オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

NSW州、ワクチン接種完了者35% 新規感染者1218人


Doctor vaccinating patient clinic

NSW州は29日、1218人の新規感染者を確認し、前日の記録を更新。6人の新たな死亡も確認されました。亡くなった6人のうち、4人はワクチン未摂取者で、2人は1回目の接種を終えていました。

Mums food banner

NSW州では28日、過去最多となる83万4000人がワクチンを接種し、同州の人口の65%が1回目の接種を終え、また35%が2度のワクチン接種を完了しています。グラディス・ベラジクリアン州首相は、州が目標に挙げている70%まで「半分まできた」と述べ、「10月頃には到達できるだろう」としました。

州首相は「感染者数が下がることを望む」とする一方で、「それはもはや重要な数字ではない」とし、「最も重要なのはどれだけの人がワクチンを接種し、どれだけの人が集中治療室に入らずに済んでいるかである」と説明。

現在NSW州では813人が入院しており、そのうちの126人が集中治療室で治療を受けており、54人が人口呼吸器を必要としています。NSW州保健省によると集中治療室にいる126人のうち113人は、ワクチン未摂取者で、12人はワクチンを1回のみ接種しています。

NSW州保健省のジェレミー・マカナルティ博士は、「ワクチンを完全接種していれば、重症化、入院、死亡を防ぐことができる」とし、100%ではないものの、「90%は防ぐことができる」と述べています。ワクチン接種後に感染する「ブレークスルー感染」は稀なことではあるが、起きるとし、それは1回だけのワクチンを受けている人に多く見られると説明しています。

12歳から15歳の子どもたちは、9月13日からファイザーワクチンの予約が可能となります。予約はGPや連邦政府が運営するワクチンクリニックから可能となり、具体的な内容は今後各州から発表される予定です。また12歳から17歳を対象にしたモデルナワクチンの優先接種も検討されており、近日決断される見込みです。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州 「フレンズ・バブル」導入

新着 更新 20/09/2021

チアーズ編集部

NSW州政府の危機管理内閣が昨夜、「フレンズ・バブル」に署名したことにより、18歳以下の若者は、...

ニュース

NSW州 新規感染者1000人切る  来週から公共プール再開

新着 更新 20/09/2021

チアーズ編集部

NSW州では20日、935人の新規感染者を確認し、24日ぶりに1000人を下回りました。...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する