オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
お出かけガイド

VIVID SYDNEY


VIVID SYDEY 2018 -VIVID LIGHT-

光、音楽、アイディアの祭典

24/05/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

201806 vivid music title3

世界最大級の光、音楽、アイディアの祭典、『Vivid Sydney 2018』が5月25日から23日間に渡ってシドニー各地で開催される。冬のシドニーシティを活性化させようと始まり、今やシドニーのメジャーイベントとして認識されるようになったヴィヴィッド。10周年を迎える今年は、ルナパークが新スポットとして加わったほか、昨年はシティの大規模工事によりヴィヴィッドスポットから外されていた人気のカスタムズ•ハウスが復帰するなど、さらにパワーアップして戻って来る。また期間中は、コンサートやワークショップ、キッズプログラムなどあらゆるイベントも企画されているので、スケジュールをチェックして、ぜひ夜の街に繰り出してほしい。
 

開催期間:5月25日(金)~6月16日(土)

ライトアップ時間:6pm-11pm 
※時間は会場によって異なったり、または天候などによって変更される場合がございます。

オフィシャルサイト:www.vividsydney.com

 

オペラハウス

オペラハウスの屋根全体が、立体的なプロジェクションマッピングやデジタルスカルプチャーのキャンバスとなり、まるで生きているかのようにあらゆる変化を見せる。鮮やかな色使いや幾何学模様を得意とするデザイナー、ジョナサン・ザワダ氏が手がける「The Lighting of the Sails」には、オーストラリア特有のモチーフが次々と映し出されるというから注目だ。日本食レストラン、『ユキズ』のあるOverseas Passenger Terminalの2階から撮影するのがベスト。
 

ダーリングハーバー

海底をテーマにした、4つの体験型インスタレーションで創り上げられる「Tumbalong Lights」は大人も遊び心をくすぐられること間違いなし。体が不自由な方も同様に楽しめるインクルーシブプレイエリアとなっており、体が不自由なお子さんを持つご家庭は事前に予約(無料)をすることも可能だ。

 

ハーバーブリッジ

3万2000個のLEDライトにより彩られるハーバーブリッジ。衛星ナビゲーションによってコントロールされるこちらのインスタレーションは、イベント参加登録をしている船舶がブリッジの下を通過すると同時に色が変わり、船舶もブリッジアートのひとつとなってライトアップされる。オペラハウス側からブリッジを観覧するのがお勧め。

 

バランガルー

日沈とともに、バランガルーのウォーターフロントが“水・土・火”にインスパイアされたイルミネーションで彩られる。また、音とライトの演出に合わせ、芝居じみた仕草で水面を動く巨大なルミナ生物がお出迎え。迫力は大。
 

ルナ•パーク

開園83年目を迎えるルナ・パークに、初期からあるアトラクション、コニー・アイランド。ミラーメイズやジャイアントスライドなど、”ファンハウス”として知られるこちらのアトラクションに、プロジェクションマッピングが施される。ルナパークのカラフルで奇抜なキャラクターたちが、音と光で新たな息を吹き込まれる。

 

日〜木 6pm-10pm、金•土 6pm-11pm

 

ザ•ロックス

Ballpit

シドニーに初めて建てられた住居のひとつとして知られるキャドマンズ・コテージに、バーチャルボールピットが投影される。まるでリアルなボールピットのように、人の動きとともにボールの動きが変化するのに加え、現実では破裂してしまうような力が加わると、ボールが消えてしまったり、別の物体に変わったりするという仕組みだとか!?

 

Wobbelees

揺れるたびに色が変わる巨大な起き上がり小法師のようなオブジェは、子連れのファミリーには外せないアイテム。色だけでなく、揺れるたびに柔らかい鐘の音も鳴る。

 

Rainbow of Peace & Tree of Friendship

日本の”Kwaii Culture”からインスパイアされたというこちらのアート。周りの人たちと手を繋ぎ、虹と虹のふちをつなげると、新たな音やアニメーションが、ピカピカと光るライトとともに現れるという。

 

Garden of Sweet

明るいところで蓄光し、暗闇でほんのり光るルミパウダーや、ソーラーパワーなど、リユーザブルエネルギーを使用した、「Garden of Sweet」。見ているだけで心が躍るキャンディーやロリーポップはインスタ写真映え間違いなし。

 

1000 Cranes

平和のシンボルとして世界中に知られる日本の千羽鶴が、ロックスに現れる。観覧者が通るたびに鶴ひとつ一つがライトアップされ、最終的には1000羽の鶴が美しく輝く。#hopeにポジティブなメッセージを残してほしいという。

 

 

タロンガズー

煌びやかな動物のオブジェが動物園のいたるところでライトアップされ、時折聞こえる動物たちの鳴き声とともに幻想的な空間を創りあげる。こちらは有料イベントで、期間中は毎晩3つのセッションが開催される。現地でのチケット購入も可能だが、完売する可能性が高いので、予約をするのがベスト。フェリーで訪れるとサーキュラキーのヴィヴィッドディスプレイも観れるのでオススメ!

セッションタイム:5:30pm〜、6:30pm〜、7:30pm〜 約2時間
チケット:
月~木 大人$23.95、子供$17.95、コンセッション $21.56
金~日、祝日 大人$26.95、子供$18.95、コンセッション $24.26
4歳未満無料

 

チャッツウッド

チャッツウッドのメインディスプレイとなるのが、コンコースに投影されるNASAのビジュアル、「Future Space」。ビルの壁面のみならず、階段や芝生エリアもキャンバスとなり、まるで宇宙旅行を楽しむような感覚に陥る。

5:30pm-10:30pm
The Concourse, 409 Victoria Ave., Chatswood

 

カスタムズ・ハウス

100年前に、作者メアリー・ギブズによって息を吹き込まれたガムナッツベビーたちが、1845年建設の歴史あるカスタムズハウスに映し出される。スナグルポットとカドルパイとともにオーストラリアンブッシュの冒険に出かけよう!

31 Alfred St., Sydney

 

ロイヤル•ボタニックガーデン


Aqueous

3種の形のプラットフォームを、パズルのように組み合わせて創られた「Aqueous」。歩道の上を歩いたり、走ったり、跳ねたりすると、ライトやカラーが変わる体験型スカルプチュア。

 

The Bloom

1000個以上のLEDライトと鏡による錯覚で、見事に輝く幅5メートルものメタリックフラワー。花の中心に顔が行くように写真を撮れば、インスタ映えする1枚が撮れること間違いない!

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

世界最大級の光、音楽、アイディアの祭典、『Vivid Sydney 2018』が5月25日から23日間に渡ってシドニー各地で開催される。冬のシドニーシティを活性化させようと始まり、今やシドニーのメジャーイベントとして認識されるようになったヴィヴィッド。

この記事を詳しく見る

世界最大級の光、音楽、アイディアの祭典、『Vivid Sydney 2018』が5月25日から23日間に渡ってシドニー各地で開催される。冬のシドニーシティを活性化させようと始まり、今やシドニーのメジャーイベントとして認識されるようになったヴィヴィッド。

この記事を詳しく見る

世界最大級の光、音楽、アイディアの祭典、『Vivid Sydney 2018』が5月25日から23日間に渡ってシドニー各地で開催される。冬のシドニーシティを活性化させようと始まり、今やシドニーのメジャーイベントとして認識されるようになったヴィヴィッド。

この記事を詳しく見る

今年もついにやって来た、南半球最大の冬のビッグフェスティバル「ビビッドシドニー」。7年目を迎える2015年は、新たにチャッツウッド、ピアモント、セントラルパークのつのエリアも加わってさらにパワーアップ! そんな今年の見所を徹底的にご紹介。

この記事を詳しく見る
Side girl
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示