オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

反日韓国人グループ シドニー総領事会前で反日デモ


2019%e5%b9%b48%e6%9c%8814%e6%97%a5%e6%b0%b4%e6%9b%9c%e3%83%87%e3%83%a2%e9%85%8d%e5%b8%83%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e8%a1%a8%e7%b4%99 resized

2015年ストラスフィールド市の公共用地に慰安婦像を設置することに失敗した反日中韓団体KACA (The Committee of United Austral Korean-Chinese Alliance against Japanese War Crimes) の意思を引き継ぎ、201686日にAshfieldにあるUniting Church教会裏の駐車場に慰安婦像を持ち込んだ反日韓国人グループFCWSFriends of “Comfort Women” in SydneyまたはSYSOCHU“シドニー平和の少女像推進委員会”(二つのグループのメンバーは同一。実質のリーダはビビアン・パク氏)が814日、12時半から1時間、シドニー日本総領事館前で参加者約35人がデモを行った。

201512月の慰安婦問題に関する日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」から旧慰安婦の女性たちの70%以上に癒し金が支払われたが、その後今年7月に韓国側が一方的にこの財団を解散、基金5億円以上は宙に浮いた状態になっている。

FCWSは“日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯”(旧挺対協:“韓国挺身隊問題対策協議会”)のユン・ミヒャン代表の影響下にあり、韓国で国定記念日として制定され今年2回目を迎える「慰安婦の日」814日に、第1400回水曜デモおよび第7回世界日本軍「慰安婦」の日・世界連帯集会と称してのデモを行った。日韓関係は過去最悪という状況にあり、ムン・ジェイン政権官製の不買運動を中心とした反日運動が韓国で展開されているが、ここ豪州でも14日のムン・ジェイン大統領の慰安婦問題を国際社会と共有し拡散していくというFBのメッセージと同期して反日活動が展開された。今回の水曜デモの特徴は現職のThe GreensNSW州議会議員や社会主義者グループといった左翼のゲストスピーカーを招いたことで、「NO 安倍!」(韓国本土の反日運動に使用されているものと同じ)、「Legal Repatriation/法律的な賠償」という二つのプラカードを掲げ、Apology to Comfort Women”と叫んで気勢を上げた。The GreensDavid Shoebridge州議院議員は「第2次大戦当時の天皇を戴いた日本はWar Machineであり、数十万人の女性を強制的に性奴隷の犠牲者とした。日本の現政権に対し私はこの戦争犯罪を認め犠牲者に陳謝するよう呼びかける」と反日グループの主張に沿って、日本総領事館の前で日本を傷・誹謗した。日本総領事館は外務省本省とこの発言に対する対処を検討するとのことである。

 

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

反日韓国人グループ シドニー総領事会前で反日デモ

13/09/2019

チアーズ編集部

2015年ストラスフィールド市の公共用地に慰安婦像を設置することに失敗した反日中韓団体KACA (The...

社会

AJCNのオーストラリア通信

12/09/2019

チアーズ編集部

Pro-China and pro-Hong Kong students clash at University...

社会
Side girl 2019 0701
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示