オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

秋のハンターバレー巡り


その他

19/11/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

120以上のワイナリーが点在するハンターバレー。それぞれに個性的な魅力を持つワイナリーを心いくまで満喫しようとすれば、日帰りでは物足りなさを感じるのかもしれない。カントリーの自然が創りだす壮大なパノラマもまた、帰り道へと向かう者の歩を重くするだろう。そこでいくばくかの宿を望むという向きには、『Sweet Water Villas』が巡行にさらなる彩を添えるはずだ。果てしなく続くような大地に静かに佇むSweet Water Villas。2階建てのこの小柄なコテージは、木造りの優しい面持ちで訪れる者を迎え入れる。1階はキッチンやダイニング、リビングが仕切りなく、ゆったりと配され、それぞれが途切れることのない時間を共有。夏はエアコンが心地良さを維持し、これからの季節には薪のストーブが滞在者に暖を与えてくれる。外で興じるバーベキューも美しい景色に囲まれてすると格別だ。 階上は、屋根の傾斜が室内を形作るロフトスタイル。広々と突き抜けた空間のすべてを寝室として用いた贅沢なくつろぎが醍醐味だ。そこにはいつまでも続く至上の時間が待っている。ハンターバレーの中心に位置するSweet Water Villasをワイナリー巡りの拠点に、そして日常から解放された休息の場にしてみてはいかがだろうか。

Sweet Waterのワイン2本、朝食付き(エッグ、ベーコン、クロワッサン、オレンジジュース等)。週末の滞在では ハンター バレー産のフルーツやチーズも提供される。

ワイナリーに並ぶハンターバレーの新しい名所。お店がチョコレート工場にもなっており、ベルギーから輸入したものを素に手作りチョコレートを製造している。種類豊富でカラフルなファッジや趣向を凝らしたチョコレートが所狭しとディスプレイされる様には、心躍らされずにはいられない。中にはまるでそれ自体がケーキのように見事に細工されたものもあり、思わず見とれてしまいそうなほど。ワインとともにこちらもお見逃しなく。

地元産の牛やヤギのミルクで作られるチーズは、ハンターバレーのワインに最高の相性を見せる。多種多様なチーズが販売されているが、発酵を抑えたフレッシュチーズが中心でどれもクセがないため、日本人のテイストにぴったりと合うはず。海外のアワードでも認められたトップ・クオリティのチーズは、一度試せば病みつきになるほどの魅力を持っている。試食可能なので是非一度、現地を訪れて、自身のお気に入りチーズを探し当てていただきたい。

親切なスタッフがハンターバレーを上手に満喫するためのサポートをしてくれる。ワイナリーに関するサービスはもちろん、レストラン、アコモデーション、イベントに関することまで、役立つ情報を無料で得ることが可能。まずはここで"ビジターズガイドとマップ"を入手してから、ワイナリー巡りに向かいたい。(Visitor Guide Bookは下記ウェブサイトからも無料で入手可能。1週間以内に配送されます)

History of Hunter Valley

白人系移住者がハンターバレーに初めて辿りついたのは1797年。この新たな土地は脱走した囚人を追っていた人たちによって偶然発見された。このエリアはまず初めに材木と石炭の良好な資源地として注目されるようになる。その後、この地域の環境が農業に適しているとわかると、早速ブドウの栽培が始められ、1823年には約8万㎡規模のワイン用ブドウ畑が作られるようになった。

さらにヨーロッパに渡ったブドウ栽培家が現地でワインを学び、500ものワインの木を持ち帰るなどして、ワイン産地としてのハンターバレーの発展を促進。このような努力により作られた良質なワインは、シドニーやメルボルンにも盛んに売り込まれるようになる。その結果、1840年までには、ブドウ畑は実に200万㎡を超える規模にまで拡大していた。

1930年代後半から1960年代には生産量の低下を経験した。世界的な不況や戦争のため、また他のワイン産地がより安いワインを生産し始めたのがその原因であった。しかしその逆境においても、現地の生産者たちの情熱はワインの質を維持し続けた。

1960年代になるとドライなワインが人気になるという好機が訪れ、消費者の嗜好に合ったワインを生産するハンターバレーは再び活況を取り戻した。ハンターバレーは現在120以上のワイナリーを抱え、オーストラリアの最も有名なワイン産地のひとつとして認識されている。SemillonやShirazを始めとした上質のワインは、国内外で高い評価を受け愛飲されている。

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase