オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

【Kinokuniya発 本屋さんが選ぶ読書ガイド】今月のテーマ: 泣ける短編小説で涙活・小説を読んでストレス解消しよう!


4

♦青い鳥
著者: 重松 清 / 出版社: 新潮社
価格:A$ 17.43 / メンバー価格:A$ 15.69
いじめの加害者になった生徒、家庭を知らない生徒など、中学生たちが主人公の連作短編集。吃音症(きつおんしょう)で、タ行とカ行がうまく言えない村内先生が各話に登場します。先生が教えてくれた本当に大切なこととは…。誰もが一度は経験した青春時代を舞台にしているからこそ共感でき、ときに考えさせられることでしょう。読者の心にそっと寄り添ってくれる作品です。村内先生の深い優しさに、涙せずにはいられません。

 

♦恋文・私の叔父さん
著者:連城 三紀彦 / 出版社:新潮社
価格:A$13.52 / メンバー価格:A$12.17
高いマニキュアを使って窓ガラスに描かれた花吹雪。見るも美しい、でも少し儚げな言葉にならないメッセージを残し、年下の夫は出ていった。余命残りわずかという昔の彼女を看取るため…。決してハッピーエンドではないからこそ美しいと思える短編集。表題作の「恋文」は、直木賞を受賞したこともある名作です。ストーリーだけでなく、言葉のひとつ一つ、表現も独特でどこか遠い印象を与えます。

 

♦鉄道員(ぽっぽや)
著者:浅田 次郎 / 出版社:集英社
価格:A$ 12.48 / メンバー価格:A$11.23
北海道本線を外れたローカル線を走る気動車キハ12形は、数ヵ月後には廃線が決まっている。キハ12形が結ぶ駅、幌舞駅で鉄道員として働く佐藤乙松は、妻と娘に先立たれても変わらず駅に立ち続けていた…。映画化もされた『鉄道員』をはじめ、『ラブ・レター』『角筈にて』などが収録された短編集。ノスタルジックで、臨場感あふれるストーリーは共感を誘い、涙を誘います。駅員を主人公にした「鉄道員」のように、どこかに
ありそうな話だからこそ、読後は周りを見回してみたくなります。涙なしには読めない名作です。


♦新編 銀河鉄道の夜
著者:宮沢 賢治 / 出版社: 新潮社
価格: A$10.40 / メンバー価格:A$9.36
大きな星座の図を黒板につるし、先生がジョバンニに問いかけた。突然のことでとっさに言葉が出ないジョバンニを周囲はからかうが、カムパネルラだけは違って…。『銀河鉄道の夜』をはじめ、美しくも儚い話が散りばめられた短編集。教科書に掲載されることもある作品で、多くの人に愛される宮沢賢治独特の世界観と、繊細な心理描写が胸に響く作品です。大人になってから読み返すと、子供の頃には分からなかったことの意味が分かるようになり、新たな発見もあるでしょう。

 

Kinokuniya

【住所】 The Galeries Level 2, 500 George St., Sydney 【Tel】 02-9262-7996
国内64店舗、海外24店舗を展開する日本最大の書店チェーン。オーストラリアでは2003年からタウンホール駅傍に南半球最大の店舗を構え、洋書・中文書・和書を含む30万冊の書籍在庫と、他では手に入りにくい文房具を取り揃えている。併設のアートギャラリーでのローカルアーティストの作品展示や、著者によるサイン会、コミックファンのためのイベントなども開催し、人種・年齢を問わず“Kino”の愛称で親しまれている。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

看板息子

11/09/2019

チアーズ編集部

シドニーのレストランで輝くスタッフにスポットを当て、あんなことや、こんなことを聞いちゃいます!...

楽しむ

世界の珍ニュース

20/08/2019

チアーズ編集部

歳児が見せた執念 米・ミネソタ州ブレイン在住のセバスチャン(歳)は、6月11日の午前8時半ごろ、どうしても、「...

楽しむ
Side girl 2019 0701
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示