オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

カウラ脱走事件75周年 桜祭り最終日にも カウラ墓地で追悼法要


Artboard 1

シドニーから西へ約320キロメートル、車で約3時間のカウラの町で太平洋戦争中に起こった「カウラ脱走事件」から75年目を迎えた今年も、8月5日の慰霊式に続き、桜祭り最終日の9月29日にもカウラ戦没者墓地にて追悼式典(Service of Respect)が行われた。
日系団体からは松尾秀明主席領事をはじめ、宮地宏シドニー商工会議所会頭、中城英喜シドニー日本人会会長、コステロ久恵シドニー日本クラブ会長、渡部重信 浄土真宗本願寺派(西本願寺)開教使、井川信也シドニー日本人国際学校、日本からは専修大学の合気道部代表が、そしてカウラ市からは、ビル•ウェスト•カウラ市長、ボブ•グリフィス•カウラ日本庭園首席、ゴードン•ロール•カウラブレイクアウト協会代表、ハービー•ニコルソン同副代表らが代表献花を行った。またシドニー日本人会バスツアーの一行やさくら合唱団団員、そして一般の参拝者が一同に集い、カウラ日本協会理事のトニー•ムーニー氏の司会の下、さくら合唱団の両国国家の合唱等があり、式典が厳かに営なまれた。
カウラ脱走事件では、4名のオーストラリア兵と231名の日本人捕虜が死亡。悲劇的な結果をもたらしたものの、その後カウラ市は日本との和解を草の根レベルで働きかけたことで、現在は市民による平和の構築が進み、世界平和の鐘や日本人墓地、日本庭園がある「平和の町」として、その名を世界に知られるようになっている。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

Good Foodで15点を獲得しワンハット確定? Chaco Barがポッツポイントに登場!

26/01/2020

チアーズ編集部

昨年末ポッツポイントへ移転した、焼鳥専門店『ChacoBar』。移転早々、...

暮らす・情報

アイエス留学ネットワーク 創設25周年パーティ開催

16/01/2020

チアーズ編集部

オーストラリア留学、ワーキングホリデーのスペシャリストとして1994年に創設した、...

暮らす・情報
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示