オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

規制緩和に向けて万全な体制 5月13日朝のニュース


1893

 

■ 昨日は8100人を超える検査が行われ、新たな感染者は6人。死者は1人増え、NSW州の死者数は47となった。亡くなったのはクルーズ船、ルビープリンセスの乗客であった。規制が緩和されるにつれて今度も感染者が増えることが予想されるが、多くの人が検査を受けられる体制は整っているとした。

Mums food banner

 

■ NSW州政府は、COVID-19対策のため投資した300万ドルの一環として、1500人以上の看護師が集中治療室(ICU)の再教育訓練を受けたと発表し、万が一の感染拡大に備えて万全な体制を整えていることを強調した。

 

■ 新型コロナウイルス感染との関連が疑われる川崎病がニューヨークで増加していることについて、NSW州の最高保健責任者博士ケリー・チャント氏は、「非常にまれな現象である」とし、「学校が安全でないことを意味するものではない」と述べた。1967年に日本人医師川崎富作が初めて報告をした川崎病は、子供の血管の炎症を引き起こし、重症化すると心臓障害を引き起こすと言われている。原因はいまだ解明されていないものの、ウイルスの関連性はかねてから報告されていた。オーストラリアでの症例は現在報告されていなが、連邦政府が緊急のアドバイスを求めている。

 

■ ジョシュ・フライデンバーグ財務長官によると、COVID-19の制限が解除されれば、経済は月に100億ドル近く拡大すると予想されるが、2回目のロックダウンが必要になった場合には莫大なコストがかかると警告。オーストラリアの経済は6月の四半期で500憶ドルの打撃を受けることが予想され、失業率も10%に上昇すると述べている。フライデンバーグは昨日の議会でひどく咳込み、直ちに検査を受けたが、陰性だったことが今朝発表された。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州学校予定通り再開へ 生徒・教師は週2回の抗原検査

23/01/2022

チアーズ編集部

NSW州の学校は予定通り1月28日から再開しますが、教師や生徒は週2回の抗原検査が義務付けられ、...

ニュース

NSW州隔離免除措置を発表 物流不足対応のため

10/01/2022

チアーズ編集部

NSW州では9日、食品製造、流通、加工など重要なサプライチェーン産業で働く労働者に対する隔離免除措置を発表しました...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する