オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

特集:カフェ検索ヒットランキング TOP6


%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89 43

特集:飲食に力を入れるチアーズウェブサイト
カフェ検索ヒットランキング TOP6

今回の特集では、弊誌ウェブサイトCHEERS.COM.AU 内で力を入れている、飲食系カフェ部門の中から、特に検索数の多かったカフェ6件を紹介したい。北はモナベールから南はロックデールまで、いいお店が集まっているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

♦最先端カフェが集うマリックビルの実力店
Double Tap Coffee

マリックビルに未だに残る工場地帯にオアシスのように存在する『Double Tap Coffee』は、大きなウッドの看板と、光が差し込むインテリア、そして壁に描かれたコーヒープラントのグラフィックが印象的だ。グースネックのポットからゆっくりお湯を注ぎフィルターコーヒーを淹れるオーナーのダニエル・カラコンジ氏は、コーヒー業界では誰でも知られている人物。15年前にサリーヒルズに穴場カフェ『Kafa』をオープンしたダニエルは、その後、本格的にコーヒーの追及をするべく、名所『Coffee Alchemy』の門を叩き、バリスタから、ヘッドバリスタ、ロースターへとキャリアアップしていった。コーヒーの評判だけでなく、彼の笑顔とそのフレンドリーな人間性も認められ、常連はもとより、噂を聞きつけて遠くからのカスタマーが集まった。10年間でトップまでたどり着いたとき、ホスピタリティの初心に立ち返り、安定している自分を見つめ直すべく、ダブルタップ・コーヒーをオープンした。オーストラリアのコーヒーシーンのショーケースのように、数日毎に厳選豆を選び、オススメの各州のビーンズを使用する当店。クリーミーにスチーミングされたミルクベースにはご自慢のハウスブレンドを使用し、エスプレッソやフィルターコーヒーにはメルボルンの『Market Lane Coffee』や『ACoffee』、ブリスベンの『Parallel Roasters』、シドニーの『Sample Coffee』や『Artificer Specialty Coffee Bar & Roastery』などと、豆からコーヒーまでのルーツをこだわる物ばかりを用意。当店で扱うケニア産のフィルター・コーヒーはコクのと酸味のバランスがよく、フローラルな後味が感じられる。

Pour over


スペシャリティ・コーヒーの代表とも言えるプアオーバー。当店ではひとつの地域で育った高品質なシングル・オリジンを使用。紅茶のように上品な味わいのなかにフルーティを感じる。

54/56 Smith St., Marrickville
TEL: 0404 475 430
WEB: www.doubletapcoffee.com.au
営業時間:月~金 6am~3pm、土 7am~1pm

♦ファイン・ダイニング・クオリティをリーズナブルに楽しむ
The Angry Gnome
Espresso Bar


 

ボタニー・ベイからほど近いサウスエリアの町ロックデール。プリンセス・ハイウェイ沿いのショップを眺めていると、古き良き時代のシドニーにタイムスリップした感覚になる。そんなロックデールの何気ないアーケード内に、カフェ・フードの最先端を目指す穴場カフェ『The Angry Gnome Espresso Bar』がある。カウンターで働くクリスティーナさんとキャメロンさんは、常連客と世間話を交えジョークを飛ばしながら、手際よくフードとコーヒーをさばいてく。そしてすぐに悟ことだろう。美しきエルフのようなクリスティーナさんの横で、怪訝な表情で繊細な料理を仕上げるキャメロンさんが、店名に由来していることを。イギリスで生まれ育ち、10代の頃からシェフを目指したキャメロンさんは、老舗『Marriott Sprowston Manor Hotel』に見習いとして入り腕を磨いた。そこで覚えたファイン・ダイニングのスキルを、渡豪後にメルボルンの『Reserve』や『Hugemont』といったトップレストランで発揮。チャンネル10の人気番組『Masterchef』の司会者ジョージ・コロンバリス氏が10年前にヘッドシェフを務めていたレストランでは、右手の存在にまで上り詰めている。ブロッコリーやメキャベツを使用したサラダや抹茶とアボカドのフルーツボウルなど、斬新なアイデアのディッシュには彼の食材に対する好奇心が現れている。ファインダイニングの技術をできる限りリーズナブルな価格で楽しめる当店に、ぜひ一度足を運んでみてほしい。

