オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

パートナビザ申請者は500時間の英語クラスが必須に


15014

 

 オーストラリア人、並びにオーストラリア永住者とのパートナービザを申請する人は、500時間の英語授業を修了することが必須となる。アラン・タッジ移民代理大臣が、火曜日の連邦予算の発表で明らかにした。

 発表によると、永住権の資格を得るためには「機能レベルの英語力を満たしていること」、「英語を学ぶための努力をしていること」が求められ、500時間の英語授業は政府によって無料で提供される。また配偶者がオーストラリア国籍ではなく、永住者である場合、配偶者にも同様の条件が求められる。

 具体的な日程は発表されていないが、適用は2021年の年央から年末にかけてとされる。なおパートナービザは2段階で処理されるが、英語条件は、パートナービザで2年間一時滞在を終え、実際に永住権を申請するさいに満たす必要があるとした。

 オーストラリアには現在、英語が苦手な人や全く話せない人が100万人近く住んでおり、タッジ移民代理大臣は、仕事を見つけて安全に滞在するためには語学力が必要だと述べている。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州とVIC州の新規感染者数が逆転

17/10/2020

チアーズ編集部

VIC州は17日、新型コロナウイルスの新陽性者がわずか1人であることを発表した。死者も報告されていない。...

ニュース

NSW州、市中感染増 ホスピタリティの規制緩和遅らせる

14/10/2020

チアーズ編集部

NSW州は14日、13人の新型コロナウイルス感染者を発表した。 13人中11人が市中感染であることを受け、...

ニュース
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示