オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

CovidSafeアプリはアップデートが必要 5月15日朝のニュース


App

 

■ 本日より規制の緩和がスタートするが、NSW州は豪政府が発表している3段階の緩和を、さらに細かく見るため「ステップにとらわれないでほしい」とした。状況に応じて業界別の緩和も検討されており、ヘルスリスクが少なく、高い経済効果が見込まれる業界は今後積極的に緩和を進める予定。規制緩和のために重要となる3つのデータは、1)高い検査率 2)感染源が不明な症例数 3)市民の行動パターン

Mums food banner

 

■ 豪政府は昨日5月14日にCovidSafeアプリのアップデートを発表。アプリが近くのブルートゥースにより無効化される問題を修正するためのアップデートであり、手動でインストールする必要がある。現在までに570万人が同アプリをダウンロードしている。

 

■ 昨日の検査数は12,212人に上り、うち新たな感染者数は8人。

 

■ 新たな感染者のうち3人の感染ルートは不明だが、ボンダイ・ウェイバリーとペンリスの既存のホットスポット内であるため、同エリアの方は検査を受けるよう促している。

 

■ 1人の感染者は、感染時期にブリスベンからシドニーに飛んでいることから、現在感染が疑われる乗客に連絡が取られている。問題となっている便は5月12日のブリスベン発、4:05pmシドニー着のQF537。

 

■ ベレジクランNSW州首相は、国外での感染拡大は公共交通機関による移動が大きな要因となっていることから、「公共交通機関を利用する方はピーク時の移動を避けるように」と強調。

 

■ NSW州政府はCovid-19の感染拡大に備え、89台の救急車を新たに導入したことを発表。この最新型の救急車にはコロナ患者の治療に必要とされる医療器具も装備されている。「規制緩和につれて感染のスパイクが起きることは想定内」とし、医療体制は万全とした。

 

■ Service NSWの47人の職員のEメールアカウントがハッキングされ、顧客の情報がアクセスされたことについて、デイモン·リースCEOは、内部のサイバーセキュリティチームが攻撃を阻止し、被害を限定することができたとした。Service NSWによると今回のハッキングは、電話やセンターの窓口で取引きされた内容を含んだEメールのコンテンツに限定されるとした。政府機関は、影響を受けた顧客に近日連絡を取る。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州学校予定通り再開へ 生徒・教師は週2回の抗原検査

23/01/2022

チアーズ編集部

NSW州の学校は予定通り1月28日から再開しますが、教師や生徒は週2回の抗原検査が義務付けられ、...

ニュース

NSW州隔離免除措置を発表 物流不足対応のため

10/01/2022

チアーズ編集部

NSW州では9日、食品製造、流通、加工など重要なサプライチェーン産業で働く労働者に対する隔離免除措置を発表しました...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する