オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

ヴァージン・オーストラリアが任意管理手続き


Virgin australia %28vh yfc%29 boeing 737 81d at sydney airport

オーストラリア航空2位のヴァージン・オーストラリアが任意管理手続きに入り、事実上の経営破綻となった。コロナウイルスの影響以前から7期連続で赤字を計上しており、コロナの影響で運行体制も悪化。同航空は政府に14億ドルの支援を要請していたが、90%が外国資本のため拒否されていた。負債は50憶ドルに上り、1万6000人が職を失うことになる。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

アルバニージー豪新首相、Quad参加のため訪日

新着 更新 23/05/2022

チアーズ編集部

オーストラリア総選挙で勝利した野党・労働党のアンソニー・アルバニージー党首が、5月23日月曜日、...

ニュース

豪総選挙で野党・労働党が勝利、9年ぶり政権交代の可能性

更新 23/05/2022

チアーズ編集部

5月21日土曜日、オーストラリア議会の総選挙が投開票され、アンソニー・アルバニージー氏率いる野党・労働党が下院(...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する