オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
生活・ショップ情報

オーガニック


シドニーのオーガニック店

20/11/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

シティの真ん中にこじんまりと佇む、知る人ぞ知るカフェ『Pulse Foods & Health』は、平日ランチ時には行列ができるほどのクチコミ人気。オーガニックをメインの食材とした朝食メニューやサラダも充実しているが、やはりこの店の名物はなんといってもハンバーガー。数種類あるオーガニックパン、肉や野菜、トッピングを自分の好みでチョイスし、オリジナルヘルシーバーガーを作ってもらうことが可能で、そのあまりの味わい深さに1度食べたら最後、ファーストフードのハンバーガーは食べられなくなる人も続出。有機栽培、グルテンフリー、低脂肪と、身体に優しい高品質の食材を使っているにも関わらずどのメニューも安価なのが嬉しい。

1: Spicy Beef ($9): ずっしりと重厚感のあるパン、有機栽培ならではの引き締まったビーフに舌鼓。

2: Moroccan Salmon Salad ($10)、 Mr. Berry ($5.95): これひとつでランチになってしまうボリュームたっぷりサラダと、デトックス効果のあるベリージュース。

Shop2, 332 Kent St,  TEL:9290 2137 www.pulseorganic.com.au
月~金 7am~4pm、土 8am~3pm

オーガニックカルチャー先進国であるオーストラリアを代表する、NSW州に5店舗、VIC州に4店舗を展開する大型オーガニック専門店。店内には有機栽培された野菜や肉類、お米、パンなどの食品のほか、コスメ、健康用品、生活用品など数万種類のオーガニック製品がずらりと並び、ヘルシーライフを総合的にサポート。さらに併設されたカフェでは、好みの栄養成分やエッセンスを追加できる種類豊富なフルーツジュースを始め、ハーブティーやオーガニックコーヒー、有機野菜たっぷりのサンドイッチやサラダなどマクロが誇るオリジナルメニューの数々を満喫できる。オーストラリア滞在中に一度は訪れたいショップ。

1: Bod / Cleansing Milk ($24) A Certified Organic Moroccan Rose Face Oil ($36): ボンダイ発祥、東洋の医学と近代セラピーを融合したお肌に優しい天然コスメ。

2: (左)Potato Chips Tangy Tomato ($2.99) (中)Organic Red Hatcho Miso ($7.99) (右)White Tea Organic ($3.99): スナック菓子、八丁味噌、ティーバッグとマクロオリジナル食品も幅広い。

13-19 Willoughby Rd., Crows Nest  TEL:9004 1240 www.macrowholefoods.com.au
Store:月~土 7am~8pm、日8am~8pm  Cafe:月~土 7am~5pm、日8am~4pm

メルボルン発祥の人気ブランド『Gorman』では、"利益だけを追求するのではなく、地球に優しい配慮をすることで商品を購入したお客様に恩返しをしたい"というコンセプトの下、07年にオーガニックコレクションをスタート。今では商品の大部分がオーガニック素材を使ったものになるまでに幅を広げている。コレクションは100%オーガニックのコットン、バンブー、メリノ毛糸を使用し、モダンかつシンプル、着まわしが効いて長く愛用できるようデザインされたものばかり。ナチュラルな風合いで肌にも安心、自然体で着こなすことができそう。

1: Zuri Tunic Dress (左$249)、 Cable Knit Jumper (右$199)、 Navigator Pants (下$249): 手持ちの服と合わせやすいように作られたオーガニック最新コレクション。

2: L/S Merino Tee (左$129)、 Zuri Blouse ($229)、 Lexi Tank (下$69): エコポリシーを持つ業者とのみ取引したこだわりの素材を扱う。※トルソーに着せた服はイメージです。

30 Oxford St., Paddington TEL:9331 7088 www.gorman.ws
月~水、金~土 10am~6pm、木10am~8pm、日11am~5pm

8年前よりサリーヒルズで店を構えるシドニー初のACO認定カフェ『Organic Produce』のオーナーは、今や『Macro Wholefoods』を始め、シドニー中の大手オーガニックショップに食材を供給するサプライヤー。厳しいACOの基準をクリアした食材のみを使用した究極のオーガニックメニューには、オムレツや各種サラダ、キッシュなどの軽食から、スープやパスタ、ナシゴレン、タイカレーとマルチカルチャルな日替わりスペシャルまで幅広いチョイスを持ち、どれも保障付きの味。“本物のオーガニック”を求める人を100%満足させてくれる由緒正しきオーガニックカフェだ。

1: Moroccan Spiced Lamb & Vegetable Soup ($12.50): じっくり煮込んだラムと温野菜のスープは、身体の芯から元気にしてくれる。

2: Tofu & Brown Rice Ball ($3.90)、 Mung Bean, Carrot & Coriander Fritter ($3.90)、 Cous Cous Salad ($7.20)、 Organic Roasted Vegetable Salad ($7.20): 豆腐や玄米で作られたヘルシーな焼きおにぎりなど、和メニューもたくさん。

487 Crown St., Surry Hills TEL:9319 4009 www.organicproduce.com.au
月~土 7.30am~4.30pm

かわいらしい木のテーブルと籐で編んだ椅子が印象的な、“アットホーム”がコンセプトのオーガニックカフェ。店内では、ガラスのショーケースに納められたサンドイッチやキッシュ、サラダなどの豊富なオーガニックフードを注文でき、反対側の棚に並ぶ野菜や果物、ジャム、ティーバッグ、調味料などのオーガニック製品を購入することも可能。さらに古本の販売、そして本棚の向こうにはピアノが置かれた半個室席を設けるなど、オーナーのユニークなセンスが光る。野菜や果物をその場でジューサーにかけて作ってくれる『Juice Doctor Specials』は体調に合わせて選べるので人気。

1: Batmeal Biscuits with White Chocolate Ganache Filling ($3): しっとりしたオートミールのビスケットは、これだけを買いに来店する客もいるほど評判。

2: Organic Vegetable Lasagne with Salad ($14.50) Supersonic ($7.50): 有機野菜がたっぷりつまったクリーミーなラザニア、そして夏バテした身体もシャッキリの生ジュース。

253 Crown St., Darlinghurst TEL:9357 6690  
月~金7am~10pm、土 8am~10pm

混じりっけなしの純粋なオーガニック成分から作られた贅沢な天然コスメ『Purestuf Natural Skin Care』。40年以上に渡って美容業界に関わり、スキンケアを追求続けてきた製品開発者のクリッシーは、有名ブランドのコスメなどにも含まれる有害な化学成分を毎日使い続けることを危険視。肌に直接つけるものは食べ物と同じぐらい重要だと主張する彼女が自信を持っておすすめするのが、天然の防腐剤としてグレープフルーツの種を配合した100%オーガニックスキンケア。製品はネット販売のみだが、根強いファンを増やし続けている。

1: Goddess / Mermaid Cleanser ($50): しっかりメイクを落としつつも肌の潤いを保つクレンザー。

2: Goddess / Day Cream ($70): たっぷりの栄養分と抗酸化成分が外気から肌を守り、潤い成分によって肌の内側から元気に。

Suite 33, 342 Military Rd., Cremorne TEL:9909 3222  www.purestuf.com.au (※商品はネット販売のみ)

マンリー中心地に建つ、ボランティアのスタッフで成り立っている非営利団体のオーガニックショップ。ユニークなこのお店のスタイルとして、店内に入ったらまず手を洗うのがルール。商品は量り売りがメインで、環境に配慮した結果パッケージは一切なし。年会費がたった17ドルの会員になれば野菜や果物以外の商品が10%オフ、さらに1時間につき1ポイントがもらえるボランティアで働いて3ポイント溜めるとすべての商品がなんと40%オフに。採れたての新鮮野菜・果物や、香り豊かなオーガニック石鹸が評判で、そば、麦味噌、梅干などの日本食材も見逃せない。

1: 蕎麦 ($31.50/kg) 梅干 ($61.20/kg): 本格的な仕上がりなので、日本人でも十分に楽しめる。

21B Whistler St., Manly TEL:9977 0177 www.manlyfoodcoop.org 火~日 10am~3pm

ファーマーたちが自作の有機栽培食品を持ち寄って露店を開くマーケットは、真のオーガニック通たちがこぞってお買い物に出かける場所。売り手に直接オーガニック認定を受けたものかどうか確認できること、なおかつ農家から直接運ばれる食品のフレッシュさが人気の理由のよう。オーガニックマーケットはシドニー近郊でいくつか開催されており、食品のほかにもコスメ、サプリメント、コットン製品、ペットフードなど商品の種類は豊富だ。

オーガニックマーケット開催地
ボンダイ・ジャンクション 木・金 9am~5pm
土 9am~4pm
日 10am~4pm
Oxford Street Mall, Oxford Street, Bondi Junction
チャッツウッド 土 8am~1pm Chatswood Public School, Cnr Pacific Highway and Centennial Avenue, Chatswood
フレンチズ・フォレスト 日 8am~1pm The Parkway Hotel, 5 Frenchs Forest Road East, Frenchs Forest
ホーンズビー 木 8am~4pm Hornsby Mall (by the Fountain), Hornsby
キングス・クロス 土 8am~2pm Fitzroy Gardens, Macleay Street, Elizabeth Bay
ライカート 土 8am~1pm Orange Grove Public School, Cnr Perry Street and Balmain Road, Lilyfield
マリックビレ 日 8:30am~3pm Addison Road Community Centre, 142 Addison Road, Marrickville
セント・アイビス 土 8am~2pm St Ives Showground, Mona Vale Road, St Ives

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示