オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

【Call to Action!人を動かす コミュニケーション】Vol.9 自己紹介スピーチ


1

 先月から直属のマネージャーが代わり、隔週でOne on One(対面ミーティング)やグループ・ミーティングが実施されています。今までは同じProfessional service(アプリケーションの開発・実をする職種)であっても同じプロジェクトにならない限りはあまり会うことがなかったので
すが、今後は定期的に顔を合わせることになります。また会社がサービスのクオリティと効率に力を入れることを掲げているので、我々のスキルもアップしていかなければなりません。特に言われていることは“コミュニケーション力”のアップです。
 最近はアジャイル開発が主流で、我々は主にS c r um(スクラム)手法を使ってシステムを開発します。そこで先日ScrumMaster(スクラム・マスター)の研修に参加してきました。スクラムとは、S c r u m  I n c . 社のD r .  J e f fS u t h e r l a n d が提唱したアジャイル開発の手法のひとつ
で、企画と開発が一体となった小規模チームがお客さまのフィードバックを得ながら高速に繰り返し開発を行い、イノベーションを実現する手法です。


 そのため開発技術だけではダメで、お客様とコミュニケーションを取りながら要求を実装していくためのコンサルティング的なソフト・スキルが必要となります。また研修に参加したり新しいプロジェクトやチームに参加する場合にも自己紹介をします。私もここ数ヵ月で何回も自己紹介をしてきています。
 

  そこで今月のCall to Actionでは簡単そうに見えて実は難しい自己紹介について皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。例えば、研修に参加してC a n  y o u  introduce yourself?(自己紹介をしてください)と言われたとき、アナタは何を話しますか? 無難なところでは、①
名前、②職種・役割、③経験などでしょうか? ここで終わりにすることもできますがよく考えてください…。
 自己紹介はこちらが一方的に情報を提供するだけと思いがちですが、実は相手が後からアナタに話しかけるためのネタを提供する場所ということを覚えて置いてください。
 私の場合は大抵“いつ日本から来たか? ” 、“ なぜこの研修に参加しているのか?”、“あまりこのような研修に参加することがないの
で楽しみたい”などということを言うようにしています。これにより、日本に興味がある人や同じような目的で参加している人たちなどが
話かけて来てくれます。研修では休憩が結構あるので、最初に知り合いを作るとその後も楽しく過ごせます。


 では、どのようにして自己紹介を組み立てればよいのでしょうか? 
『Giving a speech about yourself?』という記事では、 If you are a successful professional or you aim to be, it is likely that you will be asked to speak about yourself at some point in your career. (アナタが成功しているプロフェッショナル、もしくはそれに向かっているのであれ
ば、今後何らかの形でアナタの経歴や業績などを多くの人の前で話す機会がくるでしょう)と言っており、またそのときのスピーチ構成は以下がよいとアドバイスしています。
 Two simple strategies:
①Tell your life story in three clearly defined acts. Act
1: When you were young, Act 2: When you were moremature and starting your career, Act 3: When youarchived success. Audiences want to know your personal story and details about your journey to success.
②Remember that no one becomes successful alone.
While discussing your experience, be sure to give credit to the family members, colleagues and mentors who guided or supported you through your career.

 


2つのシンプルな戦略は:
①アナタのライフ・ストーリーを3つのアクトに明確に定義して話す。A c t 1 : アナタが若かったとき、A c t 2 :アナタがもっと成熟し、キャリアを築き始めたとき、Act3:成功したとき。聴衆はアナタが成功するまでのパーソナル・ストーリーを聞きたいのです。
②ひとりで成功した人はいないことを覚えていてください。アナタの経験を話しているとき、家族や同僚やメンターがアナタをガイドしてくれたり、サポートしてくれたことをきちんと伝えてください。
 
以下は Act1 の例として挙げられているものですが、
アメリカではスティーブ・ジョブズのように逆境を乗り越えて成功している人が多く、彼らの成功談を多くの人が聞きに行きます。
I never met my mother and didn’t meet my father until I was 14 years old. I was raised by my grandmother, and life was perfect.
(私は母親に会ったことがありません。そして父親にも14歳になるまで会ったことがありませんでした。私のおばあちゃんが私を育ててくれ、ライフは完璧でした)


では我々のような凡人はどのように自己紹介スピーチを組み立てれば良いのでしょうか? 私の所属しているT o a s t m a s t e rsで学校や企業にスピーチを教えているJosephのSpeech Mapを紹介しましょう。
スピーチの構成は以下のように考えるとオープニングから最後まで一貫したバランスの良いものになります。
①Topic
②Tell 3 points you want to tell us
③Expand on point1, point 2, and point3
④Tell us what you told us (3 points)
⑤Tell us why you share these 3 points
⑥Introduction
⑦Title
最初に自分が聴衆と共有したいTopicを考え、そこから重要なポイントを3つ以下に絞ります。先ほど紹介した記事でいうとAct1、Act2、Act3がこれに当たります。そして話す内容がある程度まとまった状態まで来たら、ここから Introductionを組み立てます。なぜIntroductionの作成
が後に来るか分かりますか? 幾つかの理由がありますが、主な理由は以下の3つになります。
①自分が話をしたいトピックや内容から始めるとアイデアが湧きやすい
②先にIntroductionを作成してしまうとその後のスピーチがそれに縛られてしまう
③既に話をする内容が決まっているのでストーリーがまとまりやすい
そして最も大事なことはスピーチをシンプルにまとめるということです。Albert Einstein(アルベルト・アインシュタイン) もこのように言っています。
“If you can’t say it simply, then you don’t understand it properly”
聞いている人によく理解してもらうためには、小学生に説明するように例えを用いたり、身振り手振りを使いイメージを描いてもらえるようにするための工夫が必要となります。そしてアナタの話を真剣に聞いてくれた人たちに何らかのものを持って帰ってもらうことを心がけましょう。それはアナタの想いかもしれません。または成功の秘訣かもしれません。アナタのために時間を割いて来てくれた人がアナタのスピーチから何を持って帰れるか?を考えながら面白い自己紹介を作っていきましょう!

参考資料:
オルタナティブ・ブログ(岡涼介と Shall we dance?)
http://blogs.itmedia.co.jp/ryosan/
一寸のムシにも五分のタマシイ - 文芸社
https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-18759-4.jsp


著者プロフィール
岡 涼介
(オカ リョウスケ)
Pegasystems シニア・システム・アーキテクト(P r o fe s s io n  service /Consultant)
1999年にワーキングホリデーで来豪。University of W e s t e r n  S y d n e yを卒業後、日系と外資系の両方でI Tエンジニアとして約8年シドニーで働く。その後、日本に帰国し日本IBMなどの外資系でさらなる経験を積む傍ら、社会貢献や投資などのプロジェクトにも意欲的に取り組む。再度シドニーに来豪し、現在はアプリケーション構築コンサルタント・開発として主に政府や金融関係のプロジェクトに携わる。


 

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

【Call to Action!人を動かす コミュニケーション】Vol.9 自己紹介スピーチ

更新 16/07/2019

チアーズ編集部

先月から直属のマネージャーが代わり、隔週でOne on One(対面ミーティング)やグループ・...

働く
Side girl 201907
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示