オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

2023年サッカー女子W杯候補地 オーストラリア/ニュージーランドは1番目の評価


Img 6287

2023年サッカー女子ワールドカップの招致を目指す3ヵ国の評価報告書が国際サッカー連盟(FIFA)により発表され、共同開催を目指すオーストラリア/ニュージーランドが5点満点中4.1点でトップの評価を得たことがわかった。2番目の評価は3.9点で日本、3番はコロンビアで2.8点。一方招致を目指していたブラジルはコロナウイルス·パンデミックによる経済悪化を理由に今月8日に立候補を取り下げている。

オーストラリアサッカー連盟のクリス・ニコウ会長は、「私たちは2つの連盟からなる2つの国であり、世界サッカーにとって歴史的でエキサイティングな一歩になることで一致しています。2つの連盟による史上初の共同開催、アジア太平洋地域で史上初のFIFA女子ワールドカップ、そして南半球での初開催です。『As One』(ひとつとなり)、世界のサッカーファミリーに魅力的なオファーをすることができるでしょう」と述べている。

FIFA理事会は、今6月25日に開催地を決定するための投票を行う。

写真:FIFAによる現地視察では、地域の代表チームも参加し、グラスルーツサッカーをアピールした。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

メルボルンの規制緩和発表されず

新着 更新 25/10/2020

チアーズ編集部

10月25日に予定されていたメルボルン・メトロポリタンの規制緩和の発表が遅れることが明らかになった。 ダニアル・...

ニュース

クリスマスまでに州境再開で合意

新着 更新 25/10/2020

チアーズ編集部

10月23日、全国閣僚会議、ナショナルキャビネットが開催され、西オーストラリア州を除くすべての州、並びに準州が、...

ニュース
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示