オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
ダイニングバー 霞

誤解されている事実2


第7回目 続き

誤解されている事実2 ~東京裁判と靖国問題~

前途指摘の通り、後にこの東京裁判に関わった当の本人たちも、東京裁判の違法性を指摘し、
間違っていたと謝罪するまでに至っています。

以下 韓国はなぜ反日か?より抜粋
1.マッカーサー元帥
昭和25年10月トルーマン大統領に対して「東京裁判は誤りであった」
告白。さらに昭和26年に米国上院において「日本がおこなった戦争は
正当防衛であり侵略戦争ではなかった」と公式に証言

2.インドのパール判事
日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった
西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく
勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と
主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった。

3.米国のブレークニー弁護士
日本は原爆に対して報復する権利を持つ」とウエッブ裁判長に抗議。

4.豪州のウエップ裁判長
帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。

5.オランダのレーリング判事
裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった
と発言。また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、
連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたから
それは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。
まさに復讐劇だった」と述べた。

6.フランスのベルナール判事
レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした。

7.アメリカのキーナン首席検事
日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
東京裁判は公正なものではなかった」と発言。

8.イギリスの国際法の権威ハンキー卿
『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
絶対に正しい」と明言。

9.イギリス法曹界の権威ビール氏
『野蛮への接近』という著書のなかで「東京裁判は勝者が敗者に加えた
野蛮きわまりない復讐行為である」と断言。

裁判中は嘘をついていた人たちも裁判が終わった後に自分の行為を恥じ、
法の概念そのものを冒涜した自分たちの判決の正反対の発言したのだ。

それほどまでにデタラメな裁判によって
日本は犯罪者に仕立てあげられてしまったのである。

ちなみに戦後のアメリカの議事録によれば、アイゼンハワー共和党政権下の
副大統領だったニクソンは占領時に憲法制定し日本に押しつけたことを
日本の国会で公式に謝罪している。
※韓国はなぜ反日か?より抜粋
http://peachy.a-auc.net/korea/korea3.html

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

BKD48www 続・中野先生のTPP問題

05/10/2011

ダイニングバー 霞

中国経済に陰り?! 今まで堅調だった新車販売台数が減少、マンション価格30%減などなど、...

社会

田母神俊雄元航空幕僚長講演

30/08/2011

ダイニングバー 霞

民主党新代表が野田に決定 敢えて野田を評価するところがあるとすれば、靖国神社への認識とりわけ、「...

社会
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示