オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

NSW州1日の感染者数3日連続800超 12~15歳へのワクチン接種計画近日明らかに


238

NSW州では23日、818人の新規感染者を発表し、3日連続で800人超を記録しました。また新たに3人の死亡が確認されています。

Mums food banner

NSW州ではこれまでに590万回のワクチン接種が行われており、今月末の目標にあげてきた600万人に、1週間早く到達できると述べました。

グラディス・ベレジクリアン州首相は、今週中に今後の方針を明らかにするとし、「ワクチン接種を完了している人は9月、10月に何ができるか、また学校が再開される時期についても明確なガイダンスを提供する」とし、今後ワクチン摂取者に対しては何らかの免除があることを示唆しました。

NSW州で現在懸念されている地域は引き続きシドニー南西部のメリーランズやギルフォード、オーバン、グレイステインズ、グリーンエイカー、バンクスタウンとなっており、またNSW州地方部ダボーでも感染増加が注意深く監視されています。

またVIC州では71人、ACTでは16人の市中感染者が確認されています。

一方でスコット・モリソン首相は、ワクチン摂取資格を持つ国民の70-80%がワクチンを受けた時点で、「前進しなければならない」とし、ナショナル・キャビネットでは「ウイルスと共存するために道筋を策定し、合意した」と明かしました。
モリソン首相は「それまでに、私たちの仕事は次の段階への準備を確実にすることである」とし、「現在行っている記録的なペースでワクチン接種を続け、今後発生するであろう患者数の増加に備えて、公衆衛生システムの準備を整えなければならない」と説明しました。

また12歳から15歳の子どもたちへのワクチン接種計画について、近日発表があることも示唆し、潜在的には学校でオンサイトで行われる可能性があると述べました。

オーストラリア薬品・医薬品行政局(TGA)は、12歳以上のすべての人を対象にファイザーワクチンの使用を承認していますが、現時点では基礎疾患を持つアボリジニ及びトレス海峡諸島民、そして今週からは国民障害者保険制度(NDIS)に加入している12歳~15歳が接種可能となています。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州 「フレンズ・バブル」導入

新着 更新 20/09/2021

チアーズ編集部

NSW州政府の危機管理内閣が昨夜、「フレンズ・バブル」に署名したことにより、18歳以下の若者は、...

ニュース

NSW州 新規感染者1000人切る  来週から公共プール再開

新着 更新 20/09/2021

チアーズ編集部

NSW州では20日、935人の新規感染者を確認し、24日ぶりに1000人を下回りました。...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する