オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

COVID-19災害給付金 一部の地域で申請開始


Australian dollar banknotes wooden table background

現在ロックダウンの対象となっているNSW州の一部の地域の住人は、最大で500ドルの一回限りの災害給付金を受けることが可能となりました。

Mums food banner

COVID-19災害給付金は、連邦政府が資金提供するプログラムで、ロックダウンが7日間以上継続し、収入に影響を受けた人が対象となります。これは連邦政府により、ホットスポットに指定された地域のみが対象となり、ロックダウンから7日間が経過してから受つけることができます。

連邦政府は、6月23日にベイサイド、シドニーシティ、カナダ・ベイ、インナー・ウエスト、ランドウィック、ウェイバリー、ウーララをホットスポットに指定。また6月26日にはグレーターシドニー、ブルー・マウンテンズ、セントラル・コースト、ウーロンゴンがホットスポットに指定されています。

 

申請するには、myGOVとリンクしたセンターリンクのオンラインアカウントが必要となり、複数の質問で、給付金の受給資格が確認されます。対象者で、1週間20時間以下の勤務時間を失った人には325ドル、1週間20時間以上の勤務時間を失った人には500ドルが、直接銀行口座に振り込まれます。

現在申請を受け付けているのは、ベイサイド、シドニーシティ、カナダ・ベイ、インナー・ウエスト、ランドウィック、ウェイバリー、ウーララの住人で、グレーターシドニー、ブルー・マウンテンズ、セントラル・コースト、ウーロンゴンの住人は7月4日から申請が開始されます。

詳しくはこちらから

https://www.servicesaustralia.gov.au/.../covid-19...

NSW州は7月1日、24人の新規感染者を確認し、ボンダイのクラスターは、6月16日に初めの感染者が確認されて以来、195人に上ることがわかりました。

グラディス·ベレジクリアン州首相は、この24人の半数が、感染力が強い時期に、外出していたことに対して、懸念を示しています。

「このロックダウンを成功させるには、移動を最小限に抑える必要があります」

「症状があるにもかかわらず、出勤したり、買い物へ出かけたりして、周りに移しているケースが非常に多く見られます」

今日発表された24件のケースのうち、感染源が確認されているのは17人に留まっています。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州で新規感染者最多記録 地方部もロックダウン 

新着 更新 05/08/2021

チアーズ編集部

NSW州では5日、パンデミックが始まって以来最多となる262人の新規感染者を発表しました。...

ニュース

NSW州新規感染者233人 20代の男性死亡

新着 更新 04/08/2021

チアーズ編集部

NSW州では4日、新たに233人の感染者を発表しました。103人の感染源は特定さている一方で、...

ニュース
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示