オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

かんたんスイーツ作りで 男子の心を鷲掴め企画 Vol. 4


%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89 1

プロが教える 家でもできる!

栗のカップシフォン
 

材料
・型:直径5㎝高さ4.5㎝の紙製
 Baking cups     8個 
・卵    2個
・砂糖     40g
・小麦粉     40g 
*渋皮煮の煮汁    15g
*ミルク    15g 
 (渋皮煮の煮汁がなければミルク30g)
*油    10g
・栗の渋皮煮    4個
小さく刻み、小麦粉の一部をまぶしておく。

デコレーション
・クリーム    100g
・砂糖     5g
・栗のクリーム    13g
・栗の渋皮煮    2個
始める前に:
オーブンは180℃に予熱しておく。
*の液体すべてを合わせてボールに入れ、湯煎かレンジで20秒ほど温めておく。

①卵を卵黄と卵白に分け、卵黄に半量の砂糖20gを加えて白っぽくなるまで泡立てる。

②卵白にひとつまみの塩を加え、泡だて器で残りの砂糖を3回に分けて加え、すくって軽くおじぎをするくらいまで泡立てる。

③温めた*を混ぜながら加え、②のメレンゲの1/3量を加え、泡だて器で混ぜ合わせる。

④残りのメレンゲの1/2量を加え、小麦粉を再度ふるい入れる。

⑤小麦粉をまぶしておいた栗の渋皮煮も加える。

⑥ゴムベラで底から持ち上げるように混ぜ合わせ、混ざりきる手前(メレンゲの筋がまだ見える状態)で最後のメレンゲを加え、艶が出るまで混ぜ合わせる。

⑦型に入れ180℃のオーブンで12分~15分ほど焼く。


⑧クリームに砂糖と栗のクリームを加えて泡立て、冷めたシフォンケーキにデコレーションする。栗の渋皮煮があれば1/4にカットし上に飾る(細いノズルがあれば中にクリームを注入してもよし)。
 

Maki Wong

TAFEでコマーシャル・クッカリーCertificate IVを取得後シェフとして働く。大好きなモンブランをはじめ、日本のケーキをシドニーの人々にも食べてもらいたい!と日本で製菓を学ぶため帰国。学校に通う傍ら、パティスリーカカオエット・パリや菓子工房リュバンなどのパティスリーで修行。シドニーに戻り、Peranakan Placeでシェフを務めながら、Maki's Patisserieを設立し、ひとつずつ丁寧に作れるよう完全注文制でケーキを販売している。ご意見・ご質問はこちらまで:[email protected]

2016年にMaki's Patisserieを設立。完全注文制で注文を頂いてからひとつ一つ手作りしている。イチゴショートケーキやモンブランをはじめ、日本のよきケーキをシドニーの人々にお届けしている。デザイン持ち込みの誕生日ケーキなども人気。

完全注文制!
作り置きは一切せず、すべてのケーキはオーダーを頂いてからひとつずつ丁寧に作らさせていただいています。余裕を持って3日前までにご予約ください。急ぎのオーダーはお電話ください。

Tel:(02)97378890/0417 213 121
Web:http://makispatisserie.com
http://www.facebook.com/makispatisserie/
E-mail: [email protected]
Address: 139 Parramatta Road, Auburn
(レストランPeranakan Placeと同じ場所になります)

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

かんたんスイーツ作りで 男子の心を鷲掴め企画 Vol. 9

09/01/2020

チアーズ編集部

プロが教える家でもできる! コーヒーのブランマンジェ お好みのグラス 5個分 材料 牛乳 300g コーヒー豆...

料理

かんたんスイーツ作りで 男子の心を鷲掴め企画 Vol. 7

10/11/2019

チアーズ編集部

プロが教える家でもできる! かぼちゃプリン 直径6ココット型 6個 材料 •かぼちゃ正味 250g •卵 2個 •...

料理
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示