オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

賃貸詐欺 パンデミックで急増


211

 

 オーストラリア政府のウェブサイト「スキャムウォッチ」によると、今年、賃貸や宿泊施設詐欺による被害がすでに30万ドル以上を超えているとされ、昨年に比べて76%増加しているという。

 スキャムウォッチはこれまでに560件の賃貸詐欺の報告を受けており、通報も昨年比で56%増加。その多くはCOVID-19パンデミックに関連した手口を使っており、新しい賃貸物件を探している人をターゲットに、偽の賃貸物件を提供し、お金や個人情報を騙してとっている。

 「詐欺師はCOVID-19の影響で家賃を下げ、政府の規制を利用して、物件をインスペクションさせないまま、騙してお金を振り込ませようとしている」とオーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)副会長のデリア・リカード氏は述べている。

 詐欺師は、不動産やクラシファイドサイトに広告を掲載したり、ソーシャルメディアに部屋を探していると投稿した人をターゲットにし、支払いや情報が提供された後に鍵を提供することを約束し、"テナント申込書 "を介して個人情報を確保している。「一旦詐欺師に個人情報を知られてしまうと、さらなる詐欺やなりすましの標的にされる危険性がある」とし、注意を呼び掛けている。

 またディポジットなどを振り込む前に、実際に物件をみることが重要であるとし、ロックダウンによってインスペクションができない場合は、取引しているエージェントがライセンスを保持しているかなど、オンライン検索することを勧めている。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州とVIC州の新規感染者数が逆転

17/10/2020

チアーズ編集部

VIC州は17日、新型コロナウイルスの新陽性者がわずか1人であることを発表した。死者も報告されていない。...

ニュース

NSW州、市中感染増 ホスピタリティの規制緩和遅らせる

14/10/2020

チアーズ編集部

NSW州は14日、13人の新型コロナウイルス感染者を発表した。 13人中11人が市中感染であることを受け、...

ニュース
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示