Mushroom Madness


種類たっぷりのキノコをサワードウトーストにのせてトリュフオイルで香り高く仕上げている。キノコの食感と種類豊富の味比べが楽しい。

495 Princes Hwy., Rockdale
TEL:0413 131 040
WEB:www.theangrygnome.com.au
営業時間:月~金 6am~4pm、土 7am~3pm

 


♦モナベールで日本茶とカフェフードを楽しむ
Japanese Tea House Cafe Monaka

ノーザンビーチで日本茶と和風カフェフードが楽しめるジャパニーズカフェ『Monaka』。オーナーのブンさんは、フレッシュウォーターのハット・イタリアン・レストラン『Pilu at Freshwater』や、ノーザンビーチで展開する『The Boathouse Group』でヘッドシェフを務め腕を磨いてきた。小学校の目の前に位置し、子供たちの賑やかな笑い声が心地よく届く当店の暖簾をくぐれば、店内はぬくもりのある木目と深緑で統一され、天井の提灯が優しくフードを照らす。メニューは、カフェフードに和のテイストが添えられたものが多いなか、朝定食やカレーライス、カツサンドなど、日本人が唸るようなお馴染みの日本食も楽しめる。そして料理を引き立てるように用意された煎茶のバラエティは豊富。無農薬栽培の手作りオーガニック茶のみを扱い、人とお茶をつなげる日本茶ディストリビューター『PNT』と提携を結んでいるため、日本各地から選び抜いたオーガニックティーをノーザンビーチで楽しむことができるのだ。また、『Single O』のオリジナルブレンドを使用したコーヒーをはじめ、抹茶ラテやほうじ茶ラテなども提供している。スイーツでは、モナカや抹茶シフォンケーキ、日本スタイルのパフェなどがオススメだ。

Poke Bowl


サーモンに、紅白なます、シーウィード、枝豆、水菜、アボカドなど、栄養満点な食材がどっさり入ったポケボールは、海苔と胡麻で和風の仕上がりに。

〝Monaka〟 Ice cream Sandwich


あんことアイスのほどよい甘みを日本から取り寄せたサクサクのモナカが包み込む。バニラ、セサミ、抹茶から選ぶことができる。

2 / 24 Waratah St., Mona Vale
TEL:(02) 9999 0836
WEB:cafemonaka.com
営業時間:月~金 7am~3pm、土、日 9am~3pm

 

 

♦インスタグラマーがこぞって訪れる人気店
Baby Coffee Co

パステルブルーの壁にピンクのベルベットチェアとピンクのネオンサインがひと際目立つ、キュートでグラマラスなカフェ『Baby Coffee Co』。ウォータールーで注目の当店は、その可愛らしいインテリアはもとより、美しくプレゼンテーションされた料理の数々が、インスタグラマーや女子から大変な人気を博している。ピンクが強い女子うけ間違いないカフェだが、店を切り盛りするオーナーシェフ3人はゴリゴリの男性。バスケットボール仲間であり、ピップホップ好きという彼らから、このお店のコンセプトが登場したとは意外。ブランチやデザートをスペシャリティとする当店のエスプレッソ・パンナコッタは、ファインダイングシェフ顔負けの逸品だ。それもそのはず、『Baby Coffee Co』のコンサルタントはサーキュラキーのファインダイニング『Quay』で勤め上げたという、とあるイタリア人シェフなのだという。現在は別のお店に雇われており、極秘にこのプロジェクトにかかわったため、名前は公開できないのだとか。朝食の定番、ベーコン&エッグにはベーコンではなくプルドポーク、フレンチフライにはペコリーノチーズとブラックペッパーがふりかけられるなど、カフェの定番メニューがひとひねり、ふたひねりされているのが、当店の特徴といえよう。

Baby Benny


ブリックフィールドのクロワッサンに、スモークサーモン、ホウレンソウ、ポーチドエッグ、ホランデーズソースを挟み上げた格別のエッグズベネディクト

Cinnamon Hot Cake


シナモンの香りが豊かな、フワフワに焼かれたシナモンホットケーキは、ベリー風味のマスカルポーネとともにいただくと風味とコクがぐっとアップ。

Shop 1, 810 Elizabeth St., Waterloo
TEL: 0468 462 229
WEB:babycoffeeco.com.au
営業時間: ブランチ火~土 7am~3pm
ディナー水~土 5pm~11pm

 

♦斬新な色使いとプレゼンテーションが話題Two Sis & Co.


