オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

NSW州で豪雨 鉄砲水に警戒呼びかけ


Ses

大雨が続くNSW州では、ノース・コーストの中部やハンター地区の北部など、一部の地域で最大120mmの雨が降ることが予想されており、気象庁は鉄砲水が発生する可能性があるとして、住民に注意報を発令しています。またグレーターシドニーでは21日だけでも50mmの雨が予想されており、SESは悪天候に向けて準備をするよう呼びかけています。

Mums food banner

気象庁によるとNSW州では今月、雨天が続いていることから洪水の危険性もあるとして、警告を発信。オレンジとモロンのベルブラ川とベル川では中規模の洪水が予想されているほか、マッキンタイア川の上部、グワイディール川、ピール川、カッスルリア川、マッコーリー川の一部では小規模な洪水が予想されています。また木曜日に洪水のピークを迎えたニューサウスウェールズ州中央西部のラクラン川でも、引き続き警戒が必要です。


洪水や暴風雨などの緊急事態により支援が必要な場合は、NSW SESにご連絡(132 500)ください。

Photo: SES Facebook

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

NSW州 電車・バス運転手、教員ストライキ

新着 更新 06/12/2021

チアーズ編集部

NSW州では今週、複数のストライキが実施されます。 シドニーのインナーウェストでは6日朝から数百名のバス運転手が、...

ニュース

日本国に対する12月1日からの国境再開延期

29/11/2021

チアーズ編集部

オミクロン株のオーストラリア上陸を受けて、明日12月1日に予定されていた、...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する