オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

ワーホリやスチューデントに苦言を呈するも、ファームジョブに希望あり?


9391

スコット·モリソン豪首相は、4月3日14時の記者会見において、これまで発言を控えていたワーキングホリデービザや、スチューデントビザについて「自らを支えることができないのであれば、母国に戻る選択がある」、「現時点でオーストラリアは、市民とレジデントにフォーカスしなければならない」と苦言を呈した。また度重なる警告があったにもかかわらず、国内にはいまだにビジタービザで滞在する者もおり、「帰国する時間です」と強調した。

Mums food banner

一方で、現在地方への移動が禁じられている中、各ファームでの今後の人手不足を回避するため、ファームジョブを希望する方は、下記のサイトより「Self Isolation」を登録し、14日間の自宅隔離を終えた上で、移動が許されることになる。またピッカーの隔離チェック、ソーシャルディスタンスを守った宿泊施設の提供などは、ファームの責任となる。

ソーシャルディスタンスのルールは引き続き守る必要があるため、キャラバンでのグループ移動などはかたく禁じられる。

また医者やナースなど、現在必要とされている資格を持つビザホルダーについても、詳しくは述べなかったものの「チャンスはある」とした。なお、今回のコロナウイルスのクライシスにより生じている·今後生じるであろうビザ問題については、アシスタント外務大臣、アラン・タッジ氏から今後何らかの発表があることを示唆した。

ファームジョブを希望する方の自宅隔離の申請は下記より


https://covid-form.service.gov.au/


https://www.australia.gov.au/

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州学校予定通り再開へ 生徒・教師は週2回の抗原検査

23/01/2022

チアーズ編集部

NSW州の学校は予定通り1月28日から再開しますが、教師や生徒は週2回の抗原検査が義務付けられ、...

ニュース

NSW州隔離免除措置を発表 物流不足対応のため

10/01/2022

チアーズ編集部

NSW州では9日、食品製造、流通、加工など重要なサプライチェーン産業で働く労働者に対する隔離免除措置を発表しました...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する