オープンから1年半にして、1万人近くのインスタグラムのフォロワー数を誇る『Two Sis & Co.』。ピアモントの目抜き通り、ハリス・ストリートに位置する当店の店内は、目の前に広がるバナナリーフのフィーチャーウォールが視覚に訴え、南国のムードをたっぷりと演出してくれる。若者を中心に、インスタグラマーやブロガーがこぞって訪れる当店。周りのテーブルを見回すと、ピンクやエメラルド、ラベンダー、ベビーブルーなど、料理のポップなカラーが目に飛び込んでくる。斬新な色使いや個性的なプレゼンテーションからは、味の創造がなかなかできないかもしれないが、『Three Williams』や『Cafe Mojo』などで経験を積んだシェフたちが腕を振るう、その洗練された味はたしかなものだ。視覚と味覚のギャップが逆にこれまでにない新感覚で面白い。また当店には日本人シェフの北守遥奈さんが働いており、彼女の影響からか、抹茶や蕎麦、ラーメンなど、和にインスパイアされた料理も多く取りいれられている。

Mermaid Pancakes


海を表現した青いパンケーキに、マスカルポーネを挟み、ピーナッツバターソースを上からかけた究極のデザート。チョコレートで作ったマーメイドが乙女心をくすぐる。

住所:306 Harris St., Pyrmont
TEL:0451 594 665
営業時間:平日 7am~4pm、週末 7:30am~4pm
WEB:www.instagram.com/twosispyrmont


♦ニュートラルベイの話題の和カフェ
Cafe Porco

ノースの日本食街ニュートラルベイの目抜き通りにある、和のテイストをふんだんに盛り込んだカフェ『CafePorco』。ゆったり35席を配置した広い店内には、舌の肥えたノースエリアの日本人マダムたちが集まる。オーナーシェフの由良徹平さんは、タウンホールの『歌舞伎・松緑』や『さくら亭』を経営し、シドニーに和食文化を根付かせた由良善ひろさんの甥にあたる人物。歌舞伎・松緑のお手伝いという形で、和食と出会い、シドニーでのキャリアがスタートした徹平さん。レッドファーンのカフェ『Oratnek』や『Spanish Sakaba』といった和を生かしたフュージョン系の飲食店での経験を経て、ついにこの地でカフェオーナーの夢を実現した。こだわりのメニューの数々には、経験を生かした和のテイストがしっかりと生きている。ランチの人気商品はポルコ・カツ・サンドやオムライスなどのジャパニーズ・ディッシュのほか、ボンゴレやポケボールなども人気が高い。朝食メニューはベーコンエッグロールやクロワッサン・ベネディクトなど、ローカライズされたメニューが並ぶのだが、使用するパンをエンモアの人気日系ベーカリー『AZUKI』のものをチョイスしたり、マッシュルーム・トーストに柚子味噌を使用したしとひとひねり効いている。スイーツには豆腐チーズケーキや抹茶パンナコッタ、抹茶アフォガトなどが楽しめる。

Japanese Vongore


イタリアの老舗パスタブランド ラ・モリサーナを使用しているため、モチモチの食感を楽しめる。日本から取り寄せた和風出汁とにんにく、バターの相性がバツグンで塩昆布のアクセントがよい。

French Toast+ Ice Cream


フレッシュベリーやブラックハニー、レモンバーム、エディブルフラワーなどで飾られた視的にも美しいフレンチトースト。日系ベーカリーAZUKIのフワフワなパンを使用。

Shop1/99 Military Rd., Neutral Bay
TEL:0450 792 099
営業時間:火・水:7am~5pm、木・金:7am~10pm、土:8am~10pm、日:8am~5pm
月曜定休
 

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

特集:カフェ検索ヒットランキング TOP6

25/07/2019

チアーズ編集部

特集:飲食に力を入れるチアーズウェブサイト カフェ検索ヒットランキング TOP 今回の特集では、...

ビューティ・癒し

テイミーのビューティークリニック第50回

24/07/2019

チアーズ編集部

No moreカロリー増加! ヘルシー&キレイになれるビューティースナック3選 オーストラリア在住者の悩みと言えば...

ビューティ・癒し
Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示