オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

日本国に対する12月1日からの国境再開延期


Img 0282

オミクロン株のオーストラリア上陸を受けて、明日12月1日に予定されていた、ワクチン接種を完了した日本から豪州に渡航する日本人に対する緩和措置(NSW州、VIC州及びACTに到着後の自宅隔離を不要とする)の開始日を、12月15日まで延期することを連邦政府が発表しました。留学生やワーホリなどのビザ保持者や韓国国籍者も同様の措置により、国境再開が12月15日まで延期されています。

今回の一時停止は、政府がワクチンの有効性や症状の範囲、感染の程度など、オミクロン株をより深く理解するために必要な情報を収集するためであると、モリソン首相は声明で述べています。

なお、オーストラリアの国境は、完全にワクチンを接種したオーストラリア国民、永住権保持者および近親者、ならびに完全にワクチンを接種したニュージーランドおよびシンガポールからのグリーンレーンでの渡航者および限定的な免除者に対しては引き続き再開されています。

また日本政府も11月29日、11月30日・日本時間午前12時から、すべての外国人の日本への新規入国(査証発給済の人を含む)を停止すると発表、さらに、豪州を「オミクロン株に対する指定国」に指定すると発表しました。これにより、12月1日午前12時以降、豪州から日本に入国する人(日本人及び再入国許可を所持する外国人)は、検疫所が指定するする宿泊施設で3日間待機をしたうえで、入国後3日目に検査を行い、陰性と判定された人については、14日間のうちの残りの隔離期間を自宅等で待機することが発表されました。なお、14日間から10日間への待機期間短縮措置は停止されています。

User comments

コメントを書く

お名前
10文字以下
パスワード
8文字以下
タイトル
30文字以下
コメント ・コメントは全角で500文字まで。
・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。


関連記事

豪国内空港地上勤務スタッフによるストライキの可能性

26/07/2022

チアーズ編集部

オーストラリア国内空港の地上勤務スタッフがストライキを決行する可能性が浮上し、空港で相次ぐ搭乗時間の変更・...

ニュース

Splendour In The Grass(スプレンダー・イン・ザ・グラス)初日が悪天候でキャンセル

22/07/2022

チアーズ編集部

オーストラリア・バイロンベイで毎年開催される野外フェスSplendour In The Grass(スプレンダー・...

ニュース
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する