オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

NSW州で豪雨 鉄砲水に警戒呼びかけ


Ses

大雨が続くNSW州では、ノース・コーストの中部やハンター地区の北部など、一部の地域で最大120mmの雨が降ることが予想されており、気象庁は鉄砲水が発生する可能性があるとして、住民に注意報を発令しています。またグレーターシドニーでは21日だけでも50mmの雨が予想されており、SESは悪天候に向けて準備をするよう呼びかけています。

気象庁によるとNSW州では今月、雨天が続いていることから洪水の危険性もあるとして、警告を発信。オレンジとモロンのベルブラ川とベル川では中規模の洪水が予想されているほか、マッキンタイア川の上部、グワイディール川、ピール川、カッスルリア川、マッコーリー川の一部では小規模な洪水が予想されています。また木曜日に洪水のピークを迎えたニューサウスウェールズ州中央西部のラクラン川でも、引き続き警戒が必要です。


洪水や暴風雨などの緊急事態により支援が必要な場合は、NSW SESにご連絡(132 500)ください。

Photo: SES Facebook

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

豪総選挙で野党・労働党が勝利、9年ぶり政権交代の可能性

新着 更新 21/05/2022

チアーズ編集部

5月21日土曜日、オーストラリア議会の総選挙が投開票され、アンソニー・アルバニージー氏率いる野党・労働党が下院(...

ニュース

国内初のサル痘感染、メルボルンとシドニーで相次いで確認

新着 更新 20/05/2022

チアーズ編集部

メルボルンで国内初となるサル痘の感染が確認されました。シドニーでも「可能性が高い」サル痘の感染が報告されており、...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する