では、毛並みが白いがために、標的となってしまうホワイトライオンも、その恐れがない園では、太陽の下で悠々と暮らしている。
アクアリウムでは熱帯魚をはじめ、サメやエイ、フレッシュウォーターフィッシュなどが見物できるほか、魚やヒトデ、貝に直接触れることができるタッチ水槽もあるので、小さなお子様連れには特にお勧めだ。
また、時間とお金が許すのであれば、チーターやトラ、キリン、サメなどに触れたり、餌付けができるアニマルカウンターや、ライオンやトラ、キリンなど、多くの動物たちに餌付けができる2時間のガイド付きツアー、「ズーベンチャー」もお勧め。こちらは事前の予約が必要のほか、時間も指定されているので、ご注意を(参加最低年齢12歳)。

 


 

場所:999 Lady Denman Drive, Weston Creek ACT
TEL
(02) 6287 8400
OPEN:7days (12月25日休)10am~5pm
入場料
大人$38、子供(4~15歳)$21.50、シニア/スチューデント $31、
ファミリー(大人2人、子供3人まで)$105
アニマルエンカウンターやズーベンチャーは追加料金(要予約)
施設
無料駐車場、カフェ、ギフトショップ、BBQ&ピクニックエリア
WEB
www.nationalzoo.com.au
 

 

 

国内最大の恐竜ディスプレイ
The National Dinosaur Museum
ザ・ナショナル・ダイナソー・ミュージアム

 


50体以上にも及ぶ、リアルで迫力満点の恐竜ディスプレイをはじめ、恐竜骨格や化石のモデルなど、国内最大級の恐竜博物館。恐竜の誕生から絶滅まで、その過程をたどることができ、また白亜紀に、現ビクトリア州やクイーンズランド州にあたる地域を自由に徘徊したとされるムタブラサウルスの展示など、国内外の恐竜について学ぶことができる。国内でも最大規模を誇る恐竜のギフトショップも一見の価値あり!

 

場所:Gold Creek Village, Gold Creek Road & Barton Highway, Nicholls
TEL:(02) 6230 2655
OPEN
7 Days (12月25日休)10am〜5pm (Last Entry 4:30pm)
入場料
大人$14、コンセッション$10.50、子供$9.50、
4歳未満無料、ファミリー$40
施設
無料駐車場、ギフトショップ
WEB
www.nationaldinosaurmuseum.com.au

 

 

 

空から望むキャンベラ
Telstra Tower
テルストラ・タワー

 


ブラックマウンテンの頂上にそびえ立つ、高さ195.2メートルのテルストラタワー。インドアデッキと2つのアウトドアデッキを備え、何も遮ることもなく、360度のパノラマビューを楽しめるアトラクションは、キャンベラのあらゆる観光スポットの位置関係を把握するにも最適、旅のスタート地点としてお勧めだ。編集部のお勧めは、キャンベラの昼の顔と夜の顔の両方を望むことができる夕暮れ時。

 

場所:100 Black Mountain Drive, Acton
TEL
1800 806 718
OPEN
年中無休 9am~10pm
入場料
大人$7.50、子供(4~16歳)$3、ファミリー(大人2人、子供2人) $17
施設:無料駐車場、カフェ、ギフトショップ
WEB
www.telstratower.com.au

 

 

 

国会議事堂
Parliament House
パーラメント・ハウス

 


安倍総理大臣が7月に来豪したさいに演説を行った国会議事堂。クリスマス以外、毎日一般に会館されており、無料ガイドツアーが催行されているほか、The House of Representitive(下院)やThe Senate(上院)で行われている議会を見学することも可能だ(要予約)。また、エリザベス女王や歴代豪州首相の肖像画がずらりと飾られた堂内を自由に見学ができる。キャンベラはもとより、オーストラリア土産が揃ったギフトショップもお勧め。

 

場所Capital Hill Canberra
TEL:(02) 6277 5399
OPEN
7 Days (12月25日休) 9am〜5pm
入場料
無料
施設
無料駐車場、カフェ、ギフトショップ
WEB
www.aph.gov.au

 

 

 

国立科学技術センター
Questacon
クエスタコン

 


オーストラリアの建国200周年を記念して、1988年、日本との共同事業でオープンした国立科学技術センター。実際に手で触れ科学の原理や原則を学ぶ体験型展示とショーは、年間40万人を越える観客数を誇る、キャンベラのNo.1人気スポット。天候に左右されることなく、容易に1日を過ごすことができるので、あいにくの雨の日もうれしい。珍しい科学系おもちゃや本を販売するギフトショップも要チェック!

