オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
生活・ショップ情報

トラブルシューティング英会話


第21回目は覚えておきたいスラング編 Part 1

07/04/2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPEAK LIKE A NATIVE!

第21回目は覚えておきたいスラング編 Part 1

会話においては文語よりもくだけた表現が使われます。そこでよくわからないまま対応していては、うまくコミュニケーションが取れません。今回は日常会話に頻繁に登場するスラングをご紹介!

シナリオ1
道端でオージーの友達にばったり会い、話しかけられたのですが…。

Hey! What’s up?
Long time no see!

(やあ! 何してるの? 久しぶりだね!)

Good thank you.
How about you?

(元気だよ! あなたは?)
↑ これはNG!

*"What's up?" は「 何しているの?」「最近どう?」というような意味。"How are you?" と同義だと思われがちですが、実はそうではなく、"very good (元気だよ)"という返答では会話が成り立ちません。返事をする時は"not much(特になにも)" 、あるいはそのときしていることを伝えましょう。
*"What are you up to?"(何してるの?)も同じようなニュアンスで使用可能です。
*long time no see = 久しぶり

シナリオ2
友人が突然、興奮した様子で電話をかけてきました。何かニュースがあるようです。

Hey you know what? Kelly and Tom are getting married!
(ちょっと知ってる!? ケリーとトムが結婚するのよ!)

Oh you’ve got to be kidding! They’ve only been going out for two months!
(ちょっと冗談でしょ? 付き合ってたった2ヶ月じゃない。)

No, I’m serious! I don’t want to make too much of a fuss though. It’s not official yet.
(本当よ! あまり、おおごとにはしたくないけどね。まだ公式ではないから。)

Far out…well I guess they really clicked…
(すっごい…。まあ、もの凄く気が合ったんでしょうね。)

*you know what! = 何か知らせがある時に強調するための言い回し
*you've got to be kidding! = 冗談でしょ!(他にもyou're kidding, you must be kidding 等の言い方もある)
*make a fuss ~ = ~のことで(必要以上に)騒ぐ
*far out = wowと似たニュアンス
*click =とても気が合った二人に使う表現

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

日常会話はマスターできていても、トラブルに見舞われたさいにとっさに出てくるのは日本語…。どう説明・対処していいか分からなく、"Me speak No English…"といきなりできない子になってしまったり、まぁいいやと諦めてしまっている方。言葉の違い、文化の違い、常識の違いを乗り越えて、オージーのように強気で行こうじゃないですか! こんなトラブルに遭ったとき、どうすればいいの?

この記事を詳しく見る

言いたいことはたくさんあるのにもどかしい…。単語は知っていても、スムーズに会話するのって難しいですよね。今回はそんなとき役立つフレーズをご紹介!

この記事を詳しく見る

言いたいことはたくさんあるのにもどかしい…。単語は知っていても、スムーズに会話するのって難しいですよね。今回はそんなとき役立つフレーズをご紹介!

この記事を詳しく見る

言いたいことはたくさんあるのにもどかしい…。単語は知っていても、スムーズに会話するのって難しいですよね。今回はそんなとき役立つフレーズをご紹介!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

トラブルシューティング英会話

CATEGORY

生活・ショップ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase