オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーイベントガイド

ビヨンセ、 ヴォーグ誌の表紙撮影に 初の黒人カメラマン起用

04/09/2018


Beyonnce

アメリカ版「ヴォーグ」9月号の表紙を飾った歌手のビヨンセが、23歳のカメラマン、タイラー・ミッチェルを起用したことが明らかになった。「ヴォーグ」の126年の歴史上、初めて表紙撮影を手がけた黒人カメラマンとなる。アトランタ出身のミッチェルは、監督のマーティン・スコセッシ、俳優のジェームズ・フランコらを輩出したニューヨーク大学芸術学部出身。マーク・ジェイコブスやジバンシーの広告キャンペーンで注目を集め、2015年にはキューバの首都ハバナで盛んなスケートボードシーンを撮影した写真集を自費出版した。アメリカのファッション誌において、一番重要とされる9月号。ビヨンセが同誌の9月号表紙に登場するのは2015年以来、2度目となる。今回、ビヨンセは編集長のアナ・ウィンターから前代未聞となる表紙の全面的な決定権が与えられたと報じられており、黒人カメラマンの起用もビヨンセ本人の意志によるものとされる。SNS上ではミッチェルの才能を称賛する声が後を絶たないが、同時に126年もの間黒人カメラマンを採用しなかった同誌への批判も多く寄せられている。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

アメリカン・ミュージック・アワード 授賞式開催

08/11/2018

Cheers

第46回アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)の授賞式が現地時間の10月日、米ロサンゼルスのマイクロソフト・...

芸能

オリラジ 中田敦彦に 干され疑惑浮上

08/11/2018

Cheers

お笑いコンビオリエンタルラジオの中田敦彦(36)が、次々とレギュラー番組を降板していることで、「干されているのでは...

芸能
Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase