オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

先輩のファーム体験記


Artboard 23

ワーキングホリデーが得するプチ情報をお届け

オーストラリアで生涯忘れることのできない思い出を重ねるなか、徐々に迫りくる帰国という名の現実に悩まされる日々。「まだまだ英語を伸ばしたい」「海外で大恋愛がしたい」。そんな思いと田舎の雇用条件を、政府がマッチングさせたした制度、それがファームワーク。オーストラリアの田舎体験を思う存分満喫でき、セカンドワーキングホリデービザへのパスポートがゲットできるファームジョブをこれからチャレンジする方へ。先輩のファーム体験記をご紹介!

高橋優太郎
●出身地: 新潟県 ●来豪年月: 2015年9月 ●年齢: 28歳 ●最高週給:800㌦ ●滞在場所:ケアンズから車で1時間ほど内陸に入ったAthertonでアボカドのピッキングとパッキング

ワーホリを始めた理由は?

もともと大学時代にひとり旅にはまっていて、ヨーロッパを中心によく海外に出ていました。大学卒業後就職して、日々仕事をこなしていく中で、人生一度きりだから本当にやりたいことをやりたいと思い、思い切ってワーホリをすることにしました。

オーストラリアを選んだ理由は?

ワーホリと言ったら「オーストラリア」しか思いつきませんでした。周りにオーストラリアでワーホリをした人も何人かいたので、その人たちの話も頭に残っていたのか、直感で決めましたね(笑)。
ワーホリ前は日本でどんなことを、またオーストラリアではどんな仕事や勉強をしてきました?
東京では不動産の営業をしていました。オーストラリアでは正直、色々な仕事をしてきました。来豪直後に派遣会社に登録し、そこから単発の仕事だったり、1週間、1ヵ月と続く仕事をもらい、不安定ながらも楽しく働いてきました! ドカタ、運送、オフィスの引越し、展示会会場の設営、それからショッピングモールのクリスマスデコレーションの仕事なんかもしました。またこれらの仕事繋がりで、フルタイムで採用してもらった家具のショウルームでは長いこと働いていました。学生ビザになってからは鉄板焼きのシェフを2年ほどやっています!

なぜファームジョブをしようと思いました?

オーストラリアに来て1ヵ月もしないくらいで、絶対ワーホリ延長しよう!ってなってましたね(笑)。当時はホステルに住んでいたのですが、毎日パーティして暮らしていて、楽しくて仕方なかったんです。正直速攻そういう結論に至ってました(笑)。

ファームを選ぶまでの経歴&選んだファームの紹介

 本当にコネクションっていうのは大切だなと思わされた経験ですが、ホステルでウェールズ人の男友達がファームジョブ経験者だったんです。彼が住んでいたワーキングホステルを紹介してもらいました。ケアンズから車で1時間ほど内陸に入った、Athertonという小さな町にあるホステルだったんですが、とにかく最初の印象は汚い、人多い、田舎すぎてやることない!でした(笑)。ただ、それもまあ不思議なことにすぐに慣れて、仲良い友達もたくさんできました。週末は、同じホステルに住んでる色んな国の友達とサッカーしたり、湖に泳ぎに行ったりなんかしてました。今でも人生で1番純粋に充実した日々を送れた時間だったなと思ってます。仕事に関しては週約40時間で、アボカドのピッキングとパッキングをやっていました。時給は$21.6だったので、最終的にはだいぶ貯金もできて良かったです。やっぱり自分の人生の中で、ああいう仕事をする機はなかなかなかったし、これからもないと思うので、とてもいい経験になりましたね! 友達もできたし! 一方、悪かった点は虫です。僕は虫が何よりも嫌いなんで、毎日かなりビビってましたね。特に、ピッキングもパッキングもタイミングによってはしないときもあって、そんなときは除草の仕事をもらってやってたんですけど、まあバッタやらなんやら1日中飛び交ってて、四六時中鳥肌立てて仕事していたこともありました。

ファームでの思い出

ファームという仕事自体は、毎日大変でしたけど、生活は本当に楽しかったですね。ワーキングホステルということもあって、多いときは120人くらいが住んでたんですが、みんなセカンド目的のために来ていたため長期滞在するので仲良くなるんですよ。なんか一種のファミリーというか。また街も小さいので、どこに行っても誰かしらに会うし、そんな田舎暮らしが大好きになって6ヵ月も居座ってしまいました(笑)。


ファームでの恋愛などはあるんですか?

あると思いますよ! 僕は彼女がいたのでファームでの恋愛はありませんが、僕のファームで日本人の男の子と台湾人の子が付き合い始めて、先日結婚したっていう報告がフェイスブックに載っていました! 他にも付き合い始めた人は何人もいたと思います! やることないんですよね、田舎なんで本当に(笑)。
ファームを選ぶさいのアドバイスや、注意点などはありますか?
間違いなく時給性の仕事を選んだほうがいいと思います。歩合制の所の話で、いい話をひとつも聞いたことがないです(笑)。あとはファームジョブを経てセカンドを取った人たちに、その後どこへ行ったか、紹介できるか、聞きまくることだと思います。

これからファームジョブをする人へのアドバイス

物凄く田舎だし、やり慣れてない仕事だし、最初はどうしても憂鬱な気分になる人の方が多いと思います! 僕もそうでした。でも物は考えようで、周りに色んな人がいるなら、殻を破ってたくさん友達を作ろう!数週間もすれば楽しくなると思います! とにかく楽しい時間になるか、きついだけの思い出になるかは、自分次第だと思います。

ワーホリ後のプランは?

永住権を取りたいと思っていて、それに沿ったレールの上をひたすら歩いてるのが現在です。仕事を辞め日本を出たときから、気に入ったら永住するくらいの勢いでやってやろう!と思ってきました。そこはもうブレないですね。元々は営業職をしていたので、いずれはオーストラリアでまた不動産業界に挑戦し直すのもありかな、なんて思っています。

あなたのファーム体験を思い出のページにしませんか?

これからファームへ行く方がトラブルなく、ファーム生活を過ごすことができるよう、アドバイスにご協力お願いいたします。ご応募は、info@cheers.com.auまで

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

先輩のファーム体験記

新着 更新 11/12/2019

チアーズ編集部

ワーキングホリデーが得するプチ情報をお届け オーストラリアで生涯忘れることのできない思い出を重ねるなか、...

働く

先輩のファーム体験記

10/11/2019

チアーズ編集部

ワーキングホリデーが得するプチ情報をお届け オーストラリアで生涯忘れることのできない思い出を重ねるなか、...

働く
Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示