オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

米大統領選 バイデン氏当選確実、スコット・モリソン豪首相が祝意


Biden

 世界が注目を集めたアメリカの大統領選は、民主党のジョー・バイデン氏の当選が確実となった。現地時間の7日午前、各主要メディアが伝えた。バイデン氏は激戦州といわれたペンシルベニア州を制し、過半数である270人以上の279人を獲得。

 当選が確実となれば、民主党が4年ぶりに政権を奪還することとなる。バイデンは就任する来年1月には78歳を迎えており、アメリカ史上最高齢の大統領となる。また副大統領には、初の女性、そして初のアフリカ系・アジア系としてカマラ・ハリス上位員議員が就任する見通しとなった。

 バイデン氏は同日、自身のツイッターで、「アメリカ、この偉大な国のリーダーとして私を選んでくださり、光栄です。今後は険しい道になりますが、これは約束します。私に投票したかを問わず、私はすべてのアメリカ人の大統領になります。私に託していただいた信頼に応えます」と述べた。

 スコット・モリソン豪首相は8日朝、「オーストラリア政府を代表して、ジョー・バイデン次期大統領が第46代大統領に選出されたことを祝福するとともに、任期中の成功を祈ります。次期大統領は、2016年にオーストラリアを訪問した際も含め、長年にわたりオーストラリアと親交を深めてきました。豪米同盟は、国際法の支配、人権と平等の尊重、信教と信仰の自由、表現の自由、意見の多様性といった民主主義的な価値観を共有した上で、永続的に構築されています。私たちのパートナーシップは100年以上も前にさかのぼり、来年、両国は、安全保障同盟の基礎であるアンザス条約の調印から70周年を迎えます」と、バイデン氏を祝福するとともに、オーストラリアとアメリカが歩んできた関係を強調した。

 さらにモリソン首相は「今、世界は健康と経済の両面からCOVID-19パンデミックの管理、自由で開かれたインド太平洋地域の確保、平和と安定の確保など、多くの課題に直面しています。これらの課題に対応し、国際社会のルール、規範、基準を守るためには、米国のリーダーシップが不可欠です」とバイデン氏へと期待を寄せた。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州 26日ぶりのコロナ陽性者確認

新着 更新 03/12/2020

チアーズ編集部

NSW州のブラッド・ハザード保健相が、3日朝、シドニーの隔離ホテルの従業員がCovid-19...

ニュース

レベル1給水制限解除、新たなガイドラインを導入

新着 更新 01/12/2020

チアーズ編集部

オーストラリアの夏と言えば水の使用制限が恒例だが、NSW州政府は12月1日より、レベル...

ニュース
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示