オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

豪、日本国民の受け入れを12月1日から開始


Aerial view sydney

スコット・モリソン首相が22日会見を行い、12月1日から日本国民、並びに韓国国民の受け入れを開始すると発表しました。これにより、オーストラリアが承認したワクチンの2回接種を完了している日本人と韓国人は、渡航免除や隔離なしに入国することが可能となります。

なおこの取り決めは、国境を再開している州に限られるので注意が必要です。11月22日、隔離なしの渡航を許可しているのは、NSW州、VIC州、ACTとなっています。

日本からオーストラリアへ入国する人の条件は以下となります:

- 自国(日本または韓国)から出発すること

- TGAが承認または認定したワクチンを1回分以上接種していること

- 有効なオーストラリアのビザを持っていること

- ワクチンの接種状況を証明する書類を提出すること

- 出発日から3日以内に実施したCOVID-19 PCRテストが陰性であること。


また政府は同日、スキルド労働者や学生ビザ、ワーホリ、プロビジョナル・ファミリービザ保持者など、特定なビザ保持者に対しても12月1日から、国境を再開すると発表しました。対象となるビザのサブクラスについてはこちらからご確認ください


以下が条件です:

- TGAが承認または認定したワクチンを1回分以上接種していること

- 有効なオーストラリアのビザを持っていること

- ワクチンの接種状況を証明する書類を提出すること

- 出発日から3日以内に実施したCOVID-19 PCRテストが陰性であること

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

豪総選挙で野党・労働党が勝利、9年ぶり政権交代の可能性

新着 更新 21/05/2022

チアーズ編集部

5月21日土曜日、オーストラリア議会の総選挙が投開票され、アンソニー・アルバニージー氏率いる野党・労働党が下院(...

ニュース

国内初のサル痘感染、メルボルンとシドニーで相次いで確認

新着 更新 20/05/2022

チアーズ編集部

メルボルンで国内初となるサル痘の感染が確認されました。シドニーでも「可能性が高い」サル痘の感染が報告されており、...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する