オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
生活・ショップ情報

ネイティブの大予感


第35回 マーク 日本で生活開始

01/11/2011

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPEAK LIKE A NATIVE!

Mark:Mark: I’ve been looking forward to this catch up Kaori.
カオリに会ってお話するの、楽しみにしてたよ。

Kaori:Yeah, me too. How was your week?
私もよ。で、ここ1週間はどう?

Mark:Well I think I’m finally getting used to living in Japan. I must say though, it feels so good to be speaking English with you!
やっと日本での生活に慣れてきたかな…。でもこうやって カオリと英語で話せて、なんだかほっとするよ。

Kaori:So you know how I felt when I was in Australia?
これで私がオーストリアにいた頃の気持ちが分かるわね。

Mark:You bet!
まさに。

Kaori:So, how is teaching English going?
ところで英語教師はどう?

Mark:Not bad, though I get commented about my aussie accent…
悪くないよ。ただ、よくオーストラリアンアクセントについてコメントされるけどね…

Kaori:Hahaha. That can’t be helped, cos American English is more wide spread here…
ははは、それはしょうがないよ。アメリカ英語の方がここでは主流だからね…

Mark:And how about yourself? How are things for you?
で、君はどうなの? 調子はどう?

Kaori:Not bad, though my father’s condition is not so good…  
まあまあよ、でも父があまりよくなくてね…

Mark:Oh I’m sorry to hear that….
それはお気の毒に…

 

※‘I’m sorry to hear that’ -「お気の毒に」「大変ね…」など、他人の不幸を聞いたときに使うフレーズ。お悔やみの言葉としても使えます。

Kaori: I think we have finally come to accept his illness.
皆、やっと父の病気を受け入れられるようになったわ。

Mark:Is he that bad?
そんなに悪いの?

Kaori:How should I put it… he will have to live with cancer, if you know what I mean?
なんて言ったらいいかな…父はガンと共存しないといけないの、分かる?

Mark: Of course I do! Just was hoping to meet up with him.
もちろん! ただお父さんに会ってみたいな~っと思って。

Kaori:My father? Why? What for?
父に? なぜ? なんのために?

Mark:Why do you get so uptight, every time I mention about wanting to meet up with your father?
僕がお父さんと会いたいというと、なんで君はいつもそんなにピリピリするんだい?

 

※ ‘Uptight’- 「ピリピリした」、「緊張した」、「神経質な」。
例:‘ Everything is Ok…Don’t get uptight’ そんなに緊張しなくても大丈夫だよ

Kaori: He’ll probably get the wrong idea…
きっと誤解するからよ・・・

Mark: What wrong idea?
え、何が?

Kaori:He’ll probably think that you’re my fiance or something…
あなたが私のフィアンセだと勘違いしてしまうからよ…

Mark: hat’s wrong with that?
それの何が悪いんだよ?

Kaori: Mark… You know how I feel…I want to stay friends, yet you always turn a blind eye…
マーク…私の気持ち知ってるでしょ? 私は友達でいたいのよ。でもあなたはいつも無視…

 

※ “Turn a blind eye” - 「無視する」、「見て見ぬふりをする」、「目をつぶる」。
例:‘Turn a blind eye to bullying’  いじめを見て見ぬふりをする。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ズルズルした関係を避けるために、「友情以上の感情はない」とマークさんにはっきり言ったカオリさん。しかしそんな中、カオリさんに不幸が…。ふたりは友達としての関係を続けることができるのでしょうか?

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

「友達でいたい」という気持ちが伝わらず、マークさんとの関係がずるずる続いてしまっているカオリさん。気付けばマークさん来日から3ヵ月…。これからどうするのでしょうか?

この記事を詳しく見る

マークさんの日本での生活がスタートしました。ふたりの曖昧な関係の行方は…? カオリさん、自分の気持ちを上手に伝えられるでしょうか?

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ネイティブの大予感

CATEGORY

生活・ショップ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase