オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

シドニーシティの 新アイコニックスポット Darling Square


%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89 10

NSW州政府が3.4兆ドルをかけて行ってきたダーリングハーバーのリバイバルプロジェクトの最終段階となるダーリングスクエアが完成間近となり、多くのレストランやショップがオープン、またはソフトオープンし、シドニーサイダーの注目を集めている。かつてはエンターテイメントセンターがあった敷地内には、日本の建築家、隈研吾氏が手掛けた、コイル状の木製ファサードで覆われた複合施設、The Exchangeがそびえ立ち、シドニーシティの新アイコニックスポットとして期待が寄せられている。シドニーシティの図書館をはじめ、チャイルドケア、イベントやセミナー、ワークショップに最適なスペースが設けられた同施設のグラウンドフロアには、12のハイクオリティフードアウトレットで成り立つ「Maker's Dozen」がオープン。また、広々とした芝生エリアに加え、多くのベンチやアウトドアテーブルが設置された開放的なパブリックスペースを囲むように、名店が次々と暖簾を揚げている。今月はデートに最適の新スポット、ダーリングスクエアを調査して参りました!

 

MATCHA-YA


 

『れんが家』をはじめ、うどん専門店『まっぺん』や丼もの専門店『おいでん』などで知られるアイズグループが手掛ける抹茶専門店『MATCHA-YA』。どこよりも早くこの新施設に目をつけ、昨年オープンした当店では、抹茶が主役のあらゆるドリンクをはじめ、スイーツ、さらには抹茶うどんやヌードル、抹茶ライスを使用したカレーなど、斬新でインスタ映え間違いなしのメニューが並ぶ。

NW.05 10 Steam Mill Lane, Haymarket
営業時間:
日~木/ 12pm-10pm (LAST ORDER  9:30pm)
金~土/ 12pm-10:30pm(LAST ORDER 10:00pm)
WEB: https://matchaya.com.au/
 

Hakata-Maru Ramen

ノースシドニー、チャッツウッドと、ノースエリアで確かな人気を集める博多とんこつラーメン専門店『博多ん丸』。2016年、第1号店であったマーケットシティ店が、フードコート一体のリニューアルにより、惜しまれながら閉店。シティサイダーにとっては待ちに待ったシティ店の復活のため、ソフトオープン中であった取材時も、ラーメンラバーズによる長蛇の列ができていた。

Spicy Miso Tonkotsu $16.50
コクのある味噌豚骨ラーメンは野菜たっぷりで人気。

Shop 5/6 6-8 Nicolle Walk, Haymarket
営業時間:7 Days ランチ11:30am-2:30pm、
ディナー5:30pm-8:30pm
 

Saga Lyte

インスタグラムのフォロワー数が72万越えの人気ペイストリーシェフ、アンドリュー•ボウデン氏(ユーザーネームAndybowdy)が手掛ける『Saga Lyte』。2017年にエンモアにオープンした『Saga Café』の人気デザートやサンドイッチ、ひとひねりされたソーセージロールなどが、コーヒーとともに並ぶ。アンディーのデザートはその斬新なプレゼンテーションが人気で、インスタグラマーにはもってこい。元々はホールケーキとしてデザインされていた、“ミニバージョン”デザートは外せない。

Mini Cake- Peggy $15 
パッションフルーツババロアやチョコレートファッジ、チーズケーキが何層にも重ねられた、甘さ控え目の大人デザート。シェアに最適。

The Exchange, Ground Floor, 
1 Little Pier St., Haymarket
営業時間:7 Days 8am-6pm
 

Pasta Wafu

『Ume Burger』や 『Ume Bar』の仕掛け人として知られる、カービー・クレイグ氏と『BarH』や『Banksii』を手掛けたヘイミッシュ・インガム氏による夢のコラボプロジェクト『Pasta Wafu』。カービーが日本を訪れたさいに、明太子や海苔、醤油など、日本風にアレンジされたパスタに魅せられ、自身でも作るようになったという和風パスタを自家製の生麺で提供する。味噌ボロネーゼやウニのクリームパスタ、明太子、さらにはトリュフやタスマニア産のワサビを使用したパスタも近日メニューに並ぶという。

Mentaiko Pasta $14 
もちもちの出来立てパスタにたっぷり明太子とネギ、刻みノリとシンプルだが完璧なコンビネーション。

The Exchange, 1 Little Pier St.,Haymarket 
WEB:pastawafu.com

 

Bubble Nini Tea

タピオカブームにより、オーストラリアでも次々と登場するバブルティーショップ。今回2号店としてダーリングスクエアにオープンした『Bubble NiniTea』は“花屋とコラボ”というユニークな発想で生まれ、ドリンクはもちろん、花束も販売されている。当店のタピオカはすべてハンドメイドで、防腐剤を使用しないため、消費期限は1日のみ。また台湾のサトウキビのみ使用というこだわりぶりだ。色合いもフローラルで可愛らしくインスタに◎

