オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

シドニー大学 NSW州のコロナ感染者のデータを一元化


Map


シドニー大学の研究チームが、NSWヘルスとのコラボレーションで、州内のCOVID-19症例の所在を示す検索可能な公開データベースを開発した。郵便番号と社会経済的地位によってCOVID-19の症例をピンポイントで特定することで、コミュニティ感染がより広範囲に広がった場合に大きなリスクを負う可能性のある集団を割り出すことを目的としている。また各郵便番号で最後に記録されたケースの日付も閲覧できることから、今後ソーシャルディスタンシング規制の緩和を決定するにあたり、有効的なツールとなる。
データベース制作者のひとりである同大学のアダム・カムラッド=スコット准教授によると、「特定の地域の規制が緩和されるには、最低で28日間感染がない、もしくは小規模であることが重要」と述べている。

Mums food banner

https://covid19-data.sydney.edu.au/

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

日本国に対する12月1日からの国境再開延期

29/11/2021

チアーズ編集部

オミクロン株のオーストラリア上陸を受けて、明日12月1日に予定されていた、...

ニュース

NSW州で2件のオミクロン株確認 3件目の可能性も

28/11/2021

チアーズ編集部

新型コロナウイルスの新たな変異株、オミクロン株がNSW州内で確認されました。NSW州保健省によると、...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する