オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

「カンガルーやエミューのように前進するのみ」 スコット·モリソン豪首相会見内容


Morriosn

■ 規制の緩和について、来週5月8日(金)に内閣が決定を下すと、スコット・モリソン首相が発表した。緩和を実現するために必要とされる15項目の基準のうち、すでに11項目が満たされたとし、予定より早い緩和に対して「オーストラリア人の努力のおかげ」だとした。また、オーストラリア人がCOVIDSafeアプリをダウンロードすることで、規制をより容易に緩和できるようになるとも述べた。現在のダウンロード数と登録数は350万件超。

Mums food banner

■ 一方で、「緩和はウイルスに勝ったことを示すものではない」「ビジネスの再開にはリスクが伴う」とも警告し、
コロナウイルスが脅威である限り、ソーシャルディスタンスは残るであろうとした。

■ 失業率は10%を超えると予想される。

■ オーストラリアの移住者数は前年比で85%減少。

■ エイジドケアの部門は、コロナウイルスのような病気から入居者を守るように新たに設計された業界規範に対応するために、2億500万ドルの一時的な支払いを受けることになる。メトロポリタンエリアでは入居者のベッド1台あたり900ドル、地方エリアでは同1350ドルの支払いを受けることが可能となる。

また会見後、首相官邸からスポーツとリクリエーションについての声明が発表された。
主な内容は以下

■ スポーツの再開は、健康、経済、社会的、文化的利益のために重要である。
■ スポーツとレクリエーションは段階的に再開する。はじめは小グループ(10人未満)におけるノンコンタクトの活動を開始。その後に、フルコンタクトのトレーニングやスポーツコンペを含む大規模なグループ(10人以上)の活動に移動する。
■ 最初の段階では、子供のアウトドアスポーツの再開を目指すが、親などの観戦者は厳格なソーシャルディスタンスを守る必要がある。また、屋外ベースのパーソナルトレーニングやブートキャンプ、ゴルフ、釣り、ブッシュウォーキング、水泳などの再開も同段階で目指す。
■ 具体的な決断は各州並びに準州が下す。
 

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州学校予定通り再開へ 生徒・教師は週2回の抗原検査

23/01/2022

チアーズ編集部

NSW州の学校は予定通り1月28日から再開しますが、教師や生徒は週2回の抗原検査が義務付けられ、...

ニュース

NSW州隔離免除措置を発表 物流不足対応のため

10/01/2022

チアーズ編集部

NSW州では9日、食品製造、流通、加工など重要なサプライチェーン産業で働く労働者に対する隔離免除措置を発表しました...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する