 

場所King Edward Terrace, Canberra
TEL
(02) 6270 2800
OPEN
7 Days (12月25日休) 9am~5pm
入場料
大人$23、コンセッション$17.50、子供(4~16歳)$17.50、
4歳未満無料、ファミリー(大人2人、子供3人)$70
WEB
www.questacon.edu.au

 

 

 

オーストラリア戦争記念館
Australian War Memorial
オーストラリアン・ウォー・メモリアル

 


国会議事堂から人工湖のバーリーギリフィンを挟んで反対側に位置する戦争記念館。開設された1941年は、第一次世界大戦で犠牲になった兵士への敬意を払って建てられたが、その後に続いた第二次世界大戦からベトナム戦争に至まで、世界中の戦死者を追悼する場となった。軍服から日記、武器や写真など、オーストラリアの貴重な軍事資料が保管されている。日豪の歴史を知るためにも外せないスポットだ。

 

場所Treloar Crescent, Campbell
TEL
(02) 6243 4211
OPEN
7 Days (12月25日休) 10am〜5pm
入場料
無料
施設
無料駐車場(4時間制限)、カフェ
WEB
www.awm.gov.au

 

 

 

オーストラリア国立美術館
National Gallery of Australia
ナショナル・ギャラリー・オブ・オーストラリア

 


世界最大規模のアボリジニ・アートコレクションを含む、16万6000以上のアートが展示されているオーストラリア最大の美術館。アーサー・ボイドやシドニー・ノーランなど、同国を代表する画家の作品のみならず、ヨーロッパやアメリカ、パシフィックのアートも数々展示。10月12日までは、版画家で浮世絵師である名取春仙の展示会、「Stars of the Tokyo Stage」が開催されており、歌舞の世界が描かれている。

 

場所Parkes Place, Parkes
TEL
(02) 6240 6411
OPEN
7 Days (12月25日休)10am~5pm
入場:
無料
施設:
無料駐車場、カフェ、レストラン、ギフトショップ
WEB
www.nga.gov.au

 

 

 

ONA Coffee

 

 

キャンベラでONA Coffeeといえば、おそらく知らないものはいないだろう。インダストリアルエリアであるフィッシュウィック本店で生産されるコーヒー豆は、キャンベラ内では50店舗以上に出荷し、NSW州やQLD州のセレクティブ・カフェにも出荷しているほどのスペシャリティコーヒーロースターだ。オーナーであるセルビア出身のササ・セスティック氏は、エチオピアやインド、ブラジルなど世界各国のコーヒー生産地へ自ら赴き、そこで出会う貧しい農家にコーヒー豆の育て方などの技術を伝授し、彼らに安定した仕事を与える。そしてそこで生産された豆を自らが買い取るという、コーヒー文化への貢献を目的としたプロジェクトを3年前から精力的に行っている。現在は8ヵ国、35ヵ所のファーマーと契約し、世界各地からコーヒー豆が届く。そして必ず本店にあるカッピングルームにて、オーナー本人による、厳しい品質チェックが行われるという。カウンターではACTバリスタチャンピオンシップなどに毎年輝くエキスパートがコーヒーを淹れてくれる。

 


 

Smaked Atlantic Salmon & Scrambled Egg $17.00

 

 

68 Wollongong Street, Fyshwick ACT
TEL :
(02) 6212 3320
OPEN
: 6 Days   月-金 7am~4:30pm 、土 8am~3pm
WEB
: http://www.onacoffee.com.au

 

 

 

The Cupping Room

 

