オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

豪政府、新たに2種のCovid-19ワクチンを確保


Doctor

 スコット·モリソン首相が5日、オーストラリア政府が新たなCOVID-19ワクチンを2つ確保したことを発表した。新たな契約ではNovavax社が4,000万回分のワクチンを、Pfizer/BioNTech社が1,000万回分のワクチンを、その安全性と有効性が証明された場合に供給することになる。

 スコット·モリソン首相は、「複数のCOVID-19ワクチンを確保することで、試験が成功した場合、オーストラリア人が早期にワクチンを入手できる最高のチャンスを得ることができる」と述べている。

 NovavaxとPfizer/BioNTechワクチンは、2021年初頭から中旬にオーストラリアで使用できるようになる予定で、オーストラリアでの使用は治療製品局、TGAの承認を条件とする。

 またグレッグ・ハント連邦保健大臣によると、オーストラリアが確保しているCOVID-19ワクチンは、タンパク質ワクチンが2種、mRNA型とウイルスベクター型のワクチンがそれぞれ1種ずつ含まれており、安全で効果的なワクチンを早期に入手できる体制が強化されたと述べている。

 オーストラリア政府は現在、州や準州、主要な医療専門家、業界団体との間で、2021年初頭のCOVID-19ワクチン接種プログラムの最初の展開に向けた枠組みについて協議を行っており、ハント保健大臣は「医療従事者や高齢者介護者、高齢者や社会的弱者は、安全で効果的と判断されたワクチンへのアクセスを最初に得ることになる」と述べている。

 オーストラリア政府はすでに3,380万回分のAstraZeneca/Oxford大学ワクチン、5,100万回分のクイーンズランド大学ワクチンを確保しており、いずれも国内製造となる。一方で、今回新たに確保されたワクチンはアメリカ、チェコ共和国、ベルギー、ドイツなどの海外製造となる予定。オーストラリア政府のCOVID-19ワクチンへの投資額は現在32億ドルを超えている。

 どのCOVID-19ワクチンも2度投与を受ける必要があり、また接種は義務化されず、接種を選択した人には無料で提供される。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州 26日ぶりのコロナ陽性者確認

新着 更新 03/12/2020

チアーズ編集部

NSW州のブラッド・ハザード保健相が、3日朝、シドニーの隔離ホテルの従業員がCovid-19...

ニュース

レベル1給水制限解除、新たなガイドラインを導入

新着 更新 01/12/2020

チアーズ編集部

オーストラリアの夏と言えば水の使用制限が恒例だが、NSW州政府は12月1日より、レベル...

ニュース
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示