オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

NSW州第3段階目の規制緩和を3週間前倒し 


Dsc 4121

NSW政府が、規制緩和ロードマップの変更を発表しました。

12月1日に予定されていた第3段階目となる規制緩和は、11月8日に、約3週間前倒しされることがわかりました。一方でワクチン未摂取者の規制緩和は予定されていた12月1日から約2週間延期され、12月15日、もしくはワクチン2回接種率が95%を達成してから実施されます。

NSW州では16歳以上の93.6%が1回目の接種を、87.8%が2回目の接種を終えています。

 

11月8日から実施される規制緩和は以下となります

 

◆ 自宅への来客数の制限なし

◆ インドアプール再開

◆ ホスピタリティや美容院、ジムなどに適用されていた1人4平方メートルのルールは、1人2平方メートルに緩和 

  (ジムやダンスのクラスは20人の上限あり)

◆ ナイトクラブを含め、屋内外での歌やダンスの規制は撤廃

◆ 1000人以下の屋外の集まりには規制なし

 

一方、マスク着用義務は、州のワクチン接種率が95%に達するまで、継続されます。

NSW州では2日、173人の新規感染者と4人の死者が確認されました。ドミニク・ペロテイ州首相は、対象となる人はワクチンのブースターを打つよう呼びかけています。NSW州では1日から、ファイザーワクチンのブースターショット接種が可能となりました。1回目、2回目のワクチンがアストラゼネカの人もファイザーのブースターを受けることができます。

 

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

豪総選挙で野党・労働党が勝利、9年ぶり政権交代の可能性

新着 更新 21/05/2022

チアーズ編集部

5月21日土曜日、オーストラリア議会の総選挙が投開票され、アンソニー・アルバニージー氏率いる野党・労働党が下院(...

ニュース

国内初のサル痘感染、メルボルンとシドニーで相次いで確認

新着 更新 20/05/2022

チアーズ編集部

メルボルンで国内初となるサル痘の感染が確認されました。シドニーでも「可能性が高い」サル痘の感染が報告されており、...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する