Okonomiyaki $19.80

キャンベラのコーヒーロースター、ONA Coffeeが手がける『The Cupping Room』。コーヒーの飲み比べ、“カッピング”と店名に掲げるように、当店ではコーヒーのテイスティングができるほか、コーヒーの知識を携えたスタッフが、コーヒーについてエデュケートしてくれる。ミルクコーヒーのブレンドは、随時数種類から選べることができ、まるでソムリエのようにそれぞれのブレンドを丁寧に説明してくれる。「お客様には、コーヒーに肥えた舌になってもらい、今以上にコーヒーを楽しんでもらいたい」という当店では、オールデーブレックファーストからランチ、ディナーまで営業し、あらゆるオケージョンに利用できるのがうれしい。

 


 


 

1/13 University Avenue, Canberra ACT
TEL :
(02) 6257 6412
OPEN : 6 Days  月-水 7am~4pm、木-金 7am~10pm、土 8am~10pm
WEB
: http://www.thecuppingroom.com.au

 

 

 

Lonsdale Street Roasters

 

House Smorked Salmon with Bagel $17.50

ロンズデール・ストリート上に、2ヵ所の繁盛店のカフェを展開する『Lonsdale Street Roasters』。オーナーのアラステア・エバンズ氏は、シドニーやニューキャッスルのカフェで腕を磨き、2010年にホームタウンのキャンベラに、培ったビジョンを用いて自身のカフェを開いた。当時のロンズデール・ストリートには車の整備工やカーパーツショップ、ガソリンスタンドなどがひしめき合っていたが、この地に『Lonsdale Street Roasters』が登場して以来、革命が起きたかのようにストリートに感度の高いレストランやカフェなどが集まるようになったという。今では両店舗ともに常に行列を連なるお店にまで成長を遂げている。自家焙煎で常にフレッシュなブレンド、シングルオリジンの16種類のコーヒー豆を買うこともできる。

 


 

Toasted Muesli $10.50


 

7 Lonsdale Street, Braddon ACT
TEL :
(02) 6156 0975
OPEN
: 6 Days 月-金 6:30am~4pm、土 6:30am~3pm 
WEB
: http://lonsdalestreetroasters.com

 

 

 

Mocan & Green Grout

 

Mocan Bacon Egg Roll  $10.00

たくさんの鉢植えに囲まれた『Mocan & Green Grout』 に一歩踏み入れると、ウォール一面に敷き詰められたウッドが、温かい癒しの空間を作り上げている。U字のキッチンをぐるりと囲む店内は、オーストラリアのアーティストやデザイナーが手がけた作品が頻繁に入れ替えられ、まるで友人宅を訪れたようだ。週末のブランチは長蛇の列ができる人気店は、食材選びに特にこだわりを持ち、コーヒーはフェアトレイド、卵や肉、野菜はローカルファームから、そしてハーブ類は外の鉢植えから調達している。実は自転車メイカーでもある当店、お洒落なバイクをお探しの方はフレンドリーなスタッフに問い合わせてみよう。

 

 

1/19 Marcus Clark Street, Newacton South,
Canberra ACT 
TEL :
(02) 6162 2909
OPEN
: ランチ 7 Days
月 7am~6pm、火-土 7am~9pm、日 8am~4pm
ディナー 5 Days 火-土
WEB
: http://mocanandgreengrout.com

 

 

 

A . Baker

 

Soft Polenta, Smoked Murray Cod, Rosemary & Anchovy Gremolata, Grilled Bread $18.00

キャンベラの新アート&デザイン地区として注目されているニューアクトンに、2013年オープンしたばかりの『A.Baker』は、地下にバー、1階にアーティソンベイカリー兼カフェ備えた人気店。お客の目当てはもちろん、自家製酵母を使用し、20時間近く発酵されたのち、石釜で焼かれたサワードウの数々。小麦やライ麦などはすべてインハウスで挽かれるという、昔から伝わる伝統的な手法で手作りされたパンたちは絶品。またローカル産の食材にこだわったクオリティの高いメニューは、ブレックファーストからランチ、ディナー、さらに充実したカクテルリストと幅広く、1日を通してさまざまな顔を楽しめる。

 

 

