オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

NSW州ワクチン1回接種率80%達成  夜間外出禁止令撤廃


80

NSW州は15日、ワクチンの1回目の摂取を受けた人が80%に達したことを受け、懸念されるLGAに指定されていたシドニー西部並びに南西部の地域に対する夜間外出禁止令を直ちに撤廃することを発表しました。

グラディス・ベレジクリアン州首相は、同地域での1回目のワクチン接種率の高さ、地域でのコンプライアンスの向上、メンタルヘルスの理由から、夜間外出禁止令の廃止が決定されたと述べています。

その一方でこれらの地域に住む人々には、油断せず、引き続き警戒するよう呼びかけました。

また、ワクチンの2回接種率が70%を達成した時点で発表される規制緩和は、ワクチン完了者のみを対象にしたものだと繰り返し述べ、「これは白黒のように明確です。ワクチンを受けないのであれば、レストランにもカフェにもいけません」と強調しました。

政府は現在、ワクチン接種状況を確認しないビジネスに対する罰金を含め、その対策についてビジネスコミュニティと検討しているとし、数週間後に明らかにすると述べています。

バイロンベイなど、ワクチン接種率が低い地域ついては、NSW州の再開計画から外される可能性もあると示唆しました。

NSW州では15日、1259人の新規感染者と、1日と死者数としては最多の12人の死亡を確認しました。
 

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

アルバニージー豪新首相、Quad参加のため訪日

新着 更新 23/05/2022

チアーズ編集部

オーストラリア総選挙で勝利した野党・労働党のアンソニー・アルバニージー党首が、5月23日月曜日、...

ニュース

豪総選挙で野党・労働党が勝利、9年ぶり政権交代の可能性

更新 23/05/2022

チアーズ編集部

5月21日土曜日、オーストラリア議会の総選挙が投開票され、アンソニー・アルバニージー氏率いる野党・労働党が下院(...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する