Honey I'm Home $6.50(右)
チアシードやアロエジェリーなど、健康と美容に嬉しいトッピングを含んだ、柑橘系の爽やかドリンク。夏に向けてぜひチェックしたい。

So Matcha Love $6.50(左)
もはやタピオカドリンクの定番、抹茶ミルク。好みの甘さに合わせ抹茶とミルクを混ぜてみよう。

The Exchange, Ground Floor, 1 Little Pier St., Haymarket

Bau Truong

ベトナム街として知られるキャブラマッタで、10年以上も展開する人気店『Bau Truong』。有名シェフやSNSに頼ることなく、忠実なファンによって支えられてきた当店。2号店となるダーリングスクエア店では、シグネチャーのホームスタイルベトナミーズをはじめ、食材や調理法をモダンにアレンジしたモダンフュージョンも提供する。ベトナミーズタコスやピザなど、これまでにない新しいベトナム料理にチャレンジ!

Pho Salmon slice with dill $14 
半ナマのサーモンとディルが乗った新感覚のフォーはマストトライ。

Banh Trang Gion $10 for 2
Prawn Cocktail & Vegetatarian
サクッと揚げたライスペーパーに、レタスやピクルス、エビなどが詰まったべトナミーズタコス。      

The Exchange, Ground Floor,
 1 Little Pier St., Haymarket
 

Gelato Messina

数あるジェラート専門店の中で一番人気と言っても過言ではない『Gelato Messina』。当店ではシドニーでは初となる、ポゼッティという特殊のジェラートキャビネットを導入。ジェラートを保存するトラディショナルな方法だというが、お客様が中身を見られるようにガラス張りになったのはここ最近のことだとか。ウッドとホワイトを基調にした店内は落ち着いた空間で、ついつい座って食べたくなってしまう。

住所:1/19 Little Hay St., Haymarket
営業時間:月~木11:30am-10:30pm、
金~土11:30am-11:30pm、
日11:30am-10pm
WEB: https://gelatomessina.com/stores/darling-square
 

Edition Coffee Roasters

スカンジナビアと日本のディッシュを取り入れたユニークなメニューが評判の『Edition Coffee Roasters』。スカンジナビア風オープンサンドをはじめ、弁当ボックス、カツバーガーやジャパニーズパンケーキなど、選ぶのに一苦労しそう。ダーリングスクエアでコーヒーを飲みたくなったら、ビーンズのロースティングも行っている当店のコーヒーに間違いはない。

60 Darling Dr., Haymarket
営業時間:月~木7am-5pm、金7pm-10pm、土~日8pm-6pm
WEB: https://www.editioncoffeeroasters.com/
 

Dopa Donburi and Milk Bar

シドニーのカフェ業界で名を馳せる『Devon Café』の最新プロジェクト、『Dopa Donburi and Milk Bar』は、デザートとセイボリーを50/50で提供する新コンセプトカフェ。元ズンボのペイストリーシェフ、マーカス•アンドリュー氏とタグを組み、ティラミスパフェやイチゴのシュークリーム、ブラックセサミープディングなどを手掛ける。また各種丼ものやバーガーなど、カジュアルに訪れることができるメニューを取り揃えている。

Donburi
和牛丼や唐揚げ丼が半熟卵とともに食べられる。

住所: Little Hay St., Haymarket
営業時間:7 Days 8am-10pm
WEB: http://www.devoncafe.com.au/

 

Kürtősh

ハンガリーおよびルーマニアのトランシルヴァニア地方に伝わる焼き菓子クルトシュカラーチ(Kürtős kalács)を取り扱うカフェ、『Kürtősh』。クローズネストやランドウィックではすでに人気の当店では、棒にパン生地を巻きつけて回転させながら焼き上げる筒状のペイストリーに、シナモン&シュガーやピスタチオ、チョコレートなど、さまざまな味をトッピングして提供する。オーダーが入り次第焼き上げるため、アツアツを楽しめ、店内は甘くて香ばしい香りが漂う。

Kürtősh Pistachio
生地の外はパリパリ、中はふんわりの食感。ピスタチオが香ばしく一度食べたらやみつきに。

Nicolle Walk, Haymarket
WEB: http://kurtosh.com.au

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

2020年度版シドニーおせち一覧

新着 更新 17/11/2019

チアーズ編集部

昔ながらの製法で仕上げた豪華おせち お手軽にアーターモンでピックアップ可能! 日本人の憩いの場 姉川商店...

食べる・飲む

夏先取り!タピオカ シドニー map

05/10/2019

チアーズ編集部

今や日本やオーストラリアをはじめ、世界中で大ブームを巻き起こしている台湾発祥の飲料、タピオカドリンク。...

食べる・飲む
Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示