オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

かんたんスイーツ作りで 男子の心を鷲掴め企画 Vol. 7


Artboard 14

プロが教える 家でもできる!

かぼちゃプリン 

直径6㎝ココット型    6個

材料
•かぼちゃ 正味    250g
•卵    2個
•卵黄    1個
•グラニュー糖    50g
•牛乳    100g
•生クリーム    100g
•バニラエッセンス    少々

<カラメル>
•グラニュー糖    50g
•お湯    50g

<オプション:デコレーション>
•生クリーム    100g
•グラニュー糖    7g
•チョコレート細工など

始める前に:
オーブンは170℃に予熱しておく。

①かぼちゃを皮付きのまま大きくカットし、オーブンで40~50分程ローストする(時間がない場合は小さくカットしてレンジで4~5分加熱してもOK)。


②カラメルを作る。砂糖を小鍋に入れて火にかける。砂糖がだんだん溶けて縁が色づいてきたら少し鍋をゆすって均一なカラメル色になるようにする。濃い目のカラメルができたら火を止めてお湯を加える(火傷に注意!)。後がけの場合はこのまま冷まし、型に入れる場合は型に入れて冷ましておく。


③熱いうちにかぼちゃを裏ごしし、粗熱をとる。


④かぼちゃにグラニュー糖を加え混ぜ、溶いた卵を少しずつ加える。


⑤牛乳と生クリームを少しずつ加え、バニラエッセンスを数滴たらす。

⑥再度裏ごしたものを型に流し、160℃のオーブンで30分程湯煎焼きする。

  
⑦冷蔵庫で4時間ほど冷やし、カラメルを流す。


⑧お好みで生クリームを泡立て、絞って飾ってもOK。ハロウィーン使用でパーツをチョコレートで作って飾る場合はカラメルを予め下に敷いてからプリン液を流して焼いてください。

Maki Wong

TAFEでコマーシャル・クッカリーCertificate IVを取得後シェフとして働く。大好きなモンブランをはじめ、日本のケーキをシドニーの人々にも食べてもらいたい!と日本で製菓を学ぶため帰国。学校に通う傍ら、パティスリーカカオエット・パリや菓子工房リュバンなどのパティスリーで修行。シドニーに戻り、Peranakan Placeでシェフを務めながら、Maki's Patisserieを設立し、ひとつずつ丁寧に作れるよう完全注文制でケーキを販売している。ご意見・ご質問はこちらまで:maki.w@outlook.com

2016年にMaki's Patisserieを設立。完全注文制で注文を頂いてからひとつ一つ手作りしている。イチゴショートケーキやモンブランをはじめ、日本のよきケーキをシドニーの人々にお届けしている。デザイン持ち込みの誕生日ケーキなども人気。

完全注文制!
作り置きは一切せず、すべてのケーキはオーダーを頂いてからひとつずつ丁寧に作らさせていただいています。余裕を持って3日前までにご予約ください。急ぎのオーダーはお電話ください。

Tel:(02)97378890/0417 213 121
Web:http://makispatisserie.com
http://www.facebook.com/makispatisserie/
E-mail: order@makispatisserie.com
Address: 139 Parramatta Road, Auburn
(レストランPeranakan Placeと同じ場所になります)

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

かんたんスイーツ作りで 男子の心を鷲掴め企画 Vol. 7

10/11/2019

チアーズ編集部

プロが教える家でもできる! かぼちゃプリン 直径6ココット型 6個 材料 •かぼちゃ正味 250g •卵 2個 •...

料理

凄腕シェフが作る キャンプ飯

06/11/2019

チアーズ編集部

キャンプをする場所が決まったら、次はご飯。今回はシドニーで活躍する日本人シェフの方々に、 キャンプの醍醐味「...

料理
Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示