15 Edinburgh Avenue, Canberra ACT
TEL :
(02) 6287 6150
OPEN :
7 Days
レストラン&ベーカリー 月-金 7am~10pm、土 8am~10pm、日&祝日 8am~4pm
バー 月-木 5pm~10pm、金-土 5pm~12pm、日&祝日 CLOSED
WEB :
http://www.abaker.com.au 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バランガルーやアレクサンドリアなど、ここ数年シドニーでは工業地帯の跡地を、洒落たカフェやレストランがひしめき合うトレンドスポットへ開発するプロジェクトが進行している。そんな中、新たなフードカルチャーの場として各方面から注目を集めているのが、ハロルドパークに9月22日にオープンしたばかりのトラムシェッズだ。

この記事を詳しく見る

ケガや火傷を負ったコアラを保護する目的の施設として1930年にオープンしたコアラパーク。その後、オーストラリア特有の動物であるカンガルーやウォンバット、ディンゴ、エミュー、カソワリーなどバラエティに富む動物を向かえ入れ、コアラの保護と平行して動物園としても愛される癒しのサンクチュアリーだ。園内には平日週末問わず地元民のファミリーやカップル、そして海外からの観光客があとを絶たない。彼らを魅了するのは手を伸ばせば届きそうなほどの動物たちとの距離感とアットホームな雰囲気に他ならない。また大規模な動物園のように動

この記事を詳しく見る

グレーター・ブルー・マウンテンズ・エリアは、ユネスコ世界遺産に登録されたシドニーを代表とする観光地のひとつ。シドニー市内から車で約2時間、電車でもカトゥンバ駅まで乗り継ぎなしで行くことができるため、手軽な観光名所として日々多くの人々が訪れる。気温が上がると生い茂るユーカリに含まれる油分が蒸気することで山全体が青みがかる現象から、ブルーマウンテンズと命名されたことは有名。この地に根付くアボリジニ神話や開拓時代の伝説に触れながら探訪してみると、ひと味違ったブルーマウンテンズが楽しめる。

この記事を詳しく見る

暖かポカポカ陽気に包まれるシドニーはそろそろ衣替えの季節。今回は古着好きのインターンちゃんを連れ、ニュータウンで人気の古着屋さんをご紹介。キング・ストリート沿いを歩けば今年のトレンドがわかる?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ほのぼの・ドタバタ ! シドニーレポート

廃墟だったトラム格納庫跡地が高級フードコートに 君はもうコアラを見たか? ユネスコ世界遺産 インターンちゃんと行ってきました! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! AFC アジア杯2015特別企画! 日本代表が訪れる街を大特集! 孤城のThe Australian Capital Territory デンジャラス地帯に潜む魅惑 Redfern Eastside編 地元民に愛される街 ニュートラルベイ編 アットホームな商店街 キャメレイ 秋のお散歩に最適!ハーバーフィールド編 もう一度行きたい! あの街このお店2009年総集編 クリスマスプレゼントはもう買った? ウエストフィールド・ボンダイジャンクション編 コスモポリタンな街 バルメイン編 優雅な時間の流れる街へ モスマン編 ニュータウン編 ナチュラル派ショップが集合! ウィロビー編 癒しの街でリフレッシュ! レーンコーブ編 動物と触れ合い癒されよう タロンガズー編 春の街歩きに最適! ダーリングハースト編 初夏のシーブリーズを堪能しよう! ボンダイ~クージー コースタルウォーク編 まったり韓国人街イーストウッド編 アートに出合う街 グリーブ編 マダム気分でお買い物 ウラーラ編 グルメパラダイス ランドウィック編 インテリア探しにGo! クロウズネスト編 メリクリ★ デートはパディントン編 夏だ! クージービーチ編! アッシュフィールド編 あのマーケットに潜入取材編 アクアリウム編 ワイルドライフワールド編 クラウンストリート編 エアーズロック&パース編 ギャラリーズ・ビクトリア編 ストラスフィールド編 カブラマッタ編 EQマーケット編 フィッシュマーケット編 キングスクロス編

CATEGORY

お出かけガイド

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase