オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
生活・ショップ情報

オーストラリア


アボリジニの歴史&文化

20/11/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

人口・言語

オーストラリアが西洋人によって発見された当時は30万人であったアボリジニの人口は、イギリスによる侵略により90%も減少。免疫のない病気による死、スポーツハンティングの延長としての殺害、そして開拓地に入りこんだアボリジニの殺害を許す法律などもあり、1876年には純血のタスマニアン・アボリジニが絶滅してしまいました。その後の保護政策で人口は51万7000人(2006年の国勢調査)まで回復したものの、都市アボリジニのはげしい文化的崩壊と混血化により、伝統的なアボリジニ語を話せる人々は辺境に住む約5万人にすぎないとされるようになりました。200~250あったとされるアボリジニの言語も今や50にまで減少し、話せる人も限られているため、消失寸前とも言われています。

よく聞くStolen Generation(失われた世代)って?

1869年から1969年までの間、豪州政府とキリスト教会は、原住民族であるアボリジニとトレス諸島の子供たちを親から強制的に引き離して豪州政府の諸施設に入居させていました。「白人社会で育てることにより白人社会に適応した人種に育てる」、「純血なアボリジニの維持」、「児童保護」など、様々な理由が今もなお挙げられていますが、結果的には彼らからアボリジニとしてのアイデンティティを喪失させることとなったのです。2008年2月13日にはラッド首相が「歴代の議会・政府の法や政策によって、われわれの仲間であるアボリジニに多大な悲しみ、苦しみ、損害を負わせたことを謝罪する」と述べ、その様子は主要テレビ局によって全国に生放送